ホーム 結婚 お金 -money- 会費制の結婚式はどんなもの...

会費制の結婚式はどんなもの?メリット・デメリットを紹介

184
0
シェア

会費制の結婚式の人気は、年々高まっています。会費制の結婚式の場合、伝統的なご祝儀制の結婚式にはないメリットが多くあるといわれています。会費制結婚式の特徴などを知ることによって、「自分たちには会費制で結婚式を行うほうがが向いている」などと判断することができるでしょう。会費制結婚式を行う場合は、メリットや注意点などについてしっかりと把握しておくことが大切です。この記事では、会費制結婚式の特徴やメリット・デメリットなどについて詳しく解説していきます。

 

人気の会費制の結婚式・披露宴とは?


会費制の結婚式や披露宴とは、ゲストにあらかじめ決めておいた一定額の会費を支払ってもらうことによって行われる結婚式・披露宴のことをいいます。
そのため、日本で伝統的に行われているような、ご祝儀を受け取る結婚式・披露宴とは、新郎新婦もゲストも心持ちが異なるといえるでしょう。
会費制の結婚式の場合はゲストから会費をもらっているため、改めてご祝儀をもらうことはありません。
ただ、ゲストのなかには、会費制結婚式とわかっていてもご祝儀を用意している人も見られます。このようなケースでは、渡されたご祝儀を断るのも失礼にあたる可能性があります。
そのため、結婚式当日はいったんご祝儀を受け取るようにしましょう。そして、後日お礼としてプレゼントなどを用意すると良いでしょう。
また、ご祝儀制の結婚式の場合は、引出物を用意します。ご祝儀制の結婚式でゲストに渡す引出物は、披露宴の飲食にかかる費用のおよそ3分の1を相場の目安としておくことがポイントです。
たとえば、披露宴の料理や飲み物の金額が、ひとりあたり15000円程度かかっているとします。すると、ご祝儀制の結婚式で用意する引出物の相場は、5000円程度ということになります。
一般的な結婚式・披露宴では、引き出物として5000円程度の品物を用意するケースがほとんどです。ただし、用意する引出物の数などは地域によって差が見られるため、家族やプランナーに相談するなどしておくと安心です。
一方、会費制の結婚式・披露宴の場合は、ご祝儀制のときのように飲食代の3分の1程度の費用の引出物を用意するケースはほとんどありません。
会費制の結婚式では、10002000円程度の引菓子やプチギフトのみを用意する新郎新婦が多く見られます。
引菓子やプチギフトを用意することで、ゲストに幸せのおすそわけをしたいと考えるのであれば、お菓子やバスソルト、食器などを用意してみましょう。
会費制の結婚式・披露宴の場合は、ご祝儀制に比べるとカジュアルな雰囲気になります。ただ、その分会費制の結婚式のほうが内容の自由度が高いという点が特徴です。
加えて、「日本で行われる結婚式はご祝儀制が一般的」と思っている人はたくさんいます。しかし、北海道のように、もともと会費制の結婚式が一般的な地域もあります。
結婚式の形式について悩んだときには、新郎新婦だけでなくご家族の意向も考慮しながら、「ご祝儀制、会費制のどちらにするか」について決めるようにしましょう。

 

会費制結婚式を選ぶメリット4


結婚式をしようと考えている新郎新婦のなかには、「会費制にしようか、ご祝儀制にしようか」という点で迷っている人が見られます。
会費制の結婚式・披露宴にはいくつかのメリットがあります。ここでは、会費制結婚式のメリットを具体的に4つ紹介していきます。

 

ゲストの負担を減らすことができる


会費制で結婚式や披露宴を行うと、ゲストの負担を軽減することができます。
一般的に、ご祝儀制の結婚式の場合、ゲストは23万円程度を包むのが平均的といわれています。23万円という金額は、ゲストによっては大きな負担となっているケースもあるのです。
加えて、ゲストのなかには「ご祝儀としていくら包めば良いのか悩む」という人も見られます。
結婚式に出席するゲストのなかに友人や同僚などの知り合いがいなければ、ご祝儀の金額について相談することもできず、悩みこんでしまう可能性もあるでしょう。
一方、会費制の結婚式では、1万円前後の会費を設定しているケースがほとんどです。
このように、会費制結婚式の場合はゲストの費用負担が半分以下となるため、ゲストの金銭的な負担を軽減することができるといえます。
1万円前後の会費であれば、「費用負担が大きい」と思われがちな結婚式でも、「お祝いしてあげたい」と気軽に出席してもらえるケースも多いでしょう。
また、会費制結婚式は会費が一律であることから、ゲストが出す会費の金額で悩まなくて済むというメリットもあります。
費用負担の面において、会費制結婚式はゲストに寄り添ったものといえます。

