ホーム 準備 -prepare- 結婚式を盛り上げる!オープ...

結婚式を盛り上げる!オープニングムービーのポイント

312
0
シェア

オープニングムービーは最近流行りの映像系演出の1つです。新郎新婦が入場する前に場を盛り上げる役割を担っており、披露宴の開始と同時にゲストに向けて流すという形になります。そこで、自分たちの結婚式でもオープニングムービーを流したいと考えている人のために、その作り方や制作の際の注意点などについて説明をしていきます。

クオリティの高さが自慢!プロにお任せ!


結婚式の前はいろいろと準備で忙しいものです。自分たちでオープニングムービーを制作する余裕はないかもしれません。

また、自作はハードルが高くて難しいという人もいるでしょう。そういう場合は、専門業者や式場に制作を依頼することがおすすめといえます。なんといっても、プロなので高いクオリティが期待できる点が魅力です。一方で、心配なのが費用ですが、それほど高い料金がかかるというわけではありません。依頼先にもよりますが、相場は1万~2万円程度だと考えておけばよいでしょう。自作をするのに機材からそろえなくてはならない場合は、プロにお任せする方が安いくらいです。

ただし、これはあくまでも基本料金です。規定枚数以上の写真を使ったり、一定回数以上の手直しを求めたりすると追加料金が加算されることになります。もちろん、プロの仕事なので基本料金だけでもクオリティの高いムービーを作ってくれるはずですが、ボリュームという点では物足りないものになるおそれもあるので注意が必要です。

ちなみに、専門業者と結婚式場では前者に依頼した方が料金は安くなる傾向があります。それに、ムービー演出などのメニューが豊富なのも専門業者の方です。その代わり、式場で依頼した場合は式の打ち合わせの一環としてプランナーに相談すればよいだけなので手間がかからないというメリットがあります。 さらに、気をつけなければいけないのが制作期間です。中には数日で制作をしてくれるという業者も存在しますが、一般的な制作期間は2週間程度となっています。

しかも、依頼すれば勝手にできあがるというものではありません。写真の選別や、できあがった映像のチェックなどで手間を取られる場合もあります。間際になって慌てないようにするためにも、依頼をするのであれば早めにしておくのが無難です。