ホーム 結婚 お金 -money- 【結婚式費用が不安】ご祝儀...

【結婚式費用が不安】ご祝儀で後払いはできる?メリットや注意点を紹介

54
0
シェア


結婚式は、夫婦としての第一歩を踏み出す特別な日。「大切な思い出として記憶に残したい」「理想の結婚式を叶えたい」と考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、結婚式は大きなお金が動くライフイベントです。ゲストの人数や結婚式のスタイルによって異なるものの、短期間で結婚式費用を全額貯蓄するのは至難の業。貯蓄や節約だけで結婚資金が貯まりそうにない場合は、後払いに対応した式場を選ぶのもひとつの手段です。

そこで今回は、自己資金が少なくても理想の結婚式が叶う「結婚式費用の後払い」をピックアップ。後払いのメリットや注意点も併せてご紹介いたします。

 

結婚式費用の「後払い」とは?


結婚式場によって規定が設けられていますが、結婚式1カ月~1週間前までに全額を支払う「前払い」を採用している式場がほとんどです。自己資金のなかでやりくりしなければいけないため、予算の都合で演出を諦めざるを得ないケースも。

その点、「後払い」は結婚式が終わった後に全額を支払う方法です。ご祝儀を結婚式費用に充てることができるので、自己資金が少なくても結婚式を挙げられるのが最大のメリット。「貯蓄がない」「親からの援助が期待できない」「できるだけお金を借りたくない」といった悩みを軽減できる支払い方法といえるでしょう。

結婚式費用をご祝儀でまかなえる式場を探したいなら、「楽婚」の利用を検討してみましょう。全国36箇所あるブライダルサロンで相談できるほか、手軽で便利なオンライン相談にも対応可能。忙しくてなかなか時間が取れないカップルも、条件に合った式場を見つけることができますよ。

How much Rakukon:気になる先輩カップルの最終見積り金額をチェック!>>

 

自己資金がなくても結婚式が叶う!「後払い」のメリットをご紹介


結婚式の自己負担額を抑えられる支払い方法として注目を集めている「後払い」。ここでは「後払い」のメリットをご紹介します。

 

【後払いのメリット】ご祝儀で結婚式費用を支払える

「結婚」はお金がかかるライフイベントのひとつ。婚約指輪、結婚式、新婚旅行など、さまざまな出費がかさむため、目標額を決めて計画的に貯蓄する必要があります。しかし、「楽婚の花嫁サロン」が実施した「結婚資金の貯蓄」に関するアンケート調査では、全体の約3割が「結婚資金で結婚式をまかなえなかった」と回答しており、結婚費用をすべて準備するのは難しいと考えられます。

「後払い」であれば、結婚式費用のご祝儀払いが可能。自己負担額を最小限に抑えられるので、まとまった資金がなくても理想の結婚式が叶います。前払いよりも支払いまでの時間が長く、ゆとりを持って資金調達できる「後払い」なら、費用面の不安を考えずに結婚式を迎えられるでしょう。

関連記事:先輩カップルの結婚資金を大調査!いつから&どれくらい貯蓄した?

 

【後払いのメリット】結婚式の予算を上げられる

「後払い」を選択した場合、結婚式費用の支払いは結婚式終了後になります。ご祝儀の想定額に現在の貯蓄額をプラスすれば、結婚式の予算を上げられる可能性も。いただいたご祝儀をそのまま結婚式費用に利用できるため、貯金額とにらめっこせずに打ち合わせできます。

希望の演出を追加するもよし、料理・衣装をグレードアップするもよし、理想の結婚式を叶えられますよ。

 

【後払いのメリット】新婚生活の資金に充てられる

結婚後の新生活に余裕を持たせたいカップルにとって、「後払い」はとても魅力的なサービスです。結婚式費用をご祝儀による後払いにすれば、結婚資金として貯めたお金を新生活の準備に充てられます。結婚資金を使い果たすことがないため、新生活が始まっても窮屈な思いをせずに済むでしょう。

 

結婚式の支払いを検討する前に知っておきたい!「後払い」の注意点


何かとメリットの多い結婚式費用の「後払い」ですが、注意しなければいけないポイントもいくつか存在します。ここからは「後払い」の注意点をご紹介します。

 

ご祝儀が想定よりも少ないケースがある

親族、上司、友人など、新郎新婦との関係によって異なりますが、結婚式のご祝儀には相場があるため、ご祝儀の総額を予測することができます。しかし、それはあくまでも予測であり、実際にもらえると保証された額ではありません。結婚式費用の支払いで焦らないよう、ご祝儀から結婚式費用を捻出できない場合の支払い方法を事前に考えておきましょう。

 

結婚式場の選択肢が狭まってしまう可能性も

前述したように、多くの結婚式場では前払いを採用しています。希望の結婚式場が後払い不可の場合は、「ほかの式場を探すか」「後払いを諦めるか」という苦しい決断を迫られる可能性も。後払いが可能な結婚式場をいくつかに絞り、そのなかからふたりの理想に近い結婚式場を選びましょう。

「楽婚」が提携している全国270以上の式場はすべてご祝儀による後払いが可能。一流ホテルやレストラン、一軒家を貸し切ったゲストハウスなど、多彩なラインナップからお気に入りの式場を選択できます。自己資金が少なくても満足度の高い結婚式を挙げられますよ。

今すぐ楽婚について知りたい方はこちら! 楽婚についてチェック!>>

 

結婚式の資金不足を解消したいなら「後払い」がおすすめ


結婚式費用をご祝儀で支払える「後払い」についてご紹介しました。挙式料、料理、引出物、衣装、記念写真など、結婚式にはさまざまな費用がかかりますが、自分たちに合った支払い方法を選ぶことができれば、低予算でも結婚式は叶います。

ご祝儀で結婚式費用をまかないたいなら、「後払い」のメリットだけでなく注意点も把握しておくことが重要です。自己負担額を抑えながらも大満足の結婚式を叶え、大切なゲストと幸せな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。