ホーム 準備 -prepare- 結婚式は自分達らしく!おし...

結婚式は自分達らしく!おしゃれなテーブルコーディネートのコツ

55
0
シェア

結婚式を迎える2人にとっては、大勢のゲストを迎える席をどう演出するかはとても大事な準備になります。せっかくたくさんの人が集まってくれるのだから、自分たちらしくもてなしたいと思うでしょう。そこで、この記事では、結婚式のテーブルコーディネートをどうするか悩んでいるカップルを対象に、おしゃれなテーブルコーディネートのコツを解説します。

 

結婚式のテーブルコーディネートで意識したいこと


ここではまず、結婚式におけるテーブルコーディネートで意識したいことを紹介します。テーブルコーディネートとはどのようなものか、どんな点に気をつけてセッティングすればよいのかについて正しく知っておきましょう

 

感謝の気持ちを表す

結婚式におけるテーブルコーディネートで意識したいのは、テーブルを美しく演出するのはゲストに感謝の気持ちを表すためだということです
2人にとってはハレの舞台である結婚式ですから、テーブルコーディネートは会場に華やぎを添えるという役割ももちろんあります。
しかし、それ以上に、参列してくれたゲストに「ありがとう」を伝え、もてなすためのものでもあるのです。 結婚式では見栄えも大切ですが、ゲストへの感謝の気持ちをテーブルコーディネートで表すことも重要です。
両親や親族、職場関係の人、友人など、それぞれの顔を思い浮かべながら、心を込めてコーディネートを考えるとアイデアが浮かびやすくなります

 

ゲストに楽しんでもらう

また、結婚式におけるテーブルコーディネートを考える際には、ゲストに楽しんでもらう気持ちを持つことも大事です
せっかく結婚式に大勢の人が集まってくれるのですから、思い出に残るような楽しいひとときを過ごしてもらいたいものです。
結婚式や披露宴では、ゲストに楽しんでもらって、ずっと記憶に残るようなテーブルコーディネートがおすすめです。食事がおいしく見えるコーディネートを工夫したり、思わず話題にしてしまいたくなるようなステキな演出をしてみたり、明るく会話が弾むようなテーブルコーディネートを考えてみましょう。
ゲストが喜ぶ顔を想像しながら、どうすれば最大限のおもてなしができるのか、2人で相談するとよいのではないでしょうか

 

結婚式のテーブルコーディネートを考える際のコツ


晴れやかな場にふさわしい華やかさがあり、ゲストに楽しんでもらえるようなコーディネートにするためには、具体的にどのような点に気をつければよいのでしょうか、ここでは、結婚式のテーブルコーディネートを考える際のコツを解説します。

 

結婚式のテーマを決める

テーブルコーディネートを考える際には、まず結婚式のテーマについて決めることが大切です。テーマといっても堅苦しく考えることはありません。
結婚式をゴージャスにしたいのか、シンプルにしたいのか、キュートにしたいのか、どのような雰囲気にしたいかを考えてみましょう。あくまで全体のテーマですから、ざっくりとしたイメージで構いません。
清楚で可憐なイメージにしたい人もいれば、シンプルで上品なイメージにしたい人も、ゴージャスな雰囲気に仕上げたい人もいるでしょう。
それぞれの雰囲気に合わせたテーブルコーディネートがあるので、まずテーマを決定することで、テーブルコーディネートの方向性が見えてきます

 

披露宴のお色直しの衣装とあわせる

テーブルコーディネートのコツとしては、衣装とテーブルコーディネートの色やテーマをあわせることがあげられます
こうしたいというテーマがなかなか思い浮かばないこともあるかもしれません。そんなときは、披露宴のお色直しの衣装とテーブルコーディネートを合わせてみましょう。衣装とテーブルコーディネートの調和が取れて、ドレスを美しく引き立ててくれます。
披露宴のお色直しで着る衣装は、新婦に似合うデザインや色使いになることが想定されます。この衣装にテーブルコーディネートの色使いも合わせることで、新婦の姿もいっそう美しく見えることでしょう
もし、衣装と同系色にすることで新婦の印象が薄くなってしまうような場合には、衣装の反対色や補色を使うのもおすすめです。
たとえば、ピンクの衣装を着る場合に、テーブルコーディネートもピンク系にしてしまうと、新婦の衣装の印象がぼやけてしまうので、グリーンなどを使うと、衣装もテーブルコーディネートもともに映えるでしょう。

 

会場の雰囲気とあわせる

テーブルコーディネートを会場の雰囲気とあわせるのも一つのコツです。結婚式を行うホテル、レストランなど、会場の格や雰囲気にあわせると失敗が少なくなります。
テーブルコーディネートは、あくまで会場の一部なので、その場にふさわしいデザインにすることが大事です。 たとえば、レストランウェディングならナチュラルなコーディネートや多少カジュアルなコーディネートでも大丈夫です
シックでモダンな印象のレストランを使うなら、大人っぽいシンプルなテーブルコーディネートがよく似合うでしょう。
逆に、格式の高いホテルならゴージャスやエレガントな雰囲気にすると、会場とテーブルコーディネートに違和感が出ません。 コーディネートの雰囲気は小物づかいによっても変わってきます。
リボンをたくさん使えば可愛らしい印象になりますし、キャンドルホルダーやナフキンリングなどにかっちりした硬いものを使えば、正統派で高級感のあるコーディネートになるでしょう。コーディネートする際に大事なのは、会場やカップルの衣装なども含めた、トータルバランスです
コーディネートを考えるときは、個々の要素に注目しすぎないで、ときどき全体のイメージをチェックしてみることをおすすめします

 

季節感を出す

デザインに季節感を出すことも、ステキなテーブルコーディネートにするコツの一つです。結婚式の季節にあわせたアレンジをあれこれ考えてみましょう。
春の結婚式ならパステルカラーのピンクやグリーンを使ったアレンジにすると、カップルの門出にふさわしい爽やかで明るいテーブルコーディネートになります。
夏の結婚式なら海や青空を想定させる青や貝殻モチーフを取り入れると、元気で清々しいテーブルコーディネートが完成します。
秋の結婚式ならアースカラーやワインレッドでテーブルコーディネートを統一すると、大人っぽく落ちついた雰囲気です。
冬の結婚式なら、白を基調にして雪モチーフを使ったテーブルコーディネートにすると、神秘的な印象が演出できます。