ホーム 準備 -prepare- 結婚式のムービーは自作でき...

結婚式のムービーは自作できる?簡単な作り方とおすすめソフト

43
0
シェア

結婚する2人にとって、結婚式は思い出に残るイベントの一つです。とはいえ、結婚式は何かと費用がかかってしまうので、手作りアイテムで費用をできるだけ抑えようと考えるカップルも少なくありません。自作ムービーも業者に頼むとなればコストがかかってしまうので、自分たちで作り上げるケースも増えています。パソコンと専用ソフトがあれば簡単に自作できるので、興味がある人はリサーチしてみると良いでしょう。そこで今回は、自作ムービーを作る際に便利なオススメソフトや注意事項について詳しく紹介していきます。

 

ムービー作りに必要なものは?


ムービーを自作するためには、まずは事前に準備を済ませておくことがポイントです。ソフトと素材がなくてはムービー作りを始めることはできません。
ここでは、スムーズなムービー作りに欠かせないアイテムについて説明していきます。

 

ソフト

ムービーを作るために必要なものの一つがソフトです。動画編集の操作が簡単で初心者でも使いやすいソフトがたくさんあります。操作のしやすさや編集のクオリティーなど、ニーズに合わせて使いやすいものを選ぶと良いでしょう

 

素材

ムービーには音楽や写真など編集に使うための素材が必要になります。また、タイトルの文字やエフェクトなどの素材も準備しておきましょう。2人の思い出の曲を入れたり定番のウェディングソングを組み入れたりするのも一つの方法です。初心者には難しい文字タイトルやエフェクトは、素材サイトを利用して集めることもできます

 

オススメ無料ソフト5選!


さまざまなソフトがあるので、どれを選べばいいのか悩んでしまう人も少なくありません。
失敗しないソフト選びのためには、まず使用しているパソコンのOSに適応しているかどうかチェックすることがポイントです。適応していないと正しく作動しないこともあるので、きちんと確認してから選びましょう。
高性能なプロ仕様の有料ソフトもありますが、初心者が使うのであればシンプルで扱いやすい無料ソフトがオススメです
無料ソフトは比較的操作性が良く初心者でも気軽に利用できるというメリットがあります。
一方で、無料ゆえのデメリットがあるケースもあるので、正しく理解しておくことが大切です。ここからは、初心者でも扱いやすい無料の動画編集ソフトをチェックしていきましょう。

 

 iMovie(アイムービー)

このソフトはMac対応で、iPhoneやiPadでも編集作業ができてパソコンで仕上げることも可能です。
オリジナルのテンプレートをはじめ、映画の予告編のようなドラマチックなテンプレートも数種類用意されています。構成に悩むことなくスムーズにムービーを作成できるのが魅力です
テンプレートを使用して簡単にムービー作りをしたい人にオススメのソフトといえるでしょう。ただし、機能性が高いものの使いこなすにはコツが必要です。

 

Windowsムービーメーカー

Windows対応なので、操作性が良く初心者でも視覚的にわかりやすいというメリットがあります。
ドラッグアンドドロップで簡単に動画を繋げたりカットしたりできるため、気軽にムービー作成を始めることができるでしょう
出力はMP4かWMVフォーマットのみで書き込みはDVDだけです。編集作業が限られているので、こだわったムービーを作りたい人には物足りなく感じることもあるでしょう。
また、サポートが終了しているため、新規の入手はできません。すでにパソコンにソフトが入っている場合のみムービー作成が可能です。

 

jahshaka(ジャーシャカ)

OS関係なく使用できるオープンソースという点がこのソフトの特徴です。オリジナルのアニメーションやエフェクト設定もできます。
3Dデータの読み込みもできるので、編集の幅がグッと広がるだけでなく、凝ったムービーに仕上げることができるでしょう。
一方で、操作方法がわかりにくく初心者には扱いが難しく感じることもあります。さらに、オープンソースなのでシステムが不安定になることもあるため理解が必要です。
開発が終了していてバージョンアップはありませんが、オリジナリティのある本格的な動画を作りたい人にはうってつけのソフトといえます

 

WAX(ワックス)

エフェクトが豊富で自分たちらしさが演出できるムービーが作れるソフトです。
OS関係なく使用可能なオープンソースであるため、パソコンの種類を選ばずに使えるのが大きな魅力です
しかし、高性能であるというメリットがある一方で、英語版しかなく日本語フォントが使えないというデメリットもあります。また、オープンソースゆえに安定性が若干悪いのもマイナス要素です。
英語に問題がなく本格的な動画作成をしたい人にオススメのソフトといえるでしょう。

 

VideoPad(ビデオパッド)

「jahshaka(ジャーシャカ)」「WAX(ワックス)」と同様に、オープンソースであるためOS関係なく使用できます。
Webカメラで映像を取り込めたりひとつの画面で編集作業をすべておこなえたり、操作性に優れているのが特徴です。
エフェクトの設定や音楽、ナレーションも追加できるので、本格的な動画を作りたい人に人気があります
360度動画の編集にも対応しているのが、他にはない魅力といえるでしょう。
ただし、テンプレートがないというデメリットもあります。ソフトは無料ですが、出力には8000円前後かかるのが特徴です。