ホーム 準備 -prepare- ムービーを作るときのコツを...

ムービーを作るときのコツをご紹介!

53
0
シェア

ムービーを作るといっても、どんなことに注意して作ればいいのか悩んでしまう人も少なくありません。せっかくムービーを自作するなら、失敗することなく満足度の高い仕上がりを目指しましょう。ここでは、初心者でもスムーズに結婚式ムービーを作るためのコツを紹介します。

 

結婚式のムービーに適した長さとは?


ムービーの長さによって見る人の印象も大きく変わってきます。長すぎるとゲストが飽きてしまったり式の進行に影響したりすることも考えられるでしょう。
ムービーの長さは、BGM1曲分の5分くらいが目安です。長くても10分以内に収めると見る側も飽きることなく楽しむことができます
また、上映できる長さは結婚式場によって異なることを知っておきましょう。あらかじめ会場の担当者にムービー上映に使える時間を確認しておく必要があります。
ムービーに欠かせない写真ですが、1枚につき10秒前後がオススメです。その際、写真のコメントが長すぎると読み切れない可能性もあるので注意しましょう
写真を眺める時間とコメントを読む時間を考えながら時間配分することがポイントです。

 

結婚式で自作ムービーを上映するときの注意点


自作の場合、出来上がったムービーを部屋やパソコンで見るのと会場で上映するのとでは印象が変わってしまうこともあります。
画面の大きさや音量がまったく違うので、大きな画面で見ると思いのほか画像が荒かったりテロップが小さくて読みにくかったりすることもあるでしょう
また、広い会場だと音量が小さすぎて聞き取りにくいこともあります。 完成したムービーをぶっつけ本番で上映するのではなく、結婚式を迎える前に試験上映させてもらうと安心です
ゲストが見やすいように席次や上映するスクリーンの場所を工夫するのもオススメです。

 

結婚式の自作ムービー作りのアイディア


ムービーと一言でいっても、どんな場面で使うかによって内容や構成も変わってきます。どのタイミングで上映するのかを考えながら、思い出に残るムービーを作りましょう。ここからは、ムービーの種類別に特徴やオススメアイディアを紹介していきます。

 

オープニングムービー

新郎新婦が入場する前に流すのがオープニングムービーです。2人の生い立ちや結婚に至るまでの馴れ初めがわかるようなムービーに仕上げると良いでしょう
結婚式の準備をしている様子や前撮りの状況や写真を入れることで、結婚式を迎えるまでの2人の気持ちやうれしさを伝えることができます
さらに、ゲストに向けて来場の感謝を伝えるメッセージを入れるのも素敵ですね。

 

両親へのメッセージムービー

結婚式のなかで、両親へ花束を渡したり手紙を読んだりする場面があります。このタイミングで両親への感謝のメッセージを伝えるムービーを上映することで、思い出を振り返ったりこれからの新しい生活に対する抱負を伝えたりすることができるでしょう。
普段は直接言えない気持ちをムービーに託して伝えるのも一つの方法です。サプライズとしてムービーを上映してびっくりさせてみてはいかがでしょうか。

 

生い立ちムービー

生い立ちムービーとは、新郎新婦がお色直しで席を立っている間に上映するケースが多く見られます。
新郎と新婦がそれぞれどのように成長してきたのか、子どもの頃を写真やエピソードを交えながら構成していくと良いでしょう
2人の出会いを再現ドラマ風にするスタイルも人気があります。ただし、再現ドラマ風の演出は会場が盛り上がるので、友人の余興で同じような内容を考えていないか確認しておくことが大切です。

 

エンドロールムービー

エンドロールムービーは、新郎新婦が退室した後で流すのが一般的です。足を運んでくれたゲストへの感謝の気持ちを表す内容を心がけましょう。
ゲストの名前を映画のエンドロール風に紹介するのもおしゃれです。さらに、新郎新婦両家の家族に協力してもらってコメントを入れるのもオススメです。結婚式の締めくくりにぴったりのムービーといえるでしょう。

 

結婚式のムービーは業者に注文するという方法も


いざ自分たちでムービーを作ろうと決めても、実際に他の結婚式準備と同時進行で進めていくのはむずかしい場合もあります。
自作にこだわるがあまり、寝不足になってしまったり別の準備がおろそかになったりしては本末転倒です。一生に一度の結婚式だからこそいろいろなことを自分たちでやりたいと思う新郎新婦は大勢います
しかし、思うように時間が取れなくなることもあるので、十分な時間が取れないと判断した場合は無理をせずに業者に注文するのも一つの方法です
どのようなイメージでムービーを作りたいのか、業者はしっかりリサーチしてからムービーを制作してくれます。コストは自作に比べると高くなってしまいますが、そのぶんクオリティの高い映像に仕上がることでしょう。

 

結婚式のムービーを業者に頼んだ場合の金額相場は?


プロに頼むとなると、やはり費用が気になってしまう人がほとんどです。業者によってムービー作成にかかる費用には差がありますが、10万円前後が相場となっています
ムービー制作の業者は数が多いので、料金だけでなくサービス内容や口コミを参考に信頼できるところに依頼することがポイントです。
利用する結婚式場によっては、すでにプランに含まれていることもあるので、事前にチェックしておきましょう。
また、割引が適用されて無料になることもあるので、担当者に相談してみることも大切です。

結婚式の自作ムービー作りは後悔のない選択を


ムービーを自作することで、オリジナリティを出しつつ安く済ませられるというメリットがあります。
一方で、5分ほどのムービーでも実際に作るとなると素材集めから編集まで多くの時間を要します。メリットだけでなく手間がかかるというデメリットも理解した上でムービーをどうするか検討しましょう
結婚式までの期間や作業時間を考慮して、自作にするか業者に依頼するかを決める必要があります。一生に一度の結婚式だからこそ、後悔のない選択をしましょう。