結婚式の準備について教えて!〜スケジュール編〜

結婚式を挙げるなら、早くから準備を開始することが必要となります。結婚式の準備は、実際に始めてみると意外にやるべきことは多いものです。のんびりしていると、後で慌てることになってしまったり、不十分な準備で大事な結婚式に後悔が残ってしまったりすることもあります。余裕をも持って結婚式の日が迎えられるようにするためには、事前にスケジュールの流れや段取りを理解しておくことが大切です。そこで、今回は結婚式を挙げるなら参考にしたい準備事項について詳しく解説します。   結婚式の準備はいつから始めたらいいの? 結婚の準備は1年~7カ月前くらいから始めておくと余裕を持ったスケジュー...

結婚式のプチギフトは何がいい?選ぶポイントや渡すタイミング〜...

よりオリジナリティーを出したい人には、手作りのプチギフトがおすすめです。忙しい結婚式の準備中に、ひとつひとつ手作りするカップルも増えているようですよ。自分たちだけの記念の品を作ることができる点に加えて、費用が節約できる点も選ばれている理由のひとつでしょう。ここでは、簡単に作れるプチギフトの作り方やラッピングの方法などをご紹介します。   簡単にできるおしゃれなプチギフト! 手作りできる人気のプチギフトに、アロマワックスバーとグリセリンソープがあります。アロマワックスバーは、火を使わないため安全面でも人気のキャンドルです。 作り方はとても簡単で、蜜蝋とワックスを...

結婚式のプチギフトは何がいい?選ぶポイントや渡すタイミング〜...

せっかくならゲストに喜んでもらえるものを贈りたいですよね。披露宴で渡すプチギフトの相場やプチギフトを選ぶ時のポイント、避けたいギフトなど、人気ランキングと共にご紹介します。 プチギフトの相場はどれくらいなの? 披露宴で渡すプチギフトの相場は、200~400円くらいのものが一般的となっており、喜んでもらえるちょっとした品というイメージで選ぶことが多い傾向です。 一方、二次会のプチギフトは、披露宴のものよりも若干クオリティアップした品を選ぶことをおすすめします。その理由としては、二次会だけに参加してくれる人には引き出物がないことが挙げられます。 何かしら贈り物をして、感謝の...

結婚式のプチギフトは何がいい?選ぶポイントや渡すタイミング〜...

式が終わり、新郎新婦との距離が近い二次会へ参加する人も多いでしょう。実は、二次会でもプチギフトを用意するカップルが増えているのです。ここでは、披露宴とは異なる、二次会ならではのプチギフトの特徴をご紹介します。   プチギフトではなくカードにする方法も! 結婚式に続き、二次会へも参加してくれた人へ感謝の気持ちを表す方法として、プチギフトを渡すことが多い傾向です。 二次会ではゲームや余興などのプログラムが盛りだくさんなので、ここでも新郎新婦は全員と話す時間が持てないかもしれません。そのような場合にプチギフトがあると、ゲストに物足りなさを感じさせることも少ないでしょ...

結婚式のプチギフトは何がいい?選ぶポイントや渡すタイミング〜...

今や結婚式の定番ともなったプチギフト。せっかくならゲストに喜んでもらえるものを贈りたいですよね。感謝の気持ちを伝える贈り物として、一般的にはどんなものが多く選ばれているのでしょうか。ここでは、結婚式や二次会で贈るプチギフトについて、どんなものを選ぶといいのか、渡すタイミングやおすすめの品などを詳しくご紹介します。   結婚式のプチギフトとは?由来や意味はあるの? プチギフトは、フランス語で「小さな贈り物」という意味を持つ言葉です。古くからヨーロッパでは、由緒ある家柄の人が結婚や出産などのお祝い時に市民へお菓子を配る風習があり、それが起源となっているといわれていま...

呼ばれる側が気をつけるべき結婚式のマナーは?〜二次会編〜

挙式と披露宴が終わると、二次会が開催されることがほとんどです。挙式や披露宴とはまた雰囲気が異なる二次会ですが、ここでももちろんマナーが存在します。結婚式とは少し違う二次会でのマナーも、ここで学んでいきましょう。   男性の二次会での服装マナーは? 男性の二次会での服装は、セミフォーマルとなるスーツが基本です。二次会の雰囲気やコンセプトによっても異なりますが、セミフォーマルを心掛けておけばまず心配はありません。 二次会の場合、カジュアルな雰囲気で行われることも多くなっています。そのため、ジャケットスタイルでもOKとされることも少なくありません。ただし、どんなにカ...

呼ばれる側が気をつけるべき結婚式のマナーは?〜挙式・披露宴編...

ここからは、結婚式の挙式と披露宴のマナーについて紹介します。受付が終わって挙式と披露宴が始まる、ここからが結婚式の本番です。新郎新婦の大切な結婚式だからこそ、不手際がないようにマナーをしっかりとおさえておきましょう。   厳かな雰囲気で進行!挙式のマナー キリスト教式や神前式、人前式などの挙式の形に関わらず、私語は慎み携帯電話の電源は切っておくことが基本マナーです。携帯電話の電源はうっかり忘れてしまうこともあるので、事前にしっかりとチェックしておきましょう。 また、挙式のスタイルによって進行方法は異なります。それぞれ、スタッフの指示に従って行動していきましょう...

呼ばれる側が気をつけるべき結婚式のマナーは?〜受付編〜

結婚式当日の、最初の場面といえば受付です。まだ、新郎新婦がいない場面とはいえ、受付では受付係の方とあいさつを交わさなければなりません。この受付こそ、結婚式でマナーが見られる最初のシーンといえます。結婚式の最初の場面でつまずかないためにも、ここで受付時のマナーを解説します。   ご祝儀の金額にマナーはあるの? 受付では、ご祝儀を渡して記帳をしていきます。ご祝儀はあらかじめ用意しておくものなので、しっかりとマナーに沿って準備しておきましょう。ご祝儀は、新郎新婦の門出を祝って渡すお金のことです。この金額にはマナーがあり、奇数となる金額を包まなければなりません。偶数...

呼ばれる側が気をつけるべき結婚式のマナーは?〜準備・服装編〜...

結婚式は、正式な冠婚葬祭の場となります。たとえ、友人や家族の結婚式だとしても、そこは公式の場なのです。そのため、ゲストが気をつけるべきマナーがとても多いことが特徴です。これらのマナーは学校などで習うものではありませんが、知らないと恥をかいてしまうかもしれません。そんな結婚式のマナーを、場面ごとに細かく紹介します。   結婚式でお呼ばれゲストマナーとは?準備はどうする 結婚式は、マナーを知らずにいくと大変失礼となってしまいます。友人や家族の大切な門出だからこそ、マナーはしっかりと心得ておく必要があるのです。 そこで、結婚式に呼ばれたら、まずは準備段階から結婚式で...