ホーム 和装 -kimono- 結婚式の和装に合う髪型の種...

結婚式の和装に合う髪型の種類と特徴

57
0
シェア

 

和装で行う結婚式は、普段通りの髪型ではしっくりこないことがほとんどです。和装には、和装に似合う髪型で全身をまとめる必要があります。ただし、必ずしも日本髪にしなければならないわけでもありません。ここでは、そんな和装結婚式における髪型の種類と特徴を紹介します。

 

結婚式ならではの髪型!文金高島田


和装結婚式といえば、文金高島田が有名ですね。ドラマなどでもよく見かける文金高島田は、和装の代表格といえる髪型ではないでしょうか。
そんな文金高島田は、婚礼用の和装と非常にバランスがよい髪型といえます。その独特の存在感は、結婚式の特別感をより一層演出してくれることでしょう。 ただし、文金高島田を作りあげるには、かなりの髪の長さが必要です。ほとんどの人が地毛で結うのは難しいので、多くの場合でかつらを着用することになります
しかし、かつらはとても重く、サイズが合っていないと必要以上に疲れてしまう原因にもなりかねません。せっかくの結婚式をかつらの重さで台なしにしないためには、試着をしっかり行って自分にぴったりのかつらを見つけることが大切です

 

ヘアスタイリストに相談して地毛結いの日本髪を!


文金高島田への憧れはあるものの、普段から慣れていないかつらをつけるとなると抵抗を感じる人も少なくありません。そんな人は、地毛結いの日本髪がおすすめです
地毛結いの日本髪は文金高島田ほどのボリュームは出ないものの、自然な雰囲気に仕上げることができます。また、肩までの髪の長さがあれば結うことができるので、だれでも挑戦しやすい髪型といえるでしょう
地毛結いの日本髪のメリットは、その人の顔の形に合わせた髪型が作れるという点にあります。そのため、ヘアスタイリストと存分に話し合って、納得できるまでじっくりと髪型を吟味できます。そして、かんざしや前櫛などを使ってもとてもかわいらしい演出が可能です。このように、花嫁それぞれの好みを加味しながら作ることができるのが、地毛結い日本髪の特徴なのです。

 

洋装スタイルで和モダンに!お色直しの時間が短くなる


和装に洋装スタイルの髪型を合わせるのも、モダンで人気の方法です。洋装スタイルの華々しい髪型は、和装をより華やかに演出してくれます。
また、自由で現代らしいモダンな雰囲気と、日本古来の美しさがマッチして、新しい美をかもし出すことが可能です。 花嫁本人にしても、普段からなじみのある洋装スタイルの髪型ならば、髪型に気をとられることなく自分らしい結婚式ができます。
さらに、日本髪では大変時間がかかってしまうお色直しの時間が、洋装スタイルの髪型ならば短くなるというメリットもあります。和装に合わせる洋装スタイルでは、着物の格に負けないようなボリュームのある髪型にすることがポイントです。
ヘアスタイリストと入念に打ち合わせをして、自分にぴったりの髪型を見つけていきましょう。

 

綿帽子と角隠しで和装をおしとやかに着よう!


ウェディングドレスでいうところの、ウェディングベールやティアラは、和装では綿帽子や角隠しとなります。和装をより引き立たせる綿帽子や角隠しは、和装結婚式ではぜひ取り入れていきたいアイテムといえますね。
綿帽子は、挙式で白無垢を着用するときに被るものです。文金高島田に被るのが基本となる綿帽子ですが、洋装スタイルの髪型に合わせた綿帽子もあります。
また、レースが付いていたりデザイン性があったりするものなど、綿帽子にもさまざまな種類が出ています。綿帽子は、挙式のみで着用し、披露宴では外すのが一般的です。 角隠しは、文金高島田の上に被る帯状の白い布のことをいいます。
その由来は諸説いろいろありますが、怒りの象徴である角を隠して嫁入りをすることで、「従順でおしとやかな妻になり夫に従う」と相手側に示す意味がひとつあります。白無垢はもちろん、色打掛や引き振袖にも似合う華のあるアイテムですね。

 

結婚式で和装にするなら覚えておきたい合わせる小物!


和装結婚式では、小物にもしっかりとこだわっていきましょう。白無垢に合わせる小物は、白で統一していくと全体的にまとまります。
色打掛と引き振袖の場合は、着物に合わせて華やかな色合いの小物を合わせましょう。和装小物には、帯に差す懐剣や帯締め、草履、末広(扇子)、箱迫(成人女性の小物入れ)、抱え帯、髪飾り(かんざしなど)があります
これらを有効に使うことで、和装はより魅力的にみせることができますよ。

 

着慣れない結婚式の和装!立ち居振る舞いのポイントは?


普段から着慣れない和装では、立ち居振る舞いのポイントもしっかりとチェックしておくと安心ですよ。結婚式で着用する婚礼衣装は、非常に重さがあります。
さらに、着慣れずに動きにくさも伴うので、事前にある程度練習しておけると良いでしょう。 立ち位置は新郎の左側で、歩くときはあごを引いて背筋を伸ばすように心がけます階段の昇り降りは、体を斜め向きにすると裾を汚さずに移動することができます
また、和装では内股が基本です。細かく内股と意識することで、より美しく歩くことができます。そして、裾の長い和装では、御端折りを持って裾が汚れないように配慮することも大切です。 和装は締めつけが強いので、とても疲れやすいという特徴があります。
しかし、結婚式中はがんばって背筋をまっすぐに伸ばす姿勢をキープするようにしましょう。これだけでも、大変美しい立ち居振る舞いとなるのです。

 

結婚式は和装で美しく!日本の伝統を知るよい機会に


一生に一度の結婚式は、ぜひこのときしか着ることができない和装で美しく飾っていきましょう。和装の婚礼衣装をまとう美しい花嫁姿は、両親にもゲストにも大変印象的になること間違いありません。日本ならではの伝統的な和装を、結婚式という大舞台で多いに活用していきたいものですね。