ホーム 結婚式 -party- 野花ブーケ・一輪ブーケ…一...

野花ブーケ・一輪ブーケ…一目おかれる素敵ブーケの種類

1006
0
シェア

Fotolia_79740510_Subscription_Monthly_M

結婚式で、新郎新婦の晴れ姿を引き立てるブーケやブートニア。シンプルなものはもちろんですが、近年では個性的なものも登場し、注目を集めています。

今までのブーケというと、丸みのあるラウンドブーケや、流れるような動きが特徴的キャスケードブーケなど、全体の形でブーケを特徴づけるものが多かったですが、最近では、色味や花材といった面でも様々な種類のブーケが登場しています。

今回は、結婚式の注目の的となるような個性あふれる素敵なブーケをたっぷりとご紹介します。ビジュアル面でインパクトがあるブーケは、二人の個性をアピールするのにピッタリですよ。お気に入りのブーケを選んで、結婚式をより良いものにしてください。

 

「ガーデンウェディング」におすすめのブーケとは?

ガーデンウェディングに合うブーケを選ぶときにポイントとなるのがナチュラルさ。

グリーンベースであったり、淡い色合いを使ったブーケはナチュラル感を演出するのに一役買ってくれます。具体的にどんなブーケがおすすめなのか詳しくご紹介します。

 

摘み取ってきたかのようなナチュラル感「野花ブーケ」

最近は、ホテルや結婚式場だけでなく、屋外での結婚式も増えてきました。
キャンプ場やガーデンスペースなど外でパーティーをする人も珍しくなくなりつつあります。

そんな、屋外で行うガーデンウェディングにおすすめしたいブーケが、「野花ブーケ」です。

野原から摘み取ってきたような、ナチュラルで自然体な印象のブーケで、小ぶりのバラやマーガレット、季節の花に合わせた野草などグリーン系の色味が多いのが特徴です。

野花ブーケのようなナチュラルなブーケを持つときは、ドレスはゴージャスでボリュームのあるものよりも、シンプルなものがおすすめ。レースなどを袖や胸元などにあしらったものを選ぶとナチュラル感が引き立ちます。

ヘアスタイルもティアラなどを付けてクラシカルな雰囲気を出すよりも、花冠などを付けとことんナチュラルさを演出するとガーデンウェディングを盛り上げてくれますよ。

 

淡い色合いが落ち着いた雰囲気を醸し出す「スモーキーブーケ」

ガーデンウェディングには淡い色合いが特徴の「スモーキーブーケ」もおすすめです。スモーキーカラーとは白やうすいピンクや紫など、シックで落ち着いた色味を指しますが、それらの色で統一されたブーケのことをいいます。

スモーキーブーケは、他のブーケに比べ大人っぽい気品があるので、ナチュラルで落ち着いた印象を出したいガーデンウェディングとの相性がとても良いです。

また、スレンダーなデザインのウェディングドレスとも相性が良く、大人っぽい印象をより一層引き立ててくれます。

 

ナチュラル×キュートをアピール!「かごブーケ」

ナチュラルかつキュートなブーケを探しているというカップルには、かごブーケがおすすめです。かごの中にたっぷりとお花が詰め込まれた様子は、とてもラブリーな印象です。

かごの中にお花を詰め込んだタイプのほかに、かごの周りにお花をつけるタイプもあるのでお好みで選んではいかはでしょうか。どちらもボリュームがあるので、ドレス姿のポイントとなってくれますよ。

また、かごには花のほかにリボンなどを括り付けるというのもいいでしょう。

華やかな色合いにしたいときはイエロー系やレッド系、落ち着いた印象にしたいときは淡いピンクやグリーン系など式場の雰囲気に合わせて決めてくださいね。

 

一輪ブーケ・クレッセントブーケ、見た目にインパクトを

インパクト重視のブーケを選ぶときは、他ではあまり見たことのないものを選ぶといいでしょう。個性的なブーケは、ゲストに大きなインパクトを与えてくれます。どんなブーケがあるのか見ていきましょう。

 

大きな花がインパクト抜群!「一輪ブーケ」

見た目のインパクト勝負で考えている人におすすめなのが、一輪ブーケです。

一輪ブーケとは、名前の通り、花を一輪だけ使ったブーケのこと。

小さい花だと少し寂しい印象になってしまうので、バラやダリアなど大きな花を使うのがポイントです。

ナチュラルで落ち着いた印象に見せたいときはピンクやホワイトなどの淡い色合いでもいいですが、インパクトを重視する人は濃いピンクなどはっきりとした色合いの花を選択するといいでしょう。

