ホーム マナー -manners- 夫婦で結婚式に出席する!ご...

夫婦で結婚式に出席する!ご祝儀の相場はいくらくらい?

52
0
シェア

夫婦連名で結婚式の招待状が届いた場合、ご祝儀にいくら包んだら良いのか迷うことが意外と多いのではないでしょうか。自分たちの年齢、ご新郎ご新婦との間柄、結婚式場の格式や披露宴の規模などによっても悩んでしまうこともあるでしょう。そこで、この記事では、夫婦で出席する場合の結婚式のご祝儀の相場について紹介します。

 

まずはおさらい!ご祝儀のマナー


まずは、結婚式でご祝儀を贈る際の基本的なマナーについて解説します。
古来、冠婚葬祭は守るべき基本のマナーがあります。地方の習わしなどにより、多少の違いも見られますが、ここでは全国的に知られている基本のマナーをおさらいしておきましょう。
日本では数字の4は「死」、9は「苦」を連想するため縁起が悪いとされています。病室の部屋番号には4や9の数字が使われていません。マンションの部屋番号や駐車場の区画を示す数字にも使われていないところがあります。
このように人生の節目や何気ない日常でも縁起を担ぐことが多く、結婚の日取りや新居への引っ越しなども大安吉日が縁起が良いとされますよね。
結婚のご祝儀でも例に漏れず、2で割り切れる偶数を避ける傾向にあります。というのも、おふたりが別れるイメージを想起させることによるものです。そのため、ご祝儀の相場は1人当たり3万円が相場となっています。
は言っても、3万円でも2で割ると1万5000円だからきっちり割り切れるだろう、という見方もありますが、この場合はお札の枚数と考えるべきです。つまり1万円が2枚の2万円は簡単に2で分かれ、1万円が3枚の3万円ならば割り切れないという意味になります。
しかし、ご新郎ご新婦がお若く、低予算のアットホームなレストランウェディングで身内にプラスして少数のゲストを招いた内輪の会費制のパーティーのような形式ですとまた事情が変わってきます。
友人として呼ばれたゲストも年齢が若いなら、ご祝儀が2万円でも失礼には当たりません。2という数字が気になるなら、1万円札を1枚と5千円札を2枚、合わせて3枚にして包む方法もあります。
相場が3万円というのは、友人や知人、会社の同僚などの結婚のご祝儀の場合です。兄弟や姉妹の親族に贈るご祝儀は5万円が相場になります。
但し、付き合いの深さや年齢、関係性によっても金額が異なるでしょう。学生や社会人に成り立ての頃ですと、年長の親族に贈るご祝儀を無理して出すこともないと思われます。アンケートでは3万円を贈るケースや10万円という事例もあります。

 

夫婦で出席する場合のご祝儀の相場は?


上記で説明したご祝儀の相場は1人で結婚式に出席する場合の金額です。たとえば、友人の結婚式に3万円を包む場合の考え方として、披露宴の食事代と引出物にかかる1人当たりの料金にプラスしてお祝いを包むというのが基本です。
では、夫婦おふたりで出席する場合のご祝儀相場は、単純に2倍すれば良いかというと、必ずしもそうではありません。というのも、夫婦で出席する場合の引出物は一家に1つの場合であることが多いからです。
現代では選べるカタログギフトも人気ですが、品物で用意することも多く、家族何人かで出席するような場合は、人数分ずつ引出物を用意することはまずありません。
それらを踏まえると、夫婦で出席する場合のご祝儀の相場は5万円が一般的です。4万円では縁起が悪く、6万円では偶数で割り切れてしまうからです。
夫婦で1つの引出物とした場合、やはり5万円が適切でしょう。もし、夫婦それぞれに1つずつの引出物が用意されていた場合は、後日ご祝儀とは別にお祝いの品を贈れば良いでしょう。
親族の結婚式に夫婦で招かれた場合のご祝儀の相場は5~7万円になります。しかし、ご新郎ご新婦と特別に仲が良い場合や自分たちのほうが年上の場合は8~10万円が目安です。

 

