ホーム 準備 -prepare- プロポーズの花束はどう贈る...

プロポーズの花束はどう贈る?おすすめの花や贈るときのポイント

143
0
シェア

素敵なプロポーズを演出するために、定番で贈るプレゼントといえば花束です。しかし、「何の花を贈れば喜んでもらえるのか迷ってしまう」「どのタイミングで渡せばよいのかわからない」という人も多いでしょう。花にはプロポーズに向いているものと向いていないものとがあり、思いをしっかり伝えるには渡すタイミングも重要です。そこで、プロポーズにおすすめの花の種類と花束を渡すタイミング、贈るときのポイントなどについても紹介します。

 

プロポーズといえば花束が王道?


映画のワンシーンのように素敵なプロポーズが成功したら、ふたりの一生の思い出になるでしょう。そんなイメージからか、プロポーズといえば指輪と一緒に花束を渡す男性も多いです。
しかし、花束はただ渡すだけでは、相手に喜んでもらえないこともあるかもしれません。相手がどんな人で、どんな花が好きなのかをよく考えて、受け取って喜んでもらえる花束を渡せるようにすることが大切です。
また、プロポーズのときには花束の大きさをどれくらいにするかも考えておきたいポイントです。一度きりのプロポーズですから、目一杯大きな花束を贈りたいと考える人もいるでしょう。
両手で抱えるほどの大きな花束はたしかに豪華でロマンティックですが、渡したらそれでおしまいというわけではありません。
プロポーズが成功したら、相手はプレゼントの花束を大切に持ち帰って、できる限り長く飾っておきたいと思うでしょう。
あまり大きすぎる花束では持ち帰るのも大変なうえ、家にある花瓶だけでは飾れないかもしれません。そこまで考えて、ちょうどよい大きさの花束をイメージするようにしましょう。

プロポーズにおすすめの花の種類は?


プロポーズのときの花束は、気持ちを込めて贈りたいものです。花にはひとつひとつに花言葉があるので、どんな花を選ぶかによって花束に意味を持たせることができます。
愛情が伝わるような花言葉を持った花を選べば、プロポーズに最適な花束になります。相手が、花が好きで花言葉にも詳しい人なら、渡すだけで気持ちを伝えることも不可能ではないでしょう。
相手がそれほど花に詳しくなくて、プロポーズの瞬間には花束の意味がわからなかったとしても、後から花言葉に気づくかもしれません。そんなときの感動はひとしおでしょう。
花言葉には、最高にロマンティックなものもあれば、少し怖い意味を持ったものもあります。思い出に残る素敵な花束をつくるためには、花束によく使われる花の花言葉や、気になった花の花言葉を調べてみるのがおすすめです。
ここからは、花束に使われることの多い花にどんな花言葉や意味が込められているのかについて紹介していきます。

 

定番だけど喜ばれるバラの花


花束の定番として喜ばれるのは、何といってもバラでしょう。バラの花束には、花の色や本数によっていろいろな意味があります。
プロポーズで使うなら、その意味を知ったうえで気持ちを込めて贈りたいところです。もっともポピュラーな赤いバラには「愛情」や「情熱」といった意味があります。
白いバラには「純潔」や「尊敬」、ピンクのバラには「かわいい人」、青いバラには「奇跡」や「神の祝福」などの意味があり、プロポーズに使うのにも適しているといえるでしょう。
ほかにも黄色や紫、オレンジなどのバラがありますが、レインボーのバラには「無限の可能性」という意味も込められています。
バラの本数については、1本にすれば「あなただけ」、2本にすれば「この世界にはふたりだけ」という意味を込めることができます。
本数が少ないと寂しく感じる場合は、12本のバラで「私と結婚してください」という意味を込めるのもおすすめです。
さらに、もっとゴージャスにしたいなら、99本で「永遠の愛」、100本なら「100%の愛」という意味になります。
とはいえ、100本のバラの重さは10kgほどになりますので、本数が多いときは渡し方にも気を配りましょう。

 

夏のプロポーズにおすすめのひまわり


夏にプロポーズするのなら、夏の花として多くの人がイメージするひまわりの花束もおすすめです。ひまわりの花には、太陽の方向を追いかけるという特徴があることを知っている人は多いでしょう。
このことから、ひまわりには「あなただけを見つめています」や「熱愛」、「愛慕」といったロマンティックな花言葉があります。プロポーズにひまわりの花束を贈れば、相手に対する一途な想いが伝わるでしょう。
また、ひまわりの花といえば大きいオレンジ色の花で、元気で力強い印象を持っている人も多いと思います。
しかし、品種によっては小ぶりで可愛らしい印象のものやレモン色のようなナチュラルな印象のものもあります。
相手の印象に合うひまわりの花を選んでみるのもいいでしょう。しかし、紫や白のひまわりには、プロポーズにはあまりふさわしくない花言葉があるので注意が必要です。
夏の旅行先やデート先でプロポーズをするなら、花束を用意するかわりにひまわり畑でプロポーズするのもちょっとしたサプライズになっておすすめです。
たくさんのひまわりに囲まれた場所で花言葉と一緒に気持ちを伝えれば、ふたりにとって忘れられないプロポーズになるでしょう。そのときの情景を写真に撮って残しておくこともできます。

