ホーム 準備 -prepare- おしゃれな結婚式を叶える!...

おしゃれな結婚式を叶える!結婚式場選びのポイントとは

21
0
シェア

一生の晴れ舞台である結婚式。自分たちらしいおしゃれな結婚式を挙げたいと考えるご新郎ご新婦は多いでしょう。そのためには、自分たちのコンセプトに合った結婚式場選びが重要です。ここでは、結婚式場を選ぶ際の大切なポイントやおすすめのテイスト、その他、結婚式においてもっとも大切なゲストへのおもてなしについて解説します。

 

コンセプトに合った結婚式場を選ぼう


一口に結婚式と言っても、結婚式には教会式や神前式、仏前式などさまざまな種類があります。さらに、会場もホテルやレストラン、ゲストハウスなど多くの種類があり、迷ってしまいますよね。
そのため、式場選びは自分の挙げたい結婚式のイメージに合った会場を選ぶことが大切です。会場を決めてから、「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、まず、自分たちの結婚式のコンセプトをはっきりさせることが必要でしょう。
たとえば、ナチュラルウェディングを希望する場合、ナチュラルな雰囲気を出せるシンプルな内装であることが重要です。
どんなにナチュラルテイストのアイテムにこだわっても、壁の色や床の色は変えられないため、会場の雰囲気がチグハグになる可能性があります。同時に、アットホームでカジュアルな式にするために貸切型の会場を選ぶと良いでしょう。
また、ガーデンウェディングを希望する場合は、まず、ガーデンウェディングができるかどうかはもちろん、会場のロケーションなども考慮しなければなりません。花々に囲まれていたり、木々が茂っていたりと自分のお好みの会場を選びましょう。
さらに、ガーデンウェディングならではの演出といえば、バルーンリリースやフラワーシャワー、バブルシャワーなどが人気です。自分たちのやりたい演出が可能かどうかの確認も必要になります。
結婚式場によって会場の雰囲気や可能な演出などは違ってきます。見学の際の会場の雰囲気が気に入って、何となく式場を決めたがために、後になって「あの演出がやりたかったのに」「こんな雰囲気は好みじゃなかった」など、不満が出てくることもあるかもしれません。
そのため、結婚式場を決める前に、まずは自分たちの結婚式のコンセプトや、やりたい演出などをしっかりとイメージすることが大切です。それを踏まえて、結婚式場を選びましょう。コンセプトが決まると、式場選びもスムーズに進むはずです。

 

持込についても確認をしておこう


おしゃれな結婚式は、結婚式場の雰囲気だけでできるわけではありません。会場のコーディネートに必要なさまざまなアイテムも重要な役割を担っています。会場の雰囲気に合わせたウェルカムボードやペーパーアイテム、ブーケなどが必要です。
特に、ペーパーアイテムは、ゲストが座るテーブルに置くものなので、たくさんの人が手に取り、多くの人の目に触れます。ゲストの印象に強く残るアイテムの1つとなるため、式場の雰囲気や結婚式のコンセプトに合ったものを選びましょう。
一方で、自分のイメージ通りのアイテムを見つけるのは意外と難しいものです。そのため、結婚式のイメージに合った手作りアイテムも人気があります。手作りなら自分好みの色を使ったり、自分の好きなテイストのものが作れたりするからです。
さらに、手作りしたことによって思い入れがより一層強くなるため、式が終わったあとでも思い出に残るアイテムとなります。
ウェルカムボードやリングピロー、ペーパーアイテムなどを手作りする人のためのキットなども多数出ているので、気になる人はチェックしてみてはどうでしょうか。
なお、せっかく手作りしたアイテムも式場の規約によっては持ち込み不可となる可能性もあります。
そのため、アイテムを持ち込みたい場合は、式場に確認することが必要です。
また、持ち込みが可能である場合でも、持ち込み料金が発生することもあります。重ねて、式場に確認することをおすすめします。

 

