ホーム 結婚式 -party- 結婚式にもってこいの大安以...

結婚式にもってこいの大安以外の縁起のいい日!

3043
0
シェア

Fotolia_90617273_Subscription_Monthly_M

結婚式の日取りを決める時、一般的には大安や友引と言った縁起の良いとされている日を選ぶのではないでしょうか?

これは、六曜という、明治時代以降に広まった日の吉凶の占いに基づきます。

実際、仏滅に結婚式をおこなう人はほとんどおらず、この六曜を基準として行事を設定しています。

さらに、最近では付き合った記念日や夫婦の日に結婚式を挙げるなど、自分たちが挙げたい日に結婚式を挙げるようになってきました。

今回は、結婚式に選ばれる定番の日取りから、少し変わった日取りまでご紹介します。また、合わせて日取りを決める際の注意点も最後にご紹介していますので、これから結婚式の日取りを決める人は参考にしてみてください。

大安吉日だけが縁起のいい日?

六曜に従えば、大安こそが最も縁起の良い日であり、続く友引も結婚式を行うのにふさわしいとされています。

六曜は太陰暦に基づいており、概ね6日単位で一周しています。
これに従うと、大安吉日の土日に結婚式が集中します。

結婚式場では、あまり人気のない仏滅や赤口といった日にお得なプランを用意しているところもあります。

それほど日本人にとって日の吉凶は重視されているのです。

仏滅でも悪いことがあるわけではないけれど……

実のところ、結婚式を日が悪いとされている日に行ったとしても問題はないのです。
日の吉凶というのは気分の問題ですから。

とはいえ、多くの人が縁起が悪いと思っている日に式を挙げるのは勇気のいるものかもしれませんね。

特に、ご年輩の方は、こうした慣習を大切にされていると思われます。

そこで、六曜による吉日以外にも結婚式にぴったりと思われる日をピックアップしてみました。

天赦日(てんしゃにち)

あまり知られていませんが、天の恩恵により何の障害も起きないとされる「天赦日」という日があります。

この日は結婚式に最良の日。

年に5~6回しかめぐって来ない、日本の暦の上で最上の吉日、つまり、大安の上をいく吉日なのです。
ところが、多くの人が意識しているのは六曜のみ。

この日を狙って式を挙げれば、パートナーとの人生のはじまりに障害のないスタートを切ることができるでしょう。

新月

新月は、月が太陽と同じ方向にあり太陽の明るさで月が見えなくなっている状態の時です。その逆の状態を満月と言います。「月がない日に結婚なんて」と思う方もいるかもしれませんが、月がない状態から満たされていくという意味で、新月の結婚式は縁起がいい日として知られています。

実際には気にしていない人も多いかもしれませんが、特に結婚式を挙げる日にちについてこだわりがないという人は、気にしてみるといいかもしれません。

旦那さまの出世を願って。私は玉の輿!な日

パートナーが特別お金持ちではなくても、「私は玉の輿」な気分でこんな日をチョイスしてみてはいかがですか?

将来旦那さまが出世されることを願う意味も含めて、玉の輿を記念したふたつの記念日をご紹介します。

1月5日シンデレラの日

1956年に、ハリウッド女優のグレース・ケリーがモナコの王子さまとの婚約を発表した日です。

一般人が王子さまに見初められ結婚する、まさにシンデレラストーリーですね。
ロマンチックでドラマチックな記念日です。

1月20日玉の輿の日

記念日の名前から「玉の輿」です。

1905年(明治38年)に、アメリカのモルガングループの総帥の甥ジョージと、祇園の芸妓、加藤ゆきが結婚した日です。

この時支払われた落籍料は当時の金額に換算するとで4000万円。

相手がとびきりお金持ちなので支払わせた金額と思われますが、この金額がポン、と払われるところに男性側の愛を感じませんか?

語呂合わせでも縁起はいいかも……な日

1月31日愛妻家の日

語呂合わせでつけられた記念日ですが、日本には少ない愛妻家を旦那さまに目指してもらうには良い日かもしれません。

日本人男性は愛情表現が苦手であるといいます。
特に、結婚してから妻に愛をささやく男性はめったにいません。

愛妻家の日は、そんな日本人男性に「奥様へもっと愛を語ろうよ」と促すために設定された日です。

夫婦円満の秘訣は、お互いへの愛をきちんと示すこと。愛妻家の日を結婚記念日にしてみては?