夏の結婚式でしたら、満開のひまわりも結婚式の雰囲気を盛り上げてくれます。
一輪ブーケは、花の輪郭が引き立って存在感も増しますし、珍しさもあってゲストの印象に残りやすいブーケのひとつです。

 

流れるようなデザインが特徴の「クレッセントブーケ」

Aラインやベルラインのドレスと合わせたいという方には、流れるような三日月の形をしたクレッセントブーケがおすすめ。美しい形のブーケで、インパクトのあるゴージャスな印象からナチュラルな印象まで幅広く対応してくれます。

花には、ボリューム感のあるバラやカラーなど大きな花を使うといいでしょう。

エレガントな結婚式にしたいという方にもピッタリです。

 

コロンとした丸みが可愛らしい「ボールブーケ」

和装のお色直しにおすすめしたいのがボールブーケ。コロンとした丸みのあるブーケは、可愛らしく、和装との相性がいいです。ウェディングドレスは定番のラウンドブーケ、おお色直し後はボールブーケを使うといった方法もありますよ。

ボールブーケに使われる花はさまざまですが、とくに相性がいいとされているのがダリアやピンポンマム。赤や白など打掛のデザインをよく考慮しながら、花の種類や色味を決定するようにしましょう。

 

ハート型・リース型ブーケでキュートに

キュートなブーケを選ぶときは、ハートやリボンなど可愛らしいデザインを取り入れると可愛らしさがアップします。ピンクやホワイトといった色味の花を中心に選ぶというのもいいでしょう。具体的にどんなブーケがおすすめなのか見ていきましょう。

 

キュートでラブリー!「ハート型ブーケ」

結婚式は、誰よりも可愛くありたいと願う花嫁も多いでしょう。そんな方におすすめしたいのがハート型ブーケ。ハート型ブーケはキュートさを求める若い女性に特に人気のブーケです。

一見すると、一般的なラウンドブーケに近い形をしていますが、よく見るとかわいらしいハート型をしています。ピンクや赤色のバラを中心に作るとキュートさがより一層増しますよ。

鮮やかな色合いのハートブーケを選ぶときは、ウェディングドレスだけでなく、お色直しのカラードレスとの相性も見て色味を決めるといいでしょう。

ハートブーケは珍しく、あまり見たことのない人が多いと思いますので、オリジナリティを出すことができます。個性的なブーケを持ちたいという方にはピッタリのブーケのひとつです。

 

様々な種類がある「リース型ブーケ」

さらにオリジナリティを追求したいという方にピッタリなのがリースブーケ。その名の通り、リース型をした丸い輪のブーケです。最近では丸以外にもハート形のリースブーケなどもあり、より可愛さをアピールできます。

リースブーケは、グリーンやスモーキーカラーの色合いを多くするとナチュラルな印象になるので、ガーデンウェディングなどにもおすすめです。

 

使う花にもこだわりを!

ブーケの形にこだわるのはもちろんですが、使用する花にも注目するというのもブーケを選ぶポイントです。ブーケに使われる定番の花といえば、バラやカサブランカが人気ですが、普段あまり結婚式では見かけないような花を使うとオリジナル感を出すことができますよ。

たとえば、ガーデンウェディングなどナチュラルな結婚式におすすめなのが「多肉植物」を使ったウェディングブーケ。ぷっくりと可愛らしい多肉植物は、ブーケに使う人が少ないので、個性をしっかりとアピールできます。

多肉植物というと、地味な印象を持っているという人もいるかもしれませんが、なかにはバラの花びらのように葉が幾重にも重なったボリューム感のあるものやグリーン以外の色味が付いたものもあります。そういった多肉植物を組み合わせれば、ナチュラル感あふれるオリジナルブーケの完成です。

また、季節感のある花を使うのもゲストの印象に残りやすいです。たとえば、春は桜やチューリップ、梅雨の時期は紫陽花、夏はひまわりなどその季節を象徴する花をブーケに使うのがおすすめ。季節感のあるブーケは、その時期ならでは彩りを印象付けてくれますよ。

 
いかがでしたでしょうか。

ブーケも今は様々なバリエーションがあります。

会場の雰囲気やゲストの年齢層などで、ドレスや会場装飾はある程度、その場に合うものが決まってくると思いますが、ブーケはかなり自由度があり、個性を演出できるアイテムだと思います。

また、ブーケはその場限りだけというものではなく、結婚式を終えたあとはドライフラワーや押し花として部屋に飾ったりすることができるので、記念として残すことができます。

実際、結婚式でブーケを持つ時間は短いですが、挙式の入場時や写真撮影時といった、大事な場面で花嫁を引き立ててくれるものですので、自分らしさを考えて、ぜひ自由に考えてみてください。