ホーム マナー -manners- どんな服で参列する?兄弟・...

どんな服で参列する?兄弟・姉妹が結婚式に参列するときの服装

16
0
シェア

ご新郎ご新婦の親族として参列する結婚式は、友人のゲストとして参加する結婚式よりもずっと、緊張感があるのではないでしょうか。そんなときでも、場にふさわしい服装をしていれば堂々と振る舞うことができ、緊張感が和らぐでしょう。しかし、どんな服を着たらいいのか悩んでしまうという人も多いですよね。ここでは、兄弟や姉妹などの親族として参列するときの服装について解説します。

 

兄弟・姉妹の親族はホスト側であるという意識を持とう


ふさわしい服装を考える際には、まず親族の基本的な立場を理解しましょう。
兄弟、姉妹などの親族は、ご新郎ご新婦とともにゲストを迎える主催者側となります。自分の好きなデザインや個性を優先するのではなく、ご新郎ご新婦に配慮し、式を成功させることに重きを置きましょう。
大切なのは、わざわざ結婚式に参加してくれるゲストを迎える気持ちを表現することです。一般的に、服装の格式は仲人や晩酌人とも合わせるのがマナーです。親族としても、仲人や晩酌人には敬意を表しましょう。
結婚式の前には、両家の親族同志で顔合わせをして挨拶を交わすのが一般的です。そのときには親族として恥ずかしくない装いをしておく必要があります。
また、ゲスト側としても、自然とご新郎ご新婦の兄弟姉妹にも注目することになるでしょう。親族席に座っていることで、わざわざ挨拶に来てくれたりする場合もあります。式によっては、ご新郎ご新婦とともに、ゲストを迎えて見送るという仕事もあります。
結婚式の衣裳というのは、自分で思う以上に周りに見られているものです。
自分の服装は、式の主役であるご新郎ご新婦のイメージにも影響し、場合によっては式自体のイメージを変えてしまうかもしれません。服装がその人のすべてというわけではありませんが、自ら悪い方向に目立ってしまうのはやはり損です。
場の格式や雰囲気に応じた服装選びをするというのがおしゃれの基本ではないでしょうか。せっかくの兄弟姉妹の晴れの日の雰囲気を損なわないように、服装には十分に気を付けましょう。

 

ふさわしい衣裳は年齢や未婚・既婚で変わる


ふさわしい衣裳は、年齢や結婚の有無でも変わってきます。
たとえば、兄弟であればブラックスーツやタキシードが基本ですが、未婚で社会人経験が浅い場合はダークスーツがいいでしょう。
高校生以下であれば、制服を着用するのが自然です。
式までには、男性も清潔感のある髪型に整えておきましょう。親族の結婚式は自分の個性を演出する場ではないので、主張の強い長髪や茶髪などはできるだけ避けたほうがいいでしょう。男性の場合は、結婚指輪以外のアクセサリーはつけないほうが無難です。
姉妹の場合、和装であれば未婚では振袖、既婚は色留袖か、パステルカラーなど優しい色味の訪問着が基本です。振袖の場合、ご新婦の振袖を引き立たせる色を選びましょう。ご新婦よりも目立つ柄を選ぶのはマナー違反です。
洋装の場合、フォーマル感のあるセミドレスやカクテルドレスを選びましょう。和装と同様に、主張の強い派手な色や柄物は避け、優しい爽やかな色味を選ぶのが無難です。
目立たないようにと全身真っ黒にするのも、お祝いごとの席にはふさわしくないでしょう。親族の場合は集合写真でも、比較的ご新郎ご新婦の近くで映ることになります。写真の印象を暗くしてしまわないように、ベージュやピンクといった明るめの色を選ぶといいでしょう。
とはいえ、年齢的にパステルカラーを選びたくない場合もありますよね。シルバーのドレスであれば年齢を問わず誰にでも似合いやすく、華やかさに加えて大人っぽさも出せます。上品な光沢があるものを選ぶとさらにいいでしょう。
黒いドレスの場合は、上着はベージュなどの明るい色を選んで、メリハリをつけるようにしましょう。顔周りには明るい色を持ってくるほうが、顔映りもよくなります。女性の場合も、高校生以下であれば制服でも問題ありません。
肌の露出にも気を付けましょう。親族であればお辞儀をしたりすることもあるので、胸元が開いたデザインは避けるべきでしょう。肩を露出するのもよくありません。
親族ともなると挨拶に立ったり、出迎えたりと動く場面も多くあります。ノースリーブの肩を覆う場合は、ストールよりも袖付きのジャケットやボレロのほうが動きやすく、よりフォーマル感が出せるでしょう。
たとえば、ツイードジャケットは格式の高い場面にも使えます。コサージュで華やかさを足してもいいでしょう。ドレスの生地も透け感の少ないもの、薄すぎないものを選びましょう。
髪型は、よそゆき感があり清潔感も出せるアップスタイルがおすすめです。アップするほど髪が長くない場合は、毛先を軽くカールしたり根元をふんわりと立ち上げたりすることで、装っている雰囲気になります。
女性の場合はイヤリングをするほうが、よりフォーマル感が出ます。無難なのは、華やかであり上品に見える白パールです。ネックレスもそろえるといいでしょう。白パールのアクセサリーは汎用性が高いものなので、ひとつ持っておくとあらゆる場面で重宝します。
また、妊娠中などの事情がない限り、5cm程度のヒール靴を履きましょう。ぺたんこの靴やピンヒールはフォーマルでないので避けましょう。レースの靴は上品な雰囲気を崩さずに華やかな雰囲気が出せます。
また、生足ではなく、きちんとストッキングを履きましょう。ストッキングは黒ではなくベージュが基本です。

