ホーム プチギフト -petite gift- 結婚式のプチギフトは何がい...

結婚式のプチギフトは何がいい?選ぶポイントや渡すタイミング〜二次会編〜

174
0
シェア

式が終わり、新郎新婦との距離が近い二次会へ参加する人も多いでしょう。実は、二次会でもプチギフトを用意するカップルが増えているのです。ここでは、披露宴とは異なる、二次会ならではのプチギフトの特徴をご紹介します。

 

プチギフトではなくカードにする方法も!


結婚式に続き、二次会へも参加してくれた人へ感謝の気持ちを表す方法として、プチギフトを渡すことが多い傾向です。
二次会ではゲームや余興などのプログラムが盛りだくさんなので、ここでも新郎新婦は全員と話す時間が持てないかもしれません。そのような場合にプチギフトがあると、ゲストに物足りなさを感じさせることも少ないでしょう。
ただし、プチギフトは必ずしも必要ではありません。たとえば、二次会でゲームを企画していて、ゲスト全員に景品が行き渡るように用意しているケースなどでは、プチギフトの代わりに「サンクスカード」を渡すという方法もあります。
サンクスカードとは、新郎新婦の感謝の気持ちを文字に表した小さいカードのことです。二次会が終わりお見送りの際に、一人ひとりに「今日はありがとうございました」と言葉をかけて手渡します。

 

二次会でプチギフトを渡すタイミングは?


二次会でプチギフトを渡すタイミングにも決まりはありませんが、やはり二次会が終了してゲストをお見送りするときがもっとも多く見られます。
「ありがとう」という感謝の気持ちを込めて全員に手渡ししましょう。退場時はゲストの流れが一方向になるため、全員にもれなく渡しやすいというメリットもあります。
また、ゲームや余興などのイベントでは勝った人に景品が用意されているのが一般的ですが、何ももらえない人はさみしいですよね。そんなとき、全員に「参加賞」としてプチギフトを配るととても喜んでもらうことができます。
二次会を途中で抜ける人にも、もれなく渡すことができる点が魅力でしょう。実は、二次会の歓談の時間もプチギフトを渡すチャンスです。新郎新婦から積極的にゲストに声をかけて回り、あいさつをすることができます。

 

二次会で喜ばれるおすすめのプチギフト!


二次会で渡すプチギフトについても、実際に普段使いができるものや、食べものなどの消えもの系が人気です。実用品でいうと、タオルやハンカチなどは何枚持っていても困らないものなので、ちょっとした贈り物にはぴったりですね。
また、シンプルな器や高級感のある文房具などもよく選ばれています。食べものでは、やはりクッキー系の焼き菓子やチョコレートが定番となっています。