 

たくさんのゲストを招待できる


結婚式を行う新郎新婦のなかには、「たくさんのゲストを招待したい」と考えている人もいるでしょう。

ゲストを招待するにあたって、友人や同僚などに声をかけていると、どんどん人数が増えていってしまう可能性があります。

会費制結婚式をする場合は、ゲストの人数に合わせて会場を選べる点がメリットです。

たとえば、会費制の結婚式で大勢のゲストを招待したいと考えているなら、ゲストハウスやホテルなどのように広めの会場で結婚式をすることも可能です。

ゲストハウスやホテルなどで結婚式を行うのであれば、従来のご祝儀制の結婚式・披露宴のように、会場の広さで招待するゲストの人数を無理やり絞らなくて済むという特徴があります。

このように、会費制結婚式では、ゲストの人数に応じて会場やパーティーの形式を決めることができるという点が大きなメリットのひとつといえるでしょう。

また、会費制の結婚式では、1万円前後が会費の目安となっているため、金銭的にもゲストにあまり負担をかける心配がないという点も特徴のひとつです。

会費制で結婚式に関しては、レストランなどで行われるというイメージが持たれがちです。

しかし、ゲストの人数によっては、レストランなどの施設内に収まりきらない可能性もあるため、会費制結婚式の会場選びをする際には、ゲストを無理なく収容できるかどうかもしっかりと考慮することが求められます。

 

準備に必要な時間・手間が少ない


会費制結婚式は、ゲストだけでなく新郎新婦側の負担も減らすことができます。
一般的な結婚式を行う場合、準備をするのは主役である新郎新婦です。結婚式の準備については、およそ6カ月前から始める新郎新婦が多く見られます。
準備の内容は、会場選びや衣裳選び、引出物の準備などさまざまです。これを短期間で行わなければならないとなると、結婚式の準備そのものを大きな負担と感じる新郎新婦も少なくありません。
ただ、新郎新婦によっては「余裕を持って準備をしたい」や「手作りアイテムにこだわりたい」などと考えるケースも多く、結婚式の準備にさらに時間をかけることもめずらしくありません。
しかし、「仕事がいそがしい」や「新郎新婦がはなれて暮らしている」などの事情があると、結婚式の準備に時間をかけること自体が難しくなってくるでしょう。
会費制の結婚式では、従来の結婚式で行われているような引出物選びやペーパーアイテム作成などの手間が少なくて済みます。
そのため、通常の結婚式・披露宴よりも、準備が大幅に楽になります。加えて、準備にかかる時間や手間が少なくて結婚式ができる会費制結婚式なら、急にパーティーを開くことになっても対応しやすいといえるでしょう。
たとえば、授かり婚などで結婚式の準備に時間をかけることができない新郎新婦の場合は、会費制の結婚式も視野に入れておくと良いでしょう。

 

自己負担分や予算の総額が把握しやすい


結婚式を行うときには、費用面も気になるところです。従来のご祝儀制の結婚式を行った場合、会費制結婚式をしたときよりも高額のご祝儀を受け取ることになります。
そのため、「結婚式・披露宴にかかった費用は、ご祝儀ですべてまかなうことができるのではないか」と考える新郎新婦も少なくありません。
しかし、一般的な規模の結婚式をした場合、ご祝儀のみですべてをカバーすることは難しいのが現状です。
ご祝儀にはある程度の相場はあるものの、「必ず○○円包まなければならない」などの決まりはありません。したがって、「予想していたご祝儀の金額よりも少なかった」ということも実際には見られます。
結婚式にかかった費用で、ご祝儀などでまかなえなかったものに関しては自己負担となります。両親からの援助が見込める新郎新婦の場合には、結婚式の費用負担は軽くなる可能性もあるでしょう。
しかし、両親からの援助がまったくなかったり、ご祝儀の金額が思ったよりも少なかったりした場合には、大きな出費として新郎新婦にのしかかってくる恐れがあります。
そうしたことから、会費制結婚式をする場合は、金銭面でのメリットも大きいといえるでしょう。会費制結婚式の場合、参加人数がはっきりとわかっていれば、事前に会費がいくら集まるのかもほぼ正確に把握できます。
そのため、結婚式の予算も立てやすくなり、自己負担額もあらかじめ把握できるというメリットがあります。加えて、引出物などの出費も会費制結婚式にはないことから、全体的な予算を抑えることも可能です。
予算の総額や自己負担分などをしっかりと押さえたうえで、結婚式の計画を立てることが可能となります。

