ホーム 結婚式 -party- 二の足を踏む…結婚報告しに...

二の足を踏む…結婚報告しにくい相手と上手な伝え方

955
0
シェア

Young bride in funny concept on white

結婚が決まったら、まずは誰に報告しようと思うでしょうか?

家族はもちろん、友人や知人など、大切な人たちに、今すぐ自分の幸せを分かち合いたいと思うのではないでしょうか。

あなたの大切な人たちは、きっと一緒になって喜んでくれるはずです。

中には、まるで自分のことのように喜んでくれる友人だっているでしょう。

しかし、相手の状況によっては、あなたからの結婚報告に複雑な思いを抱く人もいることを覚えておくべきでしょう。

そうは言っても、相手に遠慮をして結婚報告をしないと、今後のお互いの関係にひびが入ってしまうかもしれません。

結婚報告をしにくい相手に、いったいどのように伝えることができるのでしょうか?

今回の記事の中では、立場の違う相手ごとに対処法をまとめてみました。ぜひ参考になさってみてくださいね。

 

職場の上司・同僚の場合

img_office01

結婚が決まったら、職場に報告するのは当然のことです。

結婚後も同じように仕事を続けるつもりがあったとしても、事前にきちんと報告をしておくようにしましょう。

仲の良い同僚に先に打ち明けるよりも、直属の上司に先に打ち明けたほうが良いでしょう。

同僚に先に打ち明けてしまった場合、あなたの口から結婚の報告をする前に、社内の噂話で上司があなたの結婚について知ることになってしまうことだってあり得ます。

上司にさえしっかり伝えておけば、後はお世話になっている人や同僚にサラリと伝えるだけで良いでしょう。

ただし、結婚することになったから仕事を辞める予定だという人や、結婚後は今度のことも考えて職務形態を変更したいと願っている人であれば、できるだけ早めに上司に結婚報告をするようにしましょう。

会社側では、あなたの代わりになる人を雇ったり、人材の確保をしたりする必要があります。

結婚が近い場合には、適任者が見つかるまで仕事を続けるという提案を出しながら、結婚報告するのが望ましいかもしれません。

自分だけの幸せを考えるのではなく、社会人として会社の迷惑になることは避けようとするあなたの態度を上司が知るなら、快く承諾をしてもらえるはずですよ。

 

シングルの先輩女性の場合

img_bar02

どんなに仲が良かったとしても、シングルの先輩女性には、自分の結婚報告をしにくいものです。

相手が喜んでくれると分かっている場合でも、相手の気持ちを考えると、報告しにくいという場合もあるでしょう。

シングル女性といっても、状況は様々です。

自ら選んでシングルの道を突き進んでいる女性もいれば、結婚願望はあるものの未だふさわしい相手にめぐりあっていないという女性だっています。

結婚報告をするのであれば、キャリア志向で結婚願望が薄い女性や、趣味で忙しくしていて結婚に執着していない女性であるなら、さらりと「結婚することになりました」と報告することができます。

しかしながら、結婚願望が強いのにまだふさわしいパートナーに出会っていない女性や、婚活を必死になって行っている女性、しかもそれなりの年齢になっている女性たちには、報告を躊躇してしまうでしょう。

気を使う相手ですが、それらの女性たちは、あなたに気を使われるのも腹立たしく感じてしまうかもしれません。

そのような場合、周囲の人たちに真っ先に結婚報告をするよりも、先輩女性に先に報告をしてしまったほうが良いでしょう。

できるだけ、二人きりの時に報告するようにし、報告してしまった後はすぐに話題を結婚からそらすようにしましょう。

相手が思った以上に祝福してくれているからといって調子に乗り、結婚式のことや彼氏のことをベラベラ話してしまうと、うんざりされる可能性があります。

また、ふだんからお世話になっている先輩女性に対して結婚の報告をする時には、誰よりもまず先輩に先に知らせたかったということを強調すると、印象が良くなるかもしれません。

 