 

ガーベラは情熱的な花言葉が魅力


プロポーズのときに贈る花としては、ガーベラもおすすめです。
ガーベラは、贈り物としてもよく利用され、女性に人気がある花です。小さくて細長い花びらを水平に咲かせるのが特徴で、一般的にはバラよりもカジュアルでキュートな印象があります。
そのため、「バラの花束はなんだか照れくさい」「いかにもプロポーズの花だとわかるのは避けたい」という人にもおすすめです。
それでも、品種によっては大輪のものや八重咲きでリッチな印象のものなど、豊富なバリエーションがあります。
よくあるガーベラの花ではなく特別感を出したいという場合には、そのような品種のものを選ぶとよいでしょう。
ガーベラの花には、赤やオレンジ、黄色、ピンクなどを中心にさまざまな色がありますが、プロポーズに向いているのはやはり赤やピンクの花です。
赤のガーベラには「燃える神秘の愛」、ピンクのガーベラには「熱愛」といった情熱的な花言葉があります。
花言葉は色によって異なりますが、ガーベラの花言葉はどの色もポジティブな言葉ばかりです。相手の印象に合わせて、複数の色合いのガーベラをミックスして花束にするのもよいでしょう。
また、ガーベラはもともと春と秋に咲く多年草であることから、日本でも年間を通して安定して流通しています。
1輪の値段も比較的リーズナブルなので、同じ値段をかけたとしてもバラよりも大きな花束を作ることが可能です。
ガーベラだけの花束ももちろん素敵ですが、ガーベラを主役にしてバラと組み合わせて花束にするのもおすすめです。

 

カーネーションでロマンティックに


カーネーションも、実はプロポーズのときに贈る花としておすすめの花のひとつです。ギリシャ神話にも登場するくらい、カーネーションは古くから世界中の人々に愛され、女性に愛情を伝えるための花として利用されてきました。
花びらの形や花色も豊富で花言葉も素敵なため、結婚式やパーティーなどのおめでたい席でもよく飾られています。バラやチューリップなどと並んで人気が高く、日本でも赤いカーネーションは母の日に贈る定番の花として有名です。
カーネーションの花言葉は「無垢で深い愛」ですから、まさにプロポーズ向きの花言葉を持った花だといえます。
この花言葉はすべての色のカーネーションに当てはまるものですが、カーネーションは花色によってもそれぞれ異なる花言葉を持っています。
赤色のカーネーションの花言葉は、「熱烈な愛」や「深い愛」、「愛を信じる」といった情熱的なものです。
オレンジ色のカーネーションは「純粋な愛」や「あなたを熱愛します」といった花言葉を、ピンク色は「熱愛」や「暖かい心」などの花言葉を持っています。
さらに、青色は「永遠の幸福」、緑色は「純粋な愛情」という花言葉を持っていて、どれもプロポーズのときに贈るのにぴったりです。
カーネーションには、大輪の花をつけるもののほか1本に小さな花を複数つけるスプレー咲きのものもあります。
大きさや色のバランスを見ながら複数の花色を組み合わせれば、とてもロマンティックな花束になるでしょう。
ただし、濃い赤や紫、黄色や白のカーネーションは、ネガティブな意味合いの花言葉を持っていますので、プロポーズのときの花束には不向きです。誤解を与えてしまわないように注意が必要です。

 

相手の誕生花・好きな花もおすすめ


ここまでは定番の花について紹介してきましたが、花の種類はほかにもたくさんあります。花言葉にとらわれずに好きな花を選んでも、もちろん構いません。
例えば、プロポーズする相手の誕生花を使うというのもひとつの方法でしょう。誕生花というのは、誕生日に対応した花のことで、1年を通して毎日違う花が当てはめられているので全部で366日分あります。
相手の誕生日に誕生花の花束でプロポーズすれば、その日は忘れられない思い出になるでしょう。
もっとシンプルに、相手の好きな花で花束をつくったり、デートや旅先でふたりで見た思い出の花を使ったりするのもおすすめです。
一般的にはあまり定番とはいえない花を使っていたとしても、プロポーズではふたりの間で気持ちが伝わりさえすれば、それは素敵な花束だといえます。
贈る相手のことを一番に考えて花を選んでみましょう。

