家族 -family-

ホーム 家族 -family-
結婚に向けて忙しくしているあなた、ご両親のお気持ちは忘れていませんか? ご両親としては、これまで育ててきた子どもが新しい家庭を持つことには、とても大きな意味を感じておられます。 それだけ結婚式への思い入れも強いのです。 また、家族といえばご両親のことだけではありません。 新しく誕生するお二人のお子様、前妻・前夫様との間のお子様も、新しい家族です。 お子様のことも考えながらの結婚に、悩みや不安はありませんか? ここでは、結婚式やその後の新生活が、お二人とご家族にとって幸せなものとなるよう、役立つ情報をお伝えしていきます。

誰もが夢見るマイホーム!建設費用はいくらかかる?準備しておく...

結婚が決まり、マイホームを購入したい!となった時、家を建てるのにどのくらいのお金がかかるか想像がつきますか? 一からマイホーム建設をするためには、土地や家の代金以外にもさまざまな支払いが生じます。 今回は、マイホーム建設を志す人のために、家づくりにかかる費用について解説したいと思います。 まずは色々な業者さんをチェック! 家づくりの費用が実際にどのくらいかかるかは、工務店に見積もりをしてもらわないとはっきりとはわかりません。 そこで、マイホーム建築を決めたら、はじめに複数の業者に「概算見積もり」をお願いし、きちんと説明を受けた上で一社に絞ります。 この見...

仲良くできるかな?結婚相手の家族に対する不安の解決方法

恋人としてお付き合いをしている間は、デートをしたり、記念日をお祝いしたり、二人だけで楽しい時間を過ごせればそれでよかったのですが、いざ結婚となると、お互いの家族の存在を無視することはできません。 よく結婚は二人だけの問題ではないと言いますが、結婚をするとなると、結納や結婚式について、それぞれの家庭の要求がでてくるものです。 その要求が一致している場合や、あまり口出しをしない家庭同士であれば問題ないのですが、それぞれの家庭で全然かみ合わない要求がでてくるようだと、面倒なことになりかねません。 結婚後も日ごろから食事を共にするなどの交流もあるでしょうし、お正月やお盆の帰省時に...

結婚式の後撮りの目的とそのメリットとは

結婚式当日はめまぐるしく進行していき、なかなか落ち着いて写真が撮れる時間がありません。式中は専門のカメラマンや式場のスタッフが写真や動画を撮ってくれる場合が多いのですが、動きのある写真は得られるものの、二人だけの姿がきちんと収まった写真を撮るのは難しいということもあるでしょう。 そのため、多くのカップルが結婚式の前後にスタジオなどで写真を撮り、その様子を残しています。 そのうちのほとんどが結婚式の前に撮る「前撮り」を選びますが、実は「後撮り」もメリットが多く、オススメです。 そこで今回は、後撮りの目的やメリットについてご紹介します。 後撮りをしようか前撮りをしようか...

再注目!オトメンとの結婚生活

オトメンという言葉をご存知ですか? 漢字で書くと「乙男」でオトメンと読みます。漢字を見てわかる通り、乙女な面を持った男性のことを指す言葉です。元々は、月刊の少女漫画から人気に火がつき、岡田将生主演でテレビドラマ化されたことから注目され、広く使われる言葉になりました。 オトメンといえば、ドラマのイメージでかわいい男の子の印象を持っている方も多いのではないでしょうか?でも、もともとのオトメンとは、そういったかわいらしさや、料理や裁縫などが得意で女子力が高い一面を持ちつつ、スポーツや武術が得意といった男らしさも兼ね備えている男性のことをいいます。 家事が得意で、いざというときに...

デキる花嫁は実践!家族婚で配慮すべき5つのポイント

私は結婚式の司会をつとめている志乃きえといいます。 司会業を始めて約18年になりますが、今とても増えてきているのが親族のみで行われる「家族婚」です。 結婚式当日は、両家の新しい交流が始まる日であり、今後両家が良好な関係を築いていけるかの鍵を握る大切な日でもあります。 新郎新婦としては、準備に万全を期したいところでしょう。そこで今回は、家族婚で配慮すべきポイントをご紹介したいと思います。   家族婚とは? 家族婚とは、両家の親族だけを招いて行われるごく小規模な結婚式のことです。友人や会社の上司や同僚などを招いて行う大規模なウェディングの場合、家族とな...

