ホーム 準備 -prepare- 実はお得に結婚式があげられ...

実はお得に結婚式があげられる!地味婚とはどんなスタイル?

26
0
シェア

地味婚という言葉を聞いたことはあっても、実際のところそれがどんな結婚式なのか知らない人も多いのではないでしょうか。さまざまな結婚式のスタイルがある中で、地味婚は規模を小さめにしたお得な結婚式のひとつです。しかし、実は地味婚の特徴はそれだけではありません。そこで、今回は知っているようで知らない地味婚の特徴やそのメリットなどについて紹介したいと思います。

 

地味婚とは?どんなスタイルの結婚式?


地味婚というと、少人数でこぢんまりとした結婚式を想像する人も多いのではないでしょうか。しかし、実は地味婚について明確に定義されたものはありません。
そのため、親族のみの小規模な結婚式も地味婚ですし、派手な衣裳を控えた結婚式も地味婚だといえます。決まったスタイルや定義があるわけではなく、小規模で簡素なスタイルの結婚式が広く地味婚と呼ばれています。
但し、地味婚ならではの特徴があることは確かです。そのひとつが、地味婚は結婚式の費用を抑えやすいという点です。招待客を少人数にしたり、衣裳をワンピースにしたりなど、シンプルなスタイルを追求するのが地味婚の大きな特徴だといえます。
招待客も少なく、衣裳もシンプルにすれば、その分だけ通常の結婚式よりも費用を削ることができるでしょう。
挙式だけという場合や、カジュアルな披露宴のみといった場合も地味婚と呼ばれることが多いです。親しい友人だけを集めた会費制ウェディングや、挙式や披露宴を挙げずに写真だけを撮るフォトウェディングも地味婚の一種です。
また、結婚式自体のスタイルだけでなく、結納や新婚旅行を行わないことも地味婚のひとつだと考えられています。このように、地味婚とは結婚式のスタイルのみを表すというより、広く結婚についての考え方を示す表現だといえるでしょう。

女性の本音!ドレスや料理にこだわりたい


さまざまな結婚スタイルがある中で、式の規模をなるべく縮小した地味婚を選ぶカップルも増えています。また、そもそも結婚式を挙げないという「ナシ婚」を選択するカップルも多い傾向です。
しかし、とりわけ女性にとってはいつの時代も結婚式があこがれの舞台であることに変わりはありません。実際、どんな結婚式でもできることなら細かいところまでこだわりたいのが女性の本音であるようです。
たとえば、ドレスに対して強いこだわりを持っている女性は少なくありません。中には、ウェディングドレスを着るためだけに結婚式を挙げる女性もいるようです。結婚式の規模は小さくても、ドレスだけは自分にピッタリなデザインにしてみたいと考える女性も多くいます。
一生に一度の晴れの舞台である結婚式は、普段とは異なる衣裳を存分に楽しめる場所です。それだけに、ドレスにだけはこだわりたいと考える女性も多いのでしょう。
また、結婚式はお披露目をするだけでなく、招待客をおもてなしするための場所でもあります。せっかく結婚式を挙げるなら、招待客にはなるべく楽しんでもらいたいというのが本音です。
そのため、料理や引出物にこだわりたいと考える女性も少なくありません。招待客を少なくした代わりに、料理だけは豪華にするという結婚式もいいでしょう。
このように、地味婚というスタイルが流行っていても、やはり本音では結婚式にこだわりを持っている女性は多いと考えておいたほうがよいでしょう。

 

