ホーム 前撮り -photos in advance- メリットが多い結婚式の前撮...

メリットが多い結婚式の前撮り!プランや撮影アイディアをご紹介

195
0
シェア

結婚式当日は余裕がないので希望のショットを撮るのは難しい場合があります。そこで前撮りなら、時間に余裕を持って撮影を楽しみながら撮ることができるのでおすすめです。前撮りした写真は結婚式でも使用できるなどメリットが多いので、写真を撮るタイミングに悩んでいるなら検討してみましょう。ここでは、結婚式の前撮りについて解説していきます。

 

結婚式の前撮りとは?いつ撮影するの?


結婚式では写真撮影がつきものです。式中に撮影された写真は新郎新婦の記念になるのはもちろん、来場してくれたゲストに配るなどの利用方法もあります。
しかし、結婚式は1度しかない舞台であるため、たとえ満足できるショットを撮ってもらえなかったとしてもやり直しが効きません
シャッターチャンスの瞬間に「目をつむってしまった」「笑顔を作れなかった」と後悔する新郎新婦も少なくないのです。 そこで、結婚式とは別に前撮りによって、衣装を着た新郎新婦を事前に撮影するサービスが人気になっています。
前撮りを行うタイミングはさまざまですが、結婚式の半年くらい前から、前撮りをしておく新郎新婦もいます。遅くとも2カ月前までに撮影を済ませておくと良いでしょう。
中でも、桜や紅葉などを背景にできるため、春や秋に前撮りしておくのが人気です。

 

 

結婚式では前撮りのメリットがたくさんある!


前撮りにはいくつもメリットがあるため、新郎新婦からのリクエストが増えています。
まず、「写真のクオリティ」は大切なメリットといえるでしょう。結婚式当日とは別の日に撮影を行うため時間的にも精神的にも余裕があります。
衣装を着てポーズや表情などをじっくり整え、納得のいく仕上がりを追求できます。また、前撮りの写真を結婚式当日に使うことができるのもメリットです。
ただし、画像処理に時間がかかるので、1カ月以上前に前撮りしておく必要はあるでしょう。 「リハーサルの一部」として前撮りを考える新郎新婦もいます。
前撮りで着る衣装や、ヘアメイクは結婚式当日と同じケースが少なくありません。つまり、前撮りをすることで、結婚式のイメージをつかみやすくなり、本番での緊張やミスを予防できます。
また、メイクのリハーサルや衣装合わせができるので、式場スタッフと一緒に細かい打ち合わせも行えるでしょう。疑問点や不安をクリアしておくためにも、前撮りは効果的な場となります。