結婚前にしておきたい!両親への感謝の挨拶、方法とタイミング

結婚式の前日に花嫁になる女性が両親に向かって「お嫁に行きます」「これまで育ててくれてありがとうございました」と告げるシーンは映画やドラマでよく見ますが、本当に先輩花嫁たちもこなしてきたのでしょうか。 いざ改まって言うとなかなか照れくさいものがあるような気がしますが、両親は子供の気持ちを聞いて嬉しいはずです。しかもこれからずっと育ててきた子供が家を出て行くと考えると、子供から両親へ気持ちを伝えることが一つの区切りにもなります。 今回はそんな両親への感謝の気持ちを伝える方法と、いつ伝えるべきなのかというタイミングを先輩カップルの経験談を元に見ていきます。 挨拶は昔に比べ減...

国際結婚でよかったこと・困ったことは?上手くいく秘訣はある?...

国際化が進む昨今では、国際結婚をするカップルも増えました。 結婚する人数が減っているにも関わらず国際結婚カップルの数は増えてきているというデータもあります。 そんな身近になりつつある国際結婚、いつかあなたの身に起こるかもしれません。 また結婚前のカップルで相手が外国人の方も、もし結婚することになったらどんな感じなのか先輩カップルが考える「国際結婚でよかったこと・困ったこと」をお伝えします。 国際結婚カップルの捉え方は そもそも国際結婚カップルの中で「絶対外国人と結婚するぞー!」と意気込んで、敢えて外国人を狙って結婚した人はほとんどいません。 殆どのカップ...

おつき合いは気持ちよく!義理のお母さんと仲良くする方法

お嫁さんにとって悩みの種となりがちなのがお義母さんとのおつき合いの仕方。 結婚報告のときはもちろんですが、旦那さんの実家へ帰省するときに、お義母さんにどう接したら良いかわからず悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。 なかには、お付き合いをしている当時から仲良くさせてもらっているという方もいるかもしれませんが、結婚報告で初めてお義母さんにお会いするという女性も少なくありません。 これまでは他人同士であっても、大事なパートナーの家族としてせっかく縁を得たのだから、上手におつき合いをしていきたいものですね。 今回は、お義母さんとお嫁さんの関係が良好になるにはど...

夫婦になる前の試練!彼も同時にマリッジ・ブルーになったら?

マリッジ・ブルーというと、一般的には女性がなるもの、ととらえられがちですが、結婚前に不安を感じ、気持ちが不安定になるのは女性だけではありません。 もしも二人同時にマリッジ・ブルーになってしまったら・・・? 今回は、男性と女性のマリッジ・ブルーの違いと、マリッジ・ブルーになってしまった時の対処法について考えていきたいと思います。 男性がマリッジ・ブルーになるのは、義務感から 結婚をすると変化があるのは女性だけではありません。男性にも立場の変化があります。 自分が家族を支えられるか不安 女性が働いていることが多い現代でも、家計を支える覚悟をしている男性が多いのが日本。 ...

結婚したら妻が名字を変えるのは当たり前?夫婦別姓という選択

現在の日本では夫婦別姓を選択することは認められていません。 結婚したら、夫か妻のどちらかの名字を選んで、夫婦は同じ名字を名乗るものとされています。 しかし、そんななか、「夫婦で同じ名字を強制するのは違憲」とする訴訟に、平成27年12月16日、最高裁から「合憲」の判決がくだされました。 今の日本では、まだ、結婚した夫婦でそれぞれの名字を名乗ることは認められない・・・ということになったわけです。ここでは、現在の日本の夫婦同性・夫婦別姓について考えてみたいと思います。   夫婦別姓を認めていないのは日本だけ!? ニュースなどで耳にすることが多くなった「夫婦別...

Instagram

184 フォロワー
フォロー