結婚式は一生に一度の大切な思い出


もし、結婚式を挙げたいという思いが少しでもあるなら、なるべく式を挙げる方向で考えていったほうがよいでしょう。今では、入籍だけ済ませて結婚式を挙げないカップルも増えているのが現状です。
しかし、結婚式は一生に一度しかない大切な思い出になります。そのときは結婚式を挙げなくても良いと思っていても、いつか挙げておけば良かったと考えるようになるかもしれません。
もちろん、結婚式は挙げようと思えばいつでも挙げることができます。しかし、若いうちに結婚式を挙げておかないと、式を挙げるハードルはどんどん高くなってしまいます。
夫婦として長く一緒にいれば、いつかは子宝に恵まれることもあるでしょう。ただ、こどもができれば、育児に追われて結婚式どころではなくなってしまうかもしれません。
出産によって体形が変化してしまうこともあるため、式を挙げられたとしてもウェディングドレスがあわないなど、理想通りにはいかないこともありえます。
そのため、結婚式を挙げるなら、なるべく若いうちに実現させておいたほうがおすすめです。たとえ、小規模でも結婚式を挙げておけば、それ自体が大切な思い出になってくれます。こどもが生まれたときも、式を挙げていれば思い出の写真や動画を見せてあげることもできるでしょう。
自分という歴史の中でも、結婚式の思い出はかけがえのないものになります。さまざまなスタイルの結婚式がある中で、そこから自分に合った結婚式を模索することもできます。いつか思い返したときに後悔しないように、結婚式を挙げるかどうかじっくり考えましょう。

 

地味なのは費用だけ!結婚の思いを叶える


結婚式を挙げる際、最もネックになるのは費用の問題です。理想の結婚式を挙げたい気持ちがあっても、費用が重荷となって断念せざるを得ないという人も少なくありません。
しかし、費用だけを抑えながら、結婚の思いを実現する手段はあります。そのためには、結婚式場ごとの費用に関する違いをしっかり理解しておくことが大切です。
結婚式場によっては、式の費用が前払いであることも珍しくありません。しかし、結婚式の費用は、主に招待客のご祝儀から充てることが多いものです。
ご祝儀は結婚式の当日にもらうのが通常であるため、式の前に費用を支払わなくてはいけない場合、そのお金はすべて自己負担で用意しなければなりません。
高額な結婚式の費用を自分で用意するのはとても大変なことです。そのため、費用を抑えて式の内容を縮小することを選ぶ人もいます。
一方、前払いでなく当日払いも可能な結婚式場であれば、もらったご祝儀をそのまま用いることができるので、前払いのみの式場に比べて費用の自己負担の割合はずっと小さくて済みます。
当日払いの結婚式場を選べば、自分の理想に近い形での結婚式も十分に目指せるはずです。もちろん、当日払いが可能であっても、それだけで結婚式の費用が根本的に減るわけではありません。
当日払いの式場を選んでも、なお費用の問題が残るなら、そのときは地味婚についてじっくり考えてみることをおすすめします。
地味婚は決して自分の理想の結婚式を挙げられなくなるわけではありません。費用だけを極力抑えながら、衣裳も豊富で料理にもこだわれる結婚式は挙げられます。
そのためにも、やはり重要なのが式場選びです。結婚式のスタイルは式場によって大きく異なります。自分の理想に適う結婚式場を見つけることができれば、費用だけを抑えてこだわりを持った結婚式を実現することも十分に可能です。

 

まずは資料請求と相談から始めてみよう


結婚式にはさまざまなスタイルがあり、どんな結婚式でもひとつとして同じものはありません。もちろん、式の計画を進める中で式場の用意したプランに従うこともあります。しかし、自分が挙げた結婚式は、自分だけのオリジナルなものです。
たとえ、どんなスタイルであったとして、式を挙げたということ自体に大きな意味があります。それは将来の思い出になるだけでなく、夫婦のきずなを深めてくれるきっかけにもなるもの。
地味婚というスタイルを選んでも、しっかりこだわりを持って式を挙げられれば、きっとかけがえのない晴れの舞台にすることができるはずです。
費用を安く抑えながら、細部にまでこだわった式を挙げるなら、結婚式場について詳しく知っておくことが何より大切です。
まずは、資料請求をしてみて、式場に自分の理想を相談してみましょう。式場の選び方次第では、よりお得に結婚式への思いを実現することができますよ。