包む金額に適したご祝儀袋を選ぼう


包む金額が決まったら、適したご祝儀袋を選ぶ必要があります。中身の金額とご祝儀袋の格が異なると失礼に当たる場合があるため気をつけなければなりません。
ご祝儀袋の種類には中央に結んである「水引」が「蝶結び」のものと、固く結ばれている「結び切り」のものがあります。
どちらもお祝いのための祝儀袋ではあるのですが、どちらでも良いわけではありません。結婚のお祝いに限っては、「10本の結び切り」かつ「のし付き」が正式です。
「のし」とは表面の右上に紅白の折り紙を細長く六角形に折った飾りのことを言います。正しくは「熨斗(のし)あわび」を表しています。縁起の良い海産物であるあわびをお祝いに贈る習わしから現在でも続いているものです。
袋の中央に水平に結んであるものは「水引」と言います。簡単なものでは袋に印刷されているものもあります。水引が蝶結びのご祝儀袋は、何度あってもうれしいお祝いごとに使うものです。蝶結びは何度でもほどいて結び直せるため、結婚のお祝い用には向いていません。
結婚は生涯に一度であることが望ましく、固く結ばれた絆がほどけないように、蝶結び以外の「結び切り」や「あわじ結び」のご祝儀袋に入れるのがマナーです。
しかも、水引の本数は10本のものを使います。通常の5本の水引のものは一般的なお祝いに使い、夫婦おふたりで慶びが重なるよう10本の水引のものを使います。
ご祝儀袋はさまざまなデザインのものがあります。簡素なもの、おしゃれで可愛らしいもの、仰々しいと思うような派手で豪華なものなどがあり、一体どれを選んで良いか迷うのではないでしょうか。
入れる金額が少ないのにご祝儀袋だけが立派では失礼になってしまいます。逆のケースも同様で、金額を多く包むのに簡素なご祝儀袋ではチグハグです。
気心の知れた仲の良い友人や年下の親族なら、おしゃれな現代的アレンジがされたご祝儀袋でも喜ばれるでしょう。しかし、夫婦連名で包む場合の金額と立場や年齢を考えると、カジュアルな印象のものは避け、金額に合った格式の高いご祝儀袋が無難です。
格が高いものは厚みのある紙質やシボ加工された高級和紙などで作られています。パッケージに適した金額の説明が印刷されている商品もあります。迷ったときは売り場の店員さんに尋ねてみると良いでしょう。

 

ご祝儀袋の正しい書き方が知りたい!


正しいご祝儀袋が選べても、間違った書き方をするとすべてが水の泡です。誤った書き方では夫婦揃って恥をかいてしまうため、ご祝儀袋の正しい書き方のマナーも覚えておきましょう。
結婚式の招待状が夫婦連名で届いたはずですので、ご祝儀袋にも夫婦連名で書きましょう。ご祝儀袋の中央よりやや下に縦書きで夫のフルネームを書きます。左側に妻の苗字を省いた名前のみ書きます。楷書で濃い黒で書くのが基本です。
筆ペンは薄墨のものが売られていますが、結婚のお祝いで使うのは厳禁です。薄墨は、悲しみの涙で滲んだという意味で不祝儀用にのみ使うものというマナーがあります。
ご祝儀で書く文字の色は、濃い黒色でハッキリと書くのがマナーです。できれば毛筆か筆ペンで、読みやすい楷書で丁寧に書きましょう。
名前の上側には何と書いたら良いのでしょうか。既に字が印刷されている短冊が入っている場合もあります。結婚のお祝い用には「寿」か「御結婚御祝」と書かれたものを使いましょう。
自分で書く場合も、「寿」や寿の旧字体の「壽」、または「御結婚御祝」として、文字数も奇数にするのが無難です。「結婚御祝」だと4文字になり、縁起が悪いと気にする人もいるためです。
夫婦とともにこどもも一緒に出席するような場合は、代表として夫の名前のみ書くのでも構いません。付属の中袋には、住所と氏名を忘れずに書きましょう。代表者名だけでも連名にしてもどちらでも問題ありません。
外袋を折るときは、裏側の折返しのたたむ順番にも注意が必要です。まず、裏面の上部分を下向きに折ります。次に、下から上に向かって折って重ねます。袋の切れ端が水引よりも上に来ているのが正解です。
逆にすると、悲しみに暮れてうつ向く様子を表す不祝儀袋のたたみ方になるからです。慶事用のご祝儀袋の裏面は、必ず上を向いて幸せを受けられるようにという意味で、上向きにすることを覚えておきましょう。

 

正しいマナーを押さえて夫婦で出席しよう


冠婚葬祭の場では親類縁者が集まることも多く、社会人として「親しき仲にも礼儀あり」で接しなければなりません。
昔から受け継がれるマナーは、それなりに真っ当な理由があるものです。結婚式に夫婦揃って出席する場合でも、さまざまなマナーが要求される場面が多いでしょう。ご祝儀袋もその1つです。
相場の金額に悩むこともあるかもしれませんが、ご新郎ご新婦を心からお祝いする気持ちと最低限の基本的なマナーを守ることが大切です。