報告しづらい状況にある友人の場合

img_friends03

結婚を報告しづらい状況にある女友達もいるかもしれません。

どんなに仲が良くたって、「いま結婚報告するのはマズイかな」という友人には、報告を後回しにしたくなりますよね。

結婚を報告しづらい状況にも様々ありますが、現在彼氏持ちでありながらも彼氏とうまく行っていない、もしくは別れそうになっている友人がいるかもしれません。

また、彼氏がなかなか出来ないで悩んでいる友人、そして離婚したばかりだという友人だっているのではないでしょうか。

異性のことで悩んでいる彼女たちに、自分の幸せを伝えるのは、気が引けることです。

しかしだからと言って、黙ったままで押し通すことはできません。

遅かれ早かれ、何らかの状況で相手に伝わってしまうのであれば、いっそのこと友人であるあなた自身の口から報告したほうがはるかに良いでしょう。

そうすることで、相手も傷つかずにすむかもしれません。

もちろん、最初は「羨ましい!」とあなたを妬む気持ちだって湧き上がってくるかもしれませんが、それでもやはり大切な友人同士のこと。

きっと、友人の口から祝福の言葉を聞くことができるはずです。

注意したいのが、のろけ話はしないこと、です。

相手から色々と聞かれたとしても、そこそこの返事に止めておくことで、「浮かれちゃって」と思われることを避けることができます。

自分の結婚話をするよりも、相手に注意を向けるようにしましょう。

例えば、新郎側にも彼女募集中の友人がいるなら、二人が出会えるようにセッティングすることを提案したり、結婚前に友人と二人で旅行に行きたいといった話しをふったりすることができるかもしれません。

そうやってうまくのろけ話をしないように話しを持って行くなら、結婚したとしても友人との良い関係を築けるのではないでしょうか。

 

嫌がらせをしそうな相手の場合

img_leo04

どこの世界にも、嫌味な人間や嫌がらせをしてくる人間がいるものです。

いちいち気にしていたら、キリがありませんが、もしもそんな嫌がらせをしてきそうな人に結婚報告をしなければならない場合には、どうやって対処することができるのでしょうか。

できることなら結婚報告なんてしたくない、というのが本音でしょう。

しかし、常識を兼ね備えた大人の女性であれば、避けて通れないこともあるということを知っておくべきです。

結婚報告にケチをつけられたり嫌味や皮肉を言われたりするのは、不快な体験です。

ですが、だからと言って、結婚報告をしない訳にはいかないでしょう。どんなに悪意をぶつけられたとしても、悪口を言われたとしても、ひどい噂話をされたとしても、一人前の大人の女性として接するよう心掛けましょう。

一対一で結婚報告をすると、ダメージを与えられる可能性があります。

そのため、周囲に大勢人がいる時や周りの人に協力してもらって、結婚報告をしましょう

結婚報告をした後は、とにかく気にしないこと、です。

言うだけ言ってしまえば、後は相手が何を言おうが言わせておけば良いでしょう。

どんなにあなたの結婚にまつわる話しを突っ込んで聞き出そうとしてきたとしても、悪意のある相手には一言も漏らさないようにすべきです。適当にあしらっておくなら、やがて相手もあきらめるはずです。

 

おわりに

今回は、結婚報告をしにくい相手にどうやって伝えることができるのか、についてご紹介しました。

結婚が決まったばかりの場合、幸せのあまり相手への配慮を忘れてしまうことだってあるかもしれません。

あなたのことを本当に大切に思ってくれている人たちであれば、そんなあなたのことを許してくれるはずです。

しかしながら、どんな立場の相手に対しても、相手を尊重して敬意を込めて結婚報告をするように心掛けましょう。

中には、友人や先輩女性に対して、知らず知らずのうちに彼女たちを傷つけるような言葉を述べたり、マウンティングをしてしまったりする女性がいるかもしれません。

「自分にしてほしいことを相手にする」、つまり、自分が彼女たちの立場に置かれた場合に、どう接してほしいと思うかを考えて言動を慎むなら、後で気まずい思いをせずにすむはずですよ。