 

贈ってはいけない花もあるので注意


見た目が綺麗でも、花によってはあまりプロポーズ向きではない花言葉を持つものもあります。
例えば、マリーゴールドの花言葉は「絶望」です。とても可愛らしい花ですから、好きだという人も多いでしょう。
このような花は絶対に使ってはいけないということはありませんが、プロポーズの花束に使うのは基本的には避けたほうがよいでしょう。
同じ種類の花でも、色が変わると花言葉もがらりと変わってしまうものもあります。
チューリップの例を挙げると、赤いものは「愛の告白」という意味を持っていて、プロポーズの花束にもぴったりです。
しかし、黄色のチューリップの花言葉は「報われぬ恋」と、まったく正反対ともいえる意味になってしまいます。
チューリップは色の違うものを組み合わせるのも綺麗ですから、このような意味の違いを知らなければ、赤と黄色を一緒に使いたいと考えてしまうかもしれません。
色違いの花を組み合わせて花束にするときは、それぞれの色について花言葉を調べるようにしましょう。
花束では定番のバラも、色によってはプロポーズに不向きなことがあるので気をつけなければなりません。
黄色いバラには「嫉妬」、黒いバラには「憎しみ」という意味があります。また、白斑の入った赤いバラには「争い」や「戦争」といった意味があります。
チューリップと同じで、いくつかの色のバラを組み合わせて華やかな見た目にしたいと思うことも多いでしょう。
バラは定番の花だけに花言葉を知っている人も多いですから、使う色については特に注意が必要です。

 

花束を渡すタイミングはいつがいい?


プロポーズのために花束を用意したら、渡すタイミングもあらかじめ考えておくのがよいでしょう。
花束を渡すには、4つのおすすめのタイミングがあります。「会ってすぐ」と「指輪を渡す直前」もしくは「指輪と同時」、「帰り際」です。
この中で、もっともスマートに渡すことができるのは会ってすぐです。
会ってすぐに花束を渡せばそれ自体がサプライズになりますし、そのままプロポーズをすればデートの最中にタイミングをはかって、そわそわしてしまう心配もありません。
渡した後は、デート中に花束が邪魔になってしまわないように、事前に大きめの袋を用意するかコインロッカーなどの保管場所を確かめておくとよいでしょう。
プロポーズをするときに婚約指輪を渡す場合は、花束はその直前に渡すか同時に渡すようにするのがおすすめです。
指輪の後に花束を渡すと、指輪に気を取られてしまい、気持ちを込めて用意した花束の印象が薄れてしまいます。
指輪を渡す直前のタイミングなら、思いがけない2つのプレゼントで喜びも大きくなるでしょう。
一番ロマンティックな渡し方は、指輪と花束を同時に渡す方法です。花束の中にリングケースをあらかじめ忍ばせておけば、スマートに渡すことができます。
受け取った花束の中から指輪を見つけたら、きっと驚いて喜んでくれるはずです。
デートの帰り際も、花束を渡すのにはドラマティックなタイミングでおすすめです。「もう帰らなければ」と寂しく感じているときにプロポーズをされたら、嬉しい気持ちも溢れるでしょう。
また、会ってすぐに花束を渡さないのであれば、渡すタイミングまでどこかに花束を隠しておかなければいけません。場合によっては、事前にお花屋さんやレストランなどに協力をお願いしておくとよいでしょう。

 

贈った花束は加工してふたりの思い出に


花束の花は生きていますから、みずみずしい状態で保ちたいと思ったら花瓶で活けるのが最適です。しかし、大切なプロポーズの記念品として、もっと長く保存したいという思いもあるでしょう。
そういう場合は、押し花やドライフラワーにすれば長持ちします。ふたりの思い出を形ある状態で残せるおすすめの方法です。
また、少し手間はかかりますが、プリザーブドフラワーに加工するという方法もあります。
プリザーブドフラワーは、押し花やドライフラワーよりも花の色を鮮やかなまま残すことができ、より長持ちするのが特徴です。
保存状態にもよりますが、数年は美しい状態を保つことができます。いつも見えるところに飾っておけば、花言葉にのせた気持ちを忘れずに暮らしていけるでしょう。

 

花束でロマンティックなプロポーズを


プロポーズは、人生における特別なイベントです。ロマンティックなプロポーズを演出するために、花束を贈るのはおすすめの方法です。
花言葉について知り、花束に愛情を込めれば、プロポーズの日はふたりの素敵な思い出になるでしょう。