11月22日いい夫婦の日

世間でも良く取り上げられる「いい夫婦の日」。

最近では、この日にプレゼントを贈ることや、夫婦で食事をするなどイベントを行うことも増えてきたようです。

結婚の難しいところは、結婚後の生活にあります。

価値観の違いや自由の喪失などでいさかいが増える場合が多く、夫婦であることを実感し、お互いを労う日はとても大切です。

いい夫婦の日に式を行い、2人の人生をスタートさせるのは、結婚後の生活の円満を祈願するのに良いかもしれませんね。

結婚式の超定番

次に、結婚式を挙げる定番の日取りをご紹介します。「結婚式を挙げる日にちはいつでもいいけど、何か理由をつけたい」という方におすすめです。

付き合った記念日

2人が付き合い始めた日を、結婚式の日取りにする人もいます。恋人としての初めての1日を、夫婦として再度始めようという想いが込められています。結婚式のスピーチでも、付き合った記念日で結婚式を挙げたと言えば、ロマンチックだと思われるでしょう。

新婦の誕生日

新婦の誕生日は、定番の日取りです。結婚式は新婦が主役と言われますので、新婦が生まれた日を、人生において重要なイベントである結婚式に合わせるというロマンチックな演出にできます。

誕生日と結婚式の両方を一緒にお祝いすることができるので、忘れやすい新郎でも記念日を忘れることはないでしょう。

出会った記念日

付き合った日と同じように、出会った日に結婚式を挙げる人もいます。2人が初めて出会った日は、まだお互いのことを何も知らない関係でした。これからは、夫婦として2人で一生歩もうという願いを込められます。

クリスマス

クリスマスは、結婚式に人気のある定番の日取りです。クリスマスは、町中がイルミネーションに包まれ、いつもより少し特別に気分になれます。さらに雪も降ればロマンチックでしょう。

難点としては、人気があるため式場の予約が難しく、また年末であるため友人が参加できるかわからないということです。

親の結婚式と合わせる

親の結婚式の日にちと合わせるカップルもいます。両親が仲良しで、そんな2人のように永遠に一緒にいたいという願いが込められています。また、両親と一緒に結婚記念日をお祝いできるというメリットもあります。

新郎の誕生日に合わせる

あまりありませんが、新郎の誕生日に合わせる方法もあります。もし、ちょうど式を挙げたい月に新郎の誕生日が重なっているようであれば、合わせてみるのはどうでしょうか。

七夕

7月7日と言えば、七夕ですよね。彦星と織姫が1年に1回しか会えないという物語ですが、たった1回でも2人が永遠に愛しあっているということです。彦星と織姫の永遠の愛になぞって、七夕に結婚式を挙げてみるものいいかもしれません。

海外の愛にまつわる記念日もおすすめ

記念日があるのは日本だけではありません。

海外の記念日にも、2人の生活をスタートさせるのにふさわしい日があります。

4月23日サン・ジョルディの日

スペインカタルーニャ地方の祝日で、大切な人に愛と知性の象徴として薔薇と本を贈る日です。

男性は女性に赤い薔薇を、女性は男性に本を贈るのが一般的です。

愛も知性も大切ですね。

結婚後の生活では、知恵と愛を総動員してさまざまな出来事に打ち勝っていく必要があります。

特に、妻は賢く家庭を切り盛りしていかなくてはなりません。

そんな心構えの象徴としてこの日を選ぶのもなかなか良いとは思いませんか?

6月12日恋人の日

縁結びの神様であり、女性の守護神といわれる聖者、サン・アントニオの命日の前日で、ブラジルではこの日に恋人同士プレゼントを贈り合い、愛を確かめ合います。

愛の神様に見守られながらの結婚式。結婚後の生活もスムーズにいきそうですね。

サン・アントニオは女性の味方。結婚後に女性が幸せになれるように、力添えをしてくれることでしょう。

避けた方がいい日

結婚式を挙げる日にちは大安ではなくても、2人が納得できる日であれば問題ありません。しかし、その中でもゲストのために絶対に避けなければいけない日にちもあります。最後に、ゲストへの配慮として避けた方がいい日にちをご紹介します。

年末年始を避ける

年末年始の結婚式を避けた方がいい理由は、忘年会などのイベントが重なっているためです。またクリスマスは、ゲストも恋人や友人と出かける予定を立てている人も多いため、避けた方が親切でしょう。

夏や冬は避ける

極端に暑かったり、寒かったりする場合は、ゲストに負担がかかります。特に寒い場合は、雪の影響で交通機関が止まってしまう可能性もありますし、防寒具などを用意しなければいけません。せっかく遠くから足を運んでくれているので、ゲストが列席しやすい時期を選んであげると喜ばれますよ。

時間帯や宿泊を考慮する

結婚式は新郎新婦が主役ですが、ゲストに楽しんでもらうことが大切です。ゲストの中には、遠方から時間をかけてくる人もいるでしょうから、午前中よりも午後に開催したほうが喜ばれるでしょう。

また、何かイベントの時期と重なると宿泊先が見つからないという事態になる場合もありますので、大きなイベントが近辺で開催されないか事前に把握しておくことも心配りの一つです。

自分たちが納得できる日取りで結婚式を挙げよう

人生の節目のイベントでは、日の吉凶など縁起を担ぎたくなりますが、世間一般の「縁起の良い日」は、どうしても式場の予約が取りにくくなります。

そんな時は、他の人が考えないような「日の良い日」をチョイスするのもひとつの方法です。自分たち基準で日程を選べば、式場の費用が抑えられるかもしれません。

ただ、ゲストがいることを忘れてはいけません。ゲストが参加しやすいような、日程や時期を考慮してあげることが、自分たちもゲストも満足できる式にする方法です。

この注意点を守って、思い出に残る結婚式になるように日取りを決めてみましょう。