ホーム 準備 -prepare- 自分に合った結婚式はどう選...

自分に合った結婚式はどう選ぶ?結婚式プランの選び方のポイント

51
0
シェア

結婚式の種類はさまざまあるため、どのプランにしたらよいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。結婚式は人生のなかでも大切なイベントなので、おふたりに合ったプランを選び、最高の思い出にしたいものです。実は、結婚式プランの選び方にはいくつかのポイントがあります。そこで、今回はおふたりにぴったりのプランを選ぶためのポイントをまとめてみました。

 

ポイント1:スタイルの大前提!宗教式か無宗教か


結婚式のスタイルは大きく分けると「宗教式」と「無宗教式」のふたつで、宗教式にはいくつかの種類があります。
たとえば、教会で行われる「教会式」です。主に教会の信者を対象としており、教会専属の牧師や司祭が儀式を進行します。
なお、挙式したいカップルが信者ではない場合、事前に礼拝や勉強会に参加すれば許可されることもあります。教義に従い厳格さが求められるため、厳粛な雰囲気です。
多くの人が取り入れやすいのが「キリスト教式」です。ホテルや式場のチャペル等で行われますが、ほとんどの場合は牧師が常駐しておらず、式場が契約をする牧師が進行します。
式場によっては外国人の牧師が英語で式を進行したり聖歌隊が参加したりするところもあり、本格的な演出が魅力です。
日本ならではの和のテイストを取り入れた式をしたいという人は「神前式」や「仏前式」がよいでしょう。
神前式の婚礼衣裳は基本的に白無垢や色打掛などの和服で、神社やホテル、式場で行います。挙式を執り行うのは式を挙げる神社の神職で、ホテルや式場の場合は契約をしている神職です。
祝詞や神前式ならではの作法など、和を感じる挙式になるでしょう。ただし、収容人数は少なめになるため、親族だけが参列できるというケースが多くなります。
仏前式はホテルや式場で取り扱っているところが少なく、自宅やどちらかの家の菩提寺で行います。神前式同様に古くから伝わるスタイルで、参列できるのは基本的に親族のみです。
先祖に結婚の報告をすると同時に、おふたりが来世まで結ばれることを誓う儀式なので、家と家の結びつきを感じられます。
一方、無宗教式は、宗教にかかわらないスタイルの「人前式」です。婚姻届のサインや指輪の交換などを基本とし、参列したゲストに結婚の誓いを立てるなど、ほかはおふたりの好きなように行えるため、自由度が高いオリジナルの挙式となります。
どんなことをすればよいか迷ってしまうときは、ホテルや式場がアドバイスをしてくれるので安心です。人前式は宗教式に抵抗のある人に向いています。

 

ポイント2:どんな場所で式や披露宴をしたいか


どんな場所で挙式や披露宴をしたいかも大切なポイントです。
挙式や披露宴といえば、ホテルや専門式場を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。ホテルはしっかりとしたホスピタリティと、宿泊施設を含め設備が充実しているため遠方からのゲストを招待しやすいのが特徴です。
また、ホテルがランドマークとなっている場合は、ゲストが迷うことなく到着できます。
結婚式に特化した専門式場には、本格的なチャペルや神殿があるだけでなく、大きさや雰囲気で披露宴会場を選べます。スタッフは結婚式や披露宴の知識が豊富ですし、設備や演出などに関するあらゆる希望を叶えることが可能です。
さらに、豊富な経験をもつスタッフは、迷ったときでもおふたりに合ったプランにするための的確なアドバイスをしてくれるでしょう。
ほかにも、レストランやゲストハウス、自宅などで挙式や披露宴をするケースがあります。料理を重視したい、アットホームな結婚式にしたいというおふたりにはレストランがぴったりです。
ただし、一般のレストランを貸し切って結婚式をすることになるため、ヘアメイクや着替えをする場所などの設備は十分確認が必要です。
ゲストハウスでは一軒家を貸し切って結婚式を挙げることができます。敷地全体を使用できることからプライベート感があり、セレブ気分を味わえる会場です。
挙式も披露宴もオリジナリティあふれる内容にできますが、ゲストハウスは郊外に多いためゲストはアクセスが不自由と感じる可能性があります。
自宅で結婚式を行うのは日本の伝統的なスタイルです。媒酌人がご新婦に付き添いご新郎の家まで向かい、ご新郎ご新婦は盃を交わします。
会場費がかかりませんし、アットホームな式になるのがポイントです。とはいえ、演出やカメラマンの手配などはすべておふたりでしなければいけません。
また、船上で行う挙式や披露宴もあります。天候に左右されるだけでなく、船酔いしてしまう人が現れる可能性がありますが、屋外だからこそできる演出は魅力です。ほかの会場では味わえない、一風変わった演出ができるでしょう。

 

その他:ニーズに合わせたさまざまなプラン


結婚式は、必ずしも挙式と披露宴をセットで行う必要はありません。
たとえば、シンプルな結婚式を望む人や、準備期間があまりない人は挙式のみを行う方もいます。披露宴はしないため、必要な費用は挙式や衣裳代程度で、新生活や新婚旅行に使えるお金が増えるのがポイントです。
ちなみに、式場によっては挙式だけでなく親族での食事会がセットになったプランを準備しているところもあります。
海外でおふたりだけの結婚式を挙げたい人や、挙式・披露宴・二次会をまとめて行いたいという人は1.5次会会費制プランがぴったりです。
引出物や引菓子がない代わりに会費を決めてしまう会費制と、通常の披露宴のような形式で御祝儀を受け取る御祝儀制があります。比較的低予算で行えることや、フォーマル過ぎずカジュアル過ぎないパーティーのような結婚式になるのが特徴です。
結婚式を挙げずに、写真のみを記念に残すフォトウェディングをする人もいます。結婚式はしなくても形として残しておきたい人や、さまざまな理由から挙式はしなかった方、結婚して時間が経っている人が選ぶことの多いスタイルです。
通常の結婚式のようにまとまった費用がかからず、ゲストの都合を考える必要もないので、自由なタイミングで写真撮影ができます。

 

情報収集はイメージを固めてから


結婚式の情報収集をすることは大切ですが、まずは、予算はどのくらいか、式はどんな形式にしたいのかなどをイメージしなければいけません。
なぜなら、結婚式のプランは豊富にあり、具体的なプランを見ながら選ぶとなかなか決められなくなることがあるからです。おふたりでじっくり話し合いながら、満足のできる結婚式のプランを考えましょう。