 

デメリットもある?会費制結婚式の注意点


たくさんのメリットがある会費制結婚式ですが、デメリットも見られます。
まず、会費制結婚式の場合は、ご祝儀制の結婚式よりもカジュアルな雰囲気の挙式やパーティーになる傾向があります。
そのため、ゲストの顔ぶれや年齢層などによっては、会費制の結婚式は不向きな場合があります。
会社の上司など目上の人や親族にとっては、ご祝儀制の結婚式のほうが馴染みがある可能性も高いでしょう。
会費制結婚式をするなら、招待するゲストによっては、カジュアルすぎない結婚式になるように配慮が必要といえます。
会費制結婚式では、会費に合わせて料理や飲み物を選びます。
会費制結婚式の料理の提供スタイルは、従来の披露宴のように着席でコース料理を提供するだけでなく、立食ビュッフェや着席ビュッフェのように選択肢がいくつかあります。
料理の提供スタイルで悩んだときは、予算だけでなく、ゲストの顔ぶれもしっかりと考慮したうえで決定することがポイントです。
ただ、会費制結婚式の場合は、予算も限られているケースが多いことから、おもてなしに予算をかけるのが難しくなる可能性があります。
たとえば、会費制の結婚式で料理のランクを落としすぎてしまうと、ゲストにがっかりされる恐れもあるでしょう。
しかし、ゲストに満足してもらおうと思ってあまりにも豪華なおもてなしをしてしまうと、会費制の結婚式でも予想以上に費用がかかってしまうケースもあります。
会費の設定金額によっては、自己負担額が増える可能性もあるため注意しましょう。

 

会費制結婚式が向いている場合とは?


会費制結婚式が向いている場合を把握しておき、会費制結婚式の計画を立てていきましょう。
まず、家族婚で挙式・披露宴はすでに済ませており、結婚パーティーを別に開くようなケースでは、会費制の結婚式が適しています。
たとえば、教会や神社などで家族婚をしている場合には、比較的少人数で、友人や同僚などを招待していないケースがほとんどです。
家族婚とは別の日に、大人数で結婚パーティーをするなら、準備に時間がかからない会費制結婚式が良いでしょう。
次に、海外挙式を計画している場合も、地元で会費制結婚式を計画する新郎新婦は多く見られます。
海外で挙式を行っている新郎新婦のなかには、新婚旅行を兼ねている人もいます。そのため、海外で挙式や食事会のみを簡単に行うケースもめずらしくありません。
帰国した後にお披露目も兼ねて会費制の結婚パーティーを行うとゲストにも喜ばれます。
また、自分たちらしい挙式をしたい場合も会費制結婚式が向いています。伝統にとらわれない会費制結婚式は、アットホームでゲストとの距離が近いという点が特徴です。
したがって、和やかな雰囲気で結婚式を行いたいと考えるなら、会費制結婚式を検討してみましょう。

 

ケースバイケースで選ぶのがおすすめ


会費制とご祝儀制の結婚式には、それぞれ違った良さがあります。そのため、結婚式のスタイルで悩んだときには、ケースバイケースで選ぶのがポイントです。
自分たちのライフスタイルやゲストの顔ぶれに合ったスタイルを選ぶことができれば、新郎新婦だけでなくゲストも満足度の高い結婚式となるでしょう。
会費制結婚式をしようと考えているなら、会費制結婚式のメリット・デメリットを把握したうえでおもてなしの内容などについて計画し、素敵な結婚式を実現しましょう。