ホーム 準備 -prepare- 結婚指輪はいつ買うべき?結...

結婚指輪はいつ買うべき?結婚式に間に合えば大丈夫?

59
0
シェア

結婚式の日取りが決まったら、それに向けての準備を計画的に進めていかなければなりません。結婚式で交換することになる結婚指輪も、当日までにきちんと用意しておく必要があるでしょう。ただ、実際に指輪を作るためには相応の時間がかかります。そのため、なるべく時間に余裕を持って準備しておくことが大切です。それでは、結婚指輪は具体的にいつ頃までに用意するべきものなのでしょうか。ここでは、結婚指輪を購入するベストなタイミングや、実際に買う前に知っておくべき知識などについて解説します。

 

結婚指輪を用意するタイミングは?


結婚指輪は一日で簡単に用意できるものではありません。既製品であればその場で受け取ることも可能ですが、オーダーメイドで結婚指輪を作る場合は、製作期間に少なくとも1~3カ月ほどはかかってしまうでしょう。
そのため、結婚式当日に間に合わせるためには、遅くとも期日の3カ月前までには購入しておく必要があります。
また、既製品でもサイズの調整や刻印などで受け取りまでに3週間ほど要するのが一般的です。ですから、既製品を購入する予定であっても、日程になるべく余裕を持って準備を進めておくべきでしょう。
特に結婚式の2~3カ月前というのは、式の準備が佳境に入るため、もっとも忙しくなる時期でもあります。
結婚指輪の購入を後回しにしていると、指輪の製作に時間が取れず、せっかくの結婚指輪を満足のできる仕上がりにできなかったということにもなりかねません。
特に結婚式では、指輪をはめた2人の写真を撮影する機会もたくさんあります。ドレスやタキシードを着用しての写真撮影は結婚式ならではですから、そのときに結婚指輪が間に合わなかったということにならないようにしたいところです。
余裕を持って結婚式当日の4カ月くらい前に購入しておけると安心です。
オーダーメイドで結婚指輪を購入する場合は、製作期間の目安が前後することも珍しくありません。完成までにどのくらい期間を要するか忘れずに確認しておきましょう。