ホーム 結婚 お金 -money- どうする結婚資金!結婚費用...

どうする結婚資金!結婚費用のリアルな中身大研究!

64
0
シェア

将来のために結婚費用を貯めたいと考えているけれど、どの程度を貯めればよいのか分からない人も多いでしょう。まずは結婚費用にはどんなものがあるのかという内訳を知ることで、貯めるべき目標金額を決めることができるようになります。そこで、今回は何にいくらくらいかかるものなのか、結婚費用のリアルな中身について詳しく解説しましょう。

結婚にかかる費用の内訳は?


結婚費用の内訳として、まずはそれぞれの項目を把握しておきましょう。最初に婚約と結納があります。その際、結納のための会場を用意する費用などが17万円ほどかかります。

また、婚約すると両家の顔合わせの食事会を行いますが、その費用は約6万円です。次に、婚約指輪と結婚指輪を用意します。婚約指輪と結婚指輪は一緒にするというカップルも多いです。指輪の価格はピンキリですが、2人分の結婚指輪の平均価格は約24万円になります。

準備が整ったら、いよいよ挙式です。挙式や披露宴のためにかかる費用も、プランによって料金はさまざまです。会場代や挙式代はもちろんのこと、食事代や衣装代、撮影費などが必ず必要になってくる項目です。そのほか、プロに司会を依頼したり、ブライダルエステに通ったりする人もいるでしょう。

また、遠方ゲストの交通費や宿泊費、主賓や受付、仲人へのお礼も忘れてはなりません。一般的には結婚式と披露宴にかかる費用の目安は300万円ほどとされています。 挙式が終わると、新婚旅行に出かけるというカップルも多いでしょう。どこに行くのかにもよりますが、新婚旅行にかかる費用の平均は約70万円です。

また、新生活のための費用も用意しておくとよいでしょう。これらの費用を合計すると、およそ450万円+αをあらかじめ用意しておいた方がよいということになります。