ホーム 準備 -prepare- 挙式の種類によって流れは違...

挙式の種類によって流れは違うの?〜挙式スタイル編〜

95
0
シェア

挙式といっても、キリスト教式や神前式などさまざまな種類があります。これらのスタイルのなかからどの挙式の種類を選ぶかによって、当日の流れは大きく変わってきます。挙式の種類ごとの違いを押さえておき、演出などを考えるときの参考にしましょう。ここでは、キリスト教式・神前式・人前式の挙式の流れについてそれぞれ解説していきます。

 

チャペルで行うキリスト教式の挙式の流れ


キリスト教式の挙式に関しては、チャペルで行われるのが一般的です。キリスト教式の挙式は多くの花嫁の憧れでもあり、人気の高い挙式スタイルといえるでしょう。
ホテルや専門式場にチャペルが併設されていることも多いため、キリスト教式の挙式はだれでも気軽に行うことができる点も大きな魅力です。
キリスト教式の挙式では、新郎新婦の入場にはじまり、結婚の誓約、結婚指輪の交換という流れで行われます。これらの次に行われる結婚宣言では、新郎新婦が手を重ね、その上に牧師が手を置いて祈祷を捧げます。
そして、新郎新婦が退場し、挙式後にはフラワーシャワーなどによる演出が行われるという流れが一般的な流れといえるでしょう。

 

日本伝統の神前式による挙式の流れ


「結婚式では和装を着てみたい」という花嫁や、日本伝統の儀式に憧れている人には、神前式が支持されています。神前式は神社で行われるだけでなく、ホテルや専門式場に併設された神殿で挙式を行うことも可能です。
神前式の主な流れとして、まずは神職と巫女に導かれて、新郎新婦や両家の親、親族の順に本殿に向かう参進の儀からはじまり、新郎新婦入場が行われます。次に、お祓い、祝詞、三三九度、指輪の交換、親族盃の儀などがあります。
これらの儀を行うことは、夫婦の幸せが永遠に続くようにとの願いの表れともいえるでしょう。そして、最後に新郎新婦が退場します。その後は神殿の前などで集合写真を撮影するケースが多い傾向です。

 

新しいスタイル!人前式による挙式の流れ


人前式は、ゲストに結婚の証人になってもらうという新しいスタイルの挙式です。また、人前式には宗教色がないため、挙式の自由度が高いという特徴があります。
人前式は、新郎新婦の入場、誓いの言葉、結婚指輪の交換、結婚誓約書にサインする、フラワーシャワーなどの演出という流れで行われるのが一般的です。
ただ、人前式には式次第に決まりがないことから、ゲストも参加できる演出を取り入れるなど、挙式の演出などは新郎新婦の希望によって作り上げることもできるでしょう。
加えて、アットホームな雰囲気が作れるという点も人前式の魅力であるため、オリジナルの結婚式を挙げたいというカップルにはおすすめの挙式スタイルといえます。