ホーム 結婚式 -party- 結婚式のスタイルは何がいい...

結婚式のスタイルは何がいい?挙式スタイル4つ

711
0
シェア

Fotolia_70337117_Subscription_Monthly_M

挙式と聞くと、どんな式を思い浮かべられるでしょうか?

ウェディングドレスを着て行う、ロマンチックな教会でのキリスト教式の式でしょうか?

それとも、着物を着て行う厳かな雰囲気の神前式の式でしょうか?

海外では、それぞれの信仰に基づいて結婚式のスタイルを決めるものです。

しかし、大らかな日本では、自分たちが希望するスタイルの挙式を行うことができます。

今回は、キリスト教式と神前式、そして仏前式と人前式といった、基本の4つのスタイルの挙式についてご紹介いたします。

挙式スタイルそれぞれに特徴が異なりますから、これから結婚式を挙げる方であれば、ぜひ参考になさってくださいね。

 

人気の高いキリスト教式

img_bible01

日本でも非常に人気の高い挙式スタイルであるキリスト教式は、教会で執り行われるものです。

バージンロードやフラワーシャワー、純白のウェディングドレスを着た新婦とタキシード姿の新郎をすぐにイメージすることができるのではないでしょうか。

式は神父によって祝福され、聖書の言葉を読む場面もあるため、キリスト教を信仰している人々のための式であることは一目瞭然でしょう。

信仰にかかわらず、ただ「ウェディングドレスを着て、バージンロードを歩きたい」という理由から、多くの方がキリスト教式の挙式を行われます。

ホテルや結婚式場にある挙式会場のほとんどが、キリスト教式の式を挙げることができる会場になっていることからも、どれだけ人気が高い挙式スタイルかが伺えるでしょう。

また、チャペルのない会場の場合でも、即席の祭壇を設けて式を執り行うこともあります。

この場合は、屋内外のレストランウェディングや、ガーデンウェディングの場合に当てはまるでしょう。

キリスト教式と一言にいっても、キリスト教には数多くの宗派が存在します。

どの宗派も聖書に沿った話しがなされるとしても、宗派によって儀式が異なる場合があります。

ですから、事前に確認しておくことが大切でしょう。場合によっては、式を挙げる前に結婚講座を受けなければならないこともあります。

これから幸せな家庭を築くうえで大切なことを学ぶことのできる講座ですから、面倒くさがらずに出席しましょう。

 

厳かな雰囲気の神前式

img_japanese-style-wedding02

神前式といえば、和服で行う挙式です。日本の伝統的な挙式スタイルとして、いまジワジワと人気となっている神前式。

どちらかと言うと、個人と個人との絆を結ぶ式というよりは、家と家との間の絆を結ぶ式と言えるでしょう。

神前式では、新郎と新婦の二人で行う儀式がとても多く、厳かな雰囲気の中で粛々と執り行われる式です。

伝統的な儀式の中には、三々九度の盃(さんさんくどのはい)や玉串礼拝や巫女の舞などがあります。

三々九度の盃では、繁栄と魔除けを意味する神酒を、新郎新婦が大中小の盃で交互に頂く儀式です。

この儀式を行うことにより、夫婦としての永遠の契りを交わすことになります。

また、玉串礼拝とは、玉串と呼ばれる神への捧げ物を新郎新婦はじめ、仲人や両家の代表が神に捧げる儀式です。

さらに、巫女の舞は、神への奉納と共に二人の新しい門出を祝うために舞われるものです。

和装の結婚式をしたいと思うなら、迷わず神前式か仏前式で式を執り行いましょう。

中には、地元で昔からお世話になった神社で式を挙げたいと願っている人もいらっしゃるでしょう。

七五三や初詣でお世話になった神社で結婚式を挙げれば、またとない記念になるに違いありませんし、ご両親もきっと喜ばれるのではないでしょうか。

神前式は、神社で行うことができるのは当然のことながら、ホテルや結婚式会場でも行える場合があります。

それらの施設では、キリスト教式以外にも神前式の結婚式を行える設備を設けているところもありますから、事前に確認しておくと良いでしょう。

さらに、規模の大きい神社においては、披露宴会場を併設している場合もあります。

基本的には、親族のみを招くケースが多いようですが、会場が広い場合には会社の上司や同僚はもちろん、友人たちを招くことも可能かもしれません。

女性であれば、結婚式には、和装にも洋装にもチャレンジしたいと密かに願っている人もいらっしゃるのではないでしょうか?

そのような場合には、神前式で式を挙げた後に、披露宴で華やかなドレスを着ることもできるでしょう。

衣装代が掛かるかもしれませんが、後で「やっぱりドレスも着ておきたかった」と後悔するよりはよっぽど良い、と言えるかもしれません。

 

檀家になっている寺院で行う仏前式

img_architecture03

神前式と仏前式の違いがわからないという人も、中にはいらっしゃるかもしれません。

仏前式と言うだけに、仏教が関係している挙式スタイルであることは理解できますが、儀式の内容はさっぱりということも珍しくありません。

仏前式とは、寺院で執り行われる挙式スタイルで、仏様やご先祖様の前で二人の夫婦としての誓いを立てることになります。

神前式同様、服装は白無垢や紋付袴の和装で行われますが、仏前式で式を挙げるのであれば、式を挙げる寺院の檀家である必要があると言われています。

また、挙式最中には雅楽演奏や三々九度の盃、そして親族固めの杯の儀式はあったとしても、巫女による舞は当然ありません。

最近では、指輪交換を行うこともあり、伝統的な仏前式の挙式スタイルも、時代と共に変化しつつあると言えます。

 

挙式の新しいスタイル!人前式

img_adult04

神や仏の前で結婚を誓うのではなく、参列者の方々に結婚の証人になってもらうという、形式や信仰にとらわれない新しい形の挙式スタイルが、人前式です。

衣装は自分たちの好きな物を選ぶことができるため、個性的な結婚式を行いたいという方にぴったりな挙式スタイルだと言えるでしょう。

また、服装と同じく、式の演出も自分たちの好きなように決めることができます。

まさに「自由」な形のカジュアルな今風の結婚式スタイルだと言えるのではないでしょうか。

信仰がかかわる挙式スタイルは、それぞれ定番の誓いの言葉が用意されているものです。

ところが、人前式の場合、愛を誓う言葉が決まっていないので、自分たちで考えたオリジナリティ溢れる誓いの言葉を述べることができるでしょう。

ただし、人前式で式を挙げようとするなら、式の演出を考えるために多大な時間を費やす羽目になるかもしれません。

ゲストを楽しませようと思うなら、なおさら新郎と新婦が頑張ってアイデアを出し合う必要があるでしょう。

無神論者や宗教に興味のない人が多い日本では、これから人気となる挙式スタイルなのではないでしょうか。

また、人前式は挙式の費用が抑えられる挙式スタイルであるため、シンプルな式を挙げたい人におすすめの挙式スタイルです

 

おわりに

今回は、国内で一般的とされている4つの挙式スタイルについてご紹介しました。

それぞれに異なる大きな点としては、結婚を誓う対象が異なる点にあると言えます。

神や仏に誓いを立てる式もあれば、式の参列者に誓いを立てる式もあります。

誓いを立てる対象は異なっても、「幸せな家庭を築く」という結婚への意気込みは同じでしょう。

挙式スタイルを決める際には、新郎と新婦の意見のほかにも、家族や親族の意見も参考にして決める必要があるでしょう。

神聖な取り決めである結婚だからこそ、どんなスタイルの挙式を行うか真剣に考えてみることが求められるのではないでしょうか。