 

結婚式の衣裳はレンタルショップの利用もおすすめ


無理に高級なものを着る必要はありませんが、やはり結婚式の場にふさわしい衣裳を買うとなるとそれなりの値段になります。
しかし、親族の結婚式となると1度だけであったり、しばらく年数が経ってしまううちに似合う衣裳が変わったりということもあり得ます。ほとんど着用機会の望めない衣裳にお金をかけたくないという人もいるでしょう。
その場合は、レンタルがおすすめです。結婚式衣裳のレンタル料金は5000円~5万円ほどが相場で、豊富な種類の中から自分の好みに合うものを選ぶことができます。
ご新郎ご新婦サイドで同じレンタルショップを利用すれば、両家の格を合わせるなどの配慮もしてもらえるので合理的です。
レンタルショップでは、年齢に応じた衣裳も提案してもらえます。自分ではなかなか判断がつかないという場合は、プロのコーディネーターに任せるほうが安心で楽かもしれません。
ただし、両家の衣裳レンタル代の請求がご新郎ご新婦に届く場合もあるので、あらかじめ支払いがどうなるかについては確認しておきましょう。ご新郎ご新婦が支払うケースであれば、身内といえども高すぎるものは選ばないのがマナーです。
結婚式場の中の美容室を使う場合も、髪のセット料金はご新郎ご新婦が支払うことが多いでしょう。当日にレンタルショップで着替えて、さらに髪のセットも行う場合は、時間に余裕を持っておきましょう。
特に、土日の大安は混み合うこともあり、待ち時間ができることも予想されます。準備に時間をかけ過ぎたために、式の前の両家顔合わせや写真撮影に間に合わなかったということになっては本末転倒です。レンタルショップを利用する場合は、準備にかかる時間も確認しておきましょう。

 

服装は事前に確認しておくと安心


親族の結婚式に参列する場合、衣裳のコーディネートは自分のことだけを考えてするべきではありません。周囲にどう思われるかはもちろん、場の雰囲気を壊さないかということも含めて考慮する必要がありますよね。
兄弟や姉妹として結婚式に参列する場合は、一般のゲストよりも、よりフォーマルな装いをしておくことをおすすめします。あまりにも安っぽいものは避けるべきですが、無理に高級なブランド品を身に着ける必要はありません。
大事なのはフォーマル感です。自分では努力したつもりなのに、結果として式で浮いてしまったということになっては悲しいですよね。家族だけの結婚式のときは、両家のスタイルの調和が取れるように事前に確認しておくといいでしょう。
服装のトーンについては十分に注意を払い、ご新郎ご新婦はもちろん、参列した家族にとっても満足できる素晴らしい式にしましょう。