おしゃれな結婚式を実現するポイント


おしゃれな結婚式を実現するためには、2つのポイントがあります。
1つ目は、「アイテムの色とテイストを統一すること」、2つ目は、「会場の雰囲気に合わせたコーディネートをすること」です。
たとえば、ナチュラルウェディングには「グリーン」を合わせることをおすすめします。グリーンを主役にして、水色や薄紫など控えめな小花とグリーンをあしらう装飾が人気です。
各テーブルのペーパーアイテムもグリーンで統一したり、ウェルカムボードにもグリーンの葉を垂らしたり、うさぎやリスなどの小物をセッティングしたりするのもよいでしょう。まるで、花嫁が森に遊びに来たかのような演出ができます。
また、クラシカルな雰囲気の結婚式には、「アンティークピンク」や「ボルドー」がおすすめです。
格式の高い式場では、落ち着いたカラーを合わせましょう。アンティークピンクを合わせればロマンチックな雰囲気になり、ボルドーを合わせればシックな印象になります。
その際、演出で使うアイテムや装飾品も落ち着いた雰囲気のものを選ぶことが大切です。シックな雰囲気に、かわいらしい小物を合わせてしまうとチグハグとした印象になってしまいます。
さらに、海が好きなご新郎ご新婦には、「青」と「白」で海をコンセプトにした結婚式はどうでしょうか。白の花や貝殻をメインとし、随所に青のアイテムを配置します。ゲストのテーブルにも貝殻を装飾することで、海の底にいるような雰囲気になるでしょう。
また、ウェルカムボードに浮き輪やサーフボードを使うことで、より海らしい結婚式になります。ペーパーアイテムにもこだわって、マリンテイストのものを選ぶと統一感が出るかもしれませんね。
このほか、和テイストの結婚式には、「紅白」がおすすめです。おめでたい式にふさわしい赤と白は和装のご新郎ご新婦を引き立てるでしょう。和テイストに合わせて扇子やミニたる酒などの和風アイテムを配置すると、より雰囲気が出るはずです。
また、和テイストならではの和傘を持っての登場や、鏡開きなどの演出も和テイストの結婚式を盛り上げます。
このようにアイテムの色やコーディネートは、結婚式の印象を大きく変える重要なポイントです。
自分たちのコンセプトが決まったら、テイストに合う色、会場に合うコーディネートの詳細について、担当のプロデューサーに相談してみるとよいでしょう。

 

テーマや会場選びの注意点について


結婚式は、ご新郎ご新婦の大切な1日です。おふたりの個性を活かした結婚式やおしゃれな結婚式にしたいと思う人も多いですよね。
しかし、結婚式には招くゲストへの「おもてなしの心」も大切です。そのため、結婚式のテーマや会場選びについては、ゲストへの配慮を忘れてはいけません。
自分たちだけでなく、結婚式に出席するゲストの皆様が楽しい時間を過ごせる結婚式になるかどうかを考えることが必要でしょう。
たとえば、ゲストの待合室となるウェルカムスペースの広さは十分か、ゲストに提供する料理やドリンクの種類はどのようなものかなどを確認することも大切なポイントです。
さらに、自分たちにとっては最高の式場でも、ゲストにとっては遠くて行きづらかったり、周りに宿泊施設がなくて困ったりする可能性もあります。
会場選びの際は、式場までの交通の便や遠方から来るゲストの宿泊施設についてなど、さまざまな方向から検討しましょう。

 

おもてなしと個性のバランスを大切に


憧れのおしゃれな結婚式にするために必要なのは、式場の雰囲気やカラー、アイテムを考えることだけではありません。
大切なのは、ゲストへの配慮を忘れないことです。SNS映えを意識し過ぎて、ゲストへのおもてなしを後回しにしてはいませんか。
おしゃれな結婚式では、友人だけでなく親族や会社の人まで、ゲストが平等に楽しめるコンセプトや演出を考えることも大事なポイントです。
ご新郎ご新婦が楽しめる結婚式はもちろんですが、来てくれたゲストの皆様全員が満足できる結婚式を目指しましょう。