ホーム 準備 -prepare- ドレスの試着もできる!試着...

ドレスの試着もできる!試着会付きブライダルフェアのすすめ

31
0
シェア

挙式を検討中のカップルが参加する人気のブライダルフェアは、会場の見学から料理の試食まで、さまざまなメニューが用意されているのが特徴です。特に、衣裳にこだわりを持つ人におすすめなのが、試着会のあるブライダルフェアです。ここでは、ブライダルフェアの特徴や、試着会に参加する際のポイント、当日の服装などについて紹介します。

 

ブライダルフェアで会場を徹底チェック


ブライダルフェアとは、結婚式を挙げる予定のカップルのために、結婚式場が主催する参加型のイベントです。
ブライダルフェアの主な目的は、結婚式場の見学や結婚式に関する相談などで、カップルが自分たちの挙式を開きたい会場であるかどうかを確認する場となっています。
結婚式場を探しているカップルが参加することで、より理想の結婚式をイメージしやすくなるでしょう。ブライダルフェアのメニューはさまざまなので、自分たちに合ったものを選んで参加することになります。
もっとも重要なのが式場の見学会で、スタッフに案内してもらいながら挙式会場や披露宴会場などの施設を見学することができます。
自分たちのイメージに近い会場かどうか、親族用の控え室や待合室は広いか、天候が悪い場合でもゲストに負担がかからないかなど、細かい点までしっかりと確認することが可能です。
また、模擬挙式が体験できるものであれば、モデルカップルによる式を見学することで、式本番の雰囲気を肌で感じることができるでしょう。式の流れも一通り確認できるので、挙式スタイルにこだわりがある人はぜひ参加することをおすすめします。
ブライダルフェアで人気なのが、式で出される料理の試食会です。試食会とはいえ、式当日に出される豪華な料理が無料で試食できるとあって大変お得でもあります。基本的にはハーフコースやワンプレートで提供され、フルコースの場合は別料金がかかるところもあります。
料理は結婚式のイメージを大きく左右する大切なものなので、試食会に参加するカップルが多いようです。
他には、予算や段取り、マナーなどについて、ウェディングプロデューサーに直接相談できる相談会も設けられているため、式にまつわる悩みや不安は事前に解消することができるでしょう。
費用のおおよその見積もりも出してもらえるで、挙式予定のカップルはぜひ足を運んでみてはいかがですか。

 

試着会で似合うドレスを見つけよう


ウェディングドレスに憧れを抱いている女性は多いでしょう。
一生に一度の結婚式では、ぜひ自分にぴったりのドレスで着飾りたいものです。ブライダルフェアの中には、式場の見学会や試食会などに加え、ドレスの試着会が含まれているものもあります。
女性はウェディングドレスやカラードレス、男性はタキシードなどの試着をすることができます。自分の好みを確認するのはもちろん、専門のコーディネーターに相談できるのもうれしいですね。
選べるドレスの種類は式場によって大きく差があり、自社でドレス会社を運営している式場の場合には豊富な種類の中から選ぶことができます。
ただし、会場によってはドレスの試着会がなかったり、試着できるドレスの数が限られていたりすることもあるので、事前に確認しておきましょう。
そもそも、試着会では数多くのドレスを試着することではなく、結婚式のイメージを湧かせることが主な目的です。そのため、試着会では1〜2着程度の試着を基本としている会場が多く見られます。
式場決定後に後悔しないためにも、どんなドレスが揃っているかは試着の際にしっかりとチェックしておきましょう。
会場によっても異なりますが、試着会を含むブライダルフェアであれば所要時間は3〜4時間程度となります。
また、中には和装の試着ができるブライダルフェアもあります。
ただし、ドレスの場合とは異なり、着物を一から着るのではなく洋服の上から羽織る程度であることが多いようです。
とはいえ、着物地の柄や色、帯との組み合わせなどによって印象が大きく異なるため、衣裳を選ぶのは楽しいでしょう。
試着会が開催されるブライダルフェアはとても少ないので、気になるイベントを見つけたら早めに予約を入れておくことをおすすめします。

 

試着をするときの服装やヘアスタイルは?


試着会当日の服装は、着替えやすいものを選ぶことがポイントです。
ドレスの試着では着ている服をすべて脱いで試着するため、タートルネックなどの脱ぎづらいものはあまりおすすめできません。試着の際には忘れずにストッキングを持参するようにしましょう。
特に気をつけたいのが下着です。着替えの際には担当スタッフが付いているため、見られても恥ずかしくない下着を選ぶことも重要です。
式当日には、ウェディングドレス用のブライダルインナーをドレスショップに用意してもらえますが、ブライダルフェアの試着会では自分の下着の上からドレスを着ることがほとんどとなります。
そのため、色の濃い下着をつけていると、ドレスから透けて見えてしまいます。できれば、試着会当日は、白もしくは淡い色の下着、また肩のストラップが取り外せるタイプのものがおすすめです。
どうしても体型が気になるという場合は、補正下着を用意しておくのもいいですね。また、試着当日はドレススタイルに合わせたヘアスタイルにするのもおすすめです。
挙式の際にヘアスタイルをアップにしたいのであれば、同じようなスタイルにしておくことでイメージがしやすくなるでしょう。
ヘアゴムやバレッタなどを持参すれば、その場でさっとまとめることもできます。会場によっては、試着したドレスに合わせてちょっとしたヘアアレンジをしてもらえるところもあります。
さらに、ドレススタイルに合わせたしっかりめのメイクをしておくこともおすすめです。普段のメイクが薄い人は、ドレスを着た際にぼんやりとした印象を受けてしまうでしょう。試着会でメイクをしてもらえることもあるので、事前に確認しておくといいですね。

 

試着会に参加するときのポイント


ブライダルフェアの試着会の目的は、自分の体型に合わせてドレスを採寸することではありません。
主な目的はどんなドレスが揃っているか、自分のサイズに合いそうなものがどれくらいあるか、ドレスの価格はいくらくらいかなどを知ることです。これらを踏まえて、自分に合うドレスが見つかりそうかを判断しましょう。ブ
ライダルフェアで試着をしても、実際には式場と契約後に再度本格的にドレス選びをし、その際にサイズの寸法を測って体型に合わせた調整をしてもらうことになります。
そのため、試着会ではそれほどサイズ感を気にする必要はないようです。試着会に参加する前には、どんなドレスが揃っているかを式場に確認しておきましょう。
試着の際には、式場スタッフにドレス姿の写真を撮ってもらうこともポイントです。記録を残しておくことで、ドレスが似合っているかを第三者に後で確認してもらえたり、式場選びの参考にしたりすることができます。
衣裳を着ている本人は正面しか自分で確認することができないので、撮影の際には後姿も撮ってもらいましょう。
また、試着会のあるブライダルフェアには、平日の夜や1・8・12月などの閑散期に参加することがおすすめです。会場にゆとりがある時期であれば、試着できるドレスの種類や数が豊富に揃っている可能性が高くなります。

 

衣裳にこだわりのある人におすすめ


結婚式のイメージをつかむためにも参加するカップルが多いブライダルフェア。ブライダルフェアは基本的に無料で参加できるものが多いのも特徴です。
特に、式で着用する衣裳にこだわりがある人であれば、ぜひ参加することをおすすめします。会場の雰囲気だけでなく、自分に合ったドレスを選ぶことは忘れられない式にするためにもとても大切です。