ホーム 準備 -prepare- 挙式の種類によって流れは違...

挙式の種類によって流れは違うの?〜披露宴編〜

71
0
シェア

「結婚式当日のメインは披露宴」と考えている新郎新婦やゲストは多いでしょう。披露宴の流れやプログラムに関しては、何度も打ち合わせを行っている新郎新婦も多いため、披露宴では「2人らしさ」をうまく演出していきたいものです。ただ、何度打ち合わせを行っても、披露宴についてなかなかイメージすることができないという人はたくさんいます。披露宴の具体的な流れについて把握しておき、結婚式を楽しみましょう。

 

披露宴の前半の流れには何がある?


披露宴の前半では、司会者が「新郎新婦入場」と合図をすると、BGMとともに新郎新婦が入場し、ここから披露宴が進行していきます。
新郎新婦が着席したら、開宴のあいさつや新郎新婦紹介などに移ります。そして、次に予定されている主賓の祝辞では、新郎側の主賓、新婦側の主賓の順にあいさつが行われるのが一般的な流れです。主賓が登場したら、新郎新婦は起立するのがマナーと心得ておきましょう。
次に、来賓の代表がひとこと乾杯の発声をし、ケーキ入刀に移ります。新郎新婦が一緒にウェディングケーキに入刀するプログラムは、ゲストにもとても人気です。ケーキ入刀の後にはファーストバイトが行われることも多く、ケーキ入刀とファーストバイトは披露宴を盛り上げるうえで非常に効果的な演出といえるでしょう。
その後は、しばらくの間、食事・歓談という流れになるのが一般的です。このときには友人のスピーチが行われ、新郎側と新婦側の友人に交互に話をしてもらいます。また、お色直しがある場合は、食事・歓談のタイミングで新婦が退場します。少し間をおいて新郎が退場するのが、披露宴でよく見られる流れといえるでしょう。
新郎新婦がお色直しで退場するときには、親や家族などがエスコートする演出が取り入れられることもよく見られます。

 

披露宴後半はクライマックスに向かう流れ!


披露宴の後半では、一気にクライマックスに向かっていく流れを把握しておきましょう。まず、披露宴の前半でお色直しをした場合は、新郎新婦が再入場してきます。そして、その流れのまま新郎新婦によるテーブルラウンドやキャンドルサービスなどの演出が行われるのが一般的な流れです。
次に、ゲストによる祝辞や余興が行われます。余興に関しては、新郎側・新婦側1組ずつを目安として進行していくケースが多く見られます。余興で行われる内容は、ダンスや歌などさまざまです。 そして、両親への手紙や花束贈呈に移ります。花嫁から親にあてた手紙を読み終えたら親のところまで移動して、記念品や花束を渡しましょう。このとき、両親は下座に並んで立って、娘が手紙を読むのを聞き、その後に記念品と花束を受け取ります。
最後に、両家代表あいさつ、新郎謝辞、見送りという流れが一般的です。両家代表のあいさつでは、両家を代表して、新郎の父親が謝辞を述べるケースが多く見られます。ただ、両家代表のあいさつを述べる人に関してはパターンが多様化しているため、両家で事前に話をしておくことが大切です。
また、見送りでは、新郎新婦だけでなく両家の親も会場の外で並び、ゲストを見送りましょう。

 

披露宴の流れで気をつけたいポイントは?


披露宴の流れで気をつけるべきポイントはいくつかあるため、新郎新婦は必ずチェックしておきましょう。まず、披露宴の進行は時間が細かく決まられています。そのため、新郎新婦はスムーズに進行できるように配慮することが欠かせません。
具体的には、新郎新婦はゲストへの出迎えのあいさつは軽く済ませるようにしましょう。出迎えのあいさつに時間がかかり過ぎてしまうと、プログラムを押してしまう原因にもなりかねません。また、披露宴でスピーチをする人には、スピーチが長くなり過ぎないように事前にやんわりと伝えておくと良いでしょう。
「スピーチは〇分程度でお願いします」と伝えておくと、スピーチの内容を考えるときの参考にもなります。 次に、流れごとの所要時間の配分に気をつけて、プログラムの工夫をしましょう。たとえば、歓談だけの時間が長過ぎると、ゲストが飽きてしまいます。加えて、ゲスト参加型の演出が多いと、それだけでゲストは疲れてしまうでしょう。
そのため、披露宴の演出については新郎新婦でよく話し合い、ウェディングプランナーや両親にも相談しながら披露宴の流れを時間配分していきましょう。披露宴の時間配分で悩んだら、招待する側もゲストも楽しめるプログラムにするのがポイントです。

 

結婚式の流れは順を追ってスムーズに進めよう!


結婚式までのプロセスは、準備から当日までのひとつひとつの流れが大切です。準備だけでなく、挙式や披露宴の具体的な流れが把握できていなければ、不安を感じてしまうこともあるでしょう。
結婚式の準備をスムーズに進めていくためには、準備から結婚式まで全体の流れをしっかりと見通しながら、余裕を持って準備に取り組んでいく必要があります。
式場選びや準備で悩む前に、この記事を参考にしながら、順を追ってしっかりと相談してスムーズに準備を進めていくと良いでしょう。