ホーム 結婚とお金 -money- 結婚式の費用はどうやって捻...

結婚式の費用はどうやって捻出すればいいの?

48
0
シェア

結婚式をあげるには、どうしてもまとまった多額の費用が必要になります。それでは、その結婚式費用はどうやって捻出すればよいのでしょうか。結婚式はゴールではなく、新たな夫婦生活のスタートです。これからに備えて、できるだけ出費を抑えたいという気持ちもあることでしょう。結婚式費用をどのように捻出するかがポイントです。これから具体的な捻出方法をご紹介します。

 

人の貯金を使う


新郎新婦が支払った結婚式費用の平均は190万円ほどです。平均額を聞いて、そんなに貯金がないと不安に思うかもしれません。
しかし、4割ほどは実際に負担した結婚式費用が50万円以下だという調査結果があります。結婚式の内容によっては、少ない自己資金でも十分に対応可能です。

 

親へ援助を頼む


結婚式をあげる際、半数以上は親にいくらか援助してもらっています。
援助してもらった金額は、両家合わせて50万円以下が1番多く、全体の役4割を占めます。親に援助をしてもらった新郎新婦の内、半数以上は援助額100万円以下でした。

 

ご祝儀を充てる


ご祝儀を結婚式費用に充てると、自己資金は少なく済みます。ただし、会場への支払いが前払いの場合はご祝儀をそのまま費用に充てることはできません。
先に結婚式費用を用意する必要があるので、支払のタイミングはしっかり確認しておきましょう。
また、ご祝儀を予算に入れて結婚式費用を考える場合には、ご祝儀の相場をチェックしておく必要があります。
ご祝儀は、親族であれば約6.4万円、上司4万円、友人3万円が相場となります
ただし、ゲストの年齢や地域によって金額は変わってくるので、ひとつの参考値として考えるようにしてください。

 

結婚式費用の払い方は?


結婚式費用は会場にまとめて支払うことになりますが、その支払い方法は会場によって異なります。
3つの支払い方法について紹介しますが、会場で支払い方法が決められている場合もあるので、前もって会場に確認しておきましょう。

 

前払い


支払方法のひとつは、結婚式の前日までに支払いを済ませる前払いです。会場によっては、結婚式の1~2週間前までに支払う必要があることもあります。
支払いのタイミングに合わせて結婚式費用を準備できるように工夫しましょう。

 

当日払い


当日払いは、その名の通り結婚式当日に支払いを行います。支払いのタイミングは披露宴の後であることが主流です。
ただ、披露宴前の支払いの場合、ご祝儀を費用に充てるのが間に合わない可能性が高くなります。支払いのタイミングを確認して、それに合わせて費用を用意しましょう。

 

後払い


後払いは、結婚式の翌日以降に支払う方法です。ご祝儀を結婚式費用に充てようと考えている場合には、1番心強い支払い方法です。
ご祝儀なしでの結婚式費用に不安がある場合は、後払いができる会場を探すのが良いかもしれませんね。