ホーム 家族 -family- 国際結婚でよかったこと・困...

国際結婚でよかったこと・困ったことは?上手くいく秘訣はある?

1003
0
シェア

国際化が進む昨今では、国際結婚をするカップルも増えました。

結婚する人数が減っているにも関わらず国際結婚カップルの数は増えてきているというデータもあります。

そんな身近になりつつある国際結婚、いつかあなたの身に起こるかもしれません。

また結婚前のカップルで相手が外国人の方も、もし結婚することになったらどんな感じなのか先輩カップルが考える「国際結婚でよかったこと・困ったこと」をお伝えします。

国際結婚カップルの捉え方は

そもそも国際結婚カップルの中で「絶対外国人と結婚するぞー!」と意気込んで、敢えて外国人を狙って結婚した人はほとんどいません。

殆どのカップルは惹かれ合った相手がたまたま外国人だったというもので、カップルが直面するよいことも困ったことも、国際結婚だからという認識ではなく「その相手だから」と相手の内面で捉えています。

そのため、国際結婚のカップルは基本的には日本人カップルと大きな違いはないのですが、その中でも国際家婚ならではのよかったこと・困ったことがあります。

国際結婚でよかったこと

国際結婚でよかったこととして挙げられるのは、お互いの国の言語が上達した、相手の国に住めたり帰省と称して海外旅行に頻繁に行けたりという物理的なものもありますが、一番に挙げられるのは「新たな考え方や価値観を知ることが出来た」とか「相手の愛情表現が豊か」という内面的な部分です。

日本人同士ではある程度共通している考え方も、国が違えば変わってきます。

それを「この人とは考え方が違うから合わない!」と決めずに、文化やバックグラウンドが違うから仕方ないと割り切れ、理解に努めようとできると、国際結婚でよかったと思えるようです。

また、愛情表現に関しては素直でオープンな場合が多いので、ストレートな表現が愛情を確かめやすく、国際結婚でよかったと思えるようです。

ここからわかることは、変化を楽しめる人や愛情表現を豊かに受けたい人が国際結婚に向いていると言えます。ただし、愛情表現に関しては国によって異なることを念頭に置いておきましょう。アジア人と欧米人では愛情表現は異なりますし、生活習慣も全くべつものです。

国際結婚で困ったこと

国際結婚は、日本人と結婚したら経験しないような苦労があります。これから国際結婚を考えている人は、一度自分がその変化を乗り切れるかどうか考えてみましょう。

言語の壁

国際結婚で困ったことは、多くのカップルの共通語のうちどちらかがネイティブではないという状況のため、言語の壁が出来てしまい意思疎通に困ることがあることがまず挙げられます。日常会話は問題なくても細かいニュアンスなどで困ることは日常茶飯事のようです。

その他にも、どちらもネイティブではない英語で会話するということもあります。例えば、日本人とフランス人が結婚しても、どちらもお互いの国の言葉が話せないということです。この場合、英語やその他の言語で話すことになります。お互いがネイティブではないので、細かい部分を共有するのが困難なことがあります。

さらに子供ができた時に、どの言語を勉強させるかという問題もあります。子育てをするのが母親の場合、子供は母親の言葉を早く覚えます。また、住んでいる国の言葉も生きて行くためには必要なので、必然とバイリンガルになっていきます。お互いがネイティブではない場合、子供の教育で困ることがありそうです。

ビザの問題

また、日本人同士では考える必要もなかったビザなどの問題や法的な手続きがカップルのうちの片方に負担が大きくなってしまうことなども、こういった手続きが苦手な人には困ったことになります。

結婚した場合、ビザについては配偶者ビザが基本的に出されますが、更新のタイミングや何かあった時の対応など、サポートが必要になることがあります。

文化の壁

相手の国へ住む場合、文化の違いから毎日苦悩を抱えることもあります。国際経験豊富で長いあいだ海外在住の人は気にする必要はありませんが、海外旅行の経験しかしていない人はリアルな海外をまだ経験していません。

欧米に行けば、日本人はアジア人というくくりになります。中にはアジア人が嫌いな人がいて差別を受けることもあります。そうった現地のリアルを受け入れながら生活していかなければいけません。

海外に住む大変さは、相手の家族との関係にもあります。日本に姑問題があるように、どの国に行っても同じです。やっかいなのが、現地の食事の味付けがよくわからないということで、その点を指摘されると何も言い返せません。

このように国際結婚をして海外に住む場合、生活に慣れるまでに様々な困難が待っています。もちろん、こういった困難を経験せず生活している人もいますが、文化の違う国に住むというのは簡単なことではありません。

その他の問題

その他、お互いの家族や親戚・友達が離れて暮らしているため、家族などの身に何かがあった時にすぐ向かえないことや、旅費がかさむこと、なかなか会えない寂しさにかられることも挙げられます。

これは国際結婚に限らず、海外に住む場合に必ず直面する問題です。最近はスマートフォンがあるため、いつでもどこでも連絡を取ることができますが、親の死に目に会えないということは未だに解決できない問題です。自分たちが海外に住むことを選んだと言ってしまえばそれまでですが、できれば親の死に目にはその場にいたいものです。

親がそろそろ危ないとなったらすぐに帰国するか、もしくは日本に近い国に住むことも選択肢の一つです。国際結婚と言っても、欧米だけではなくアジアという選択肢もあります。台湾、韓国、中国あたりであれば、3時間もあれば日本へ帰国でき、費用もそこまでかかりません。

周りに知り合いがいない

海外に住めば、当たり前ですが周りに知り合いはいません。友人や家族はみんな日本に残してきています。最初は愛する人と一緒にいれることに幸せを感じるかもしれませんが、いざとなった時にすぐ隣で話を聞いてくれる人がいないのは意外と辛いことです。

そんな時こそ、母国語で相談したいと思うものですが、相手の国に日本人が多くいるわけでもない場合、日本人がいる場所に積極的に出ていかなければいけません。人とコミュニケーションを取るのが得意な人は徐々に人の輪も広がりますが、コミュニケーションが苦手な人は人間関係を築くのに苦労するはずです。

国際結婚で上手くいく秘訣は

国際結婚でよかったことが主に内面のことであったのに比べて、困ったことは法的な手続きや、家族などとの物理的な距離にあることがわかりました。

それらを乗り越え上手く行く秘訣は二つです。

まずはお互いを認め合い理解に努めること。

そしてもう一つは環境の変化を楽しむ事です。

文化の違う外国人の相手とは多かれ少なかれ相手の違った考え方に驚かされますが、それをお互いに受け入れ考えの幅を広げることが出来ると「価値観の違い」がよかったことに繋がります。

また住む国が日本でも相手の国でも、ビザや手続きが煩雑になります。

これも「国際結婚じゃなければできなかった貴重な経験」と捉え大変なことも楽しめるようになると、国際結婚が上手くいくことでしょう。

国際結婚に向いている人・向いていない人

国際結婚をすると、日本人と結婚すれば直面することがない問題に追われることがあります。国の違い、文化の違い、言葉の違いなど様々な要因がありますが、国際結婚に向いている人と向いていない人がいます。ここではその特徴を簡単にご紹介したいと思います。

国際結婚に向いている人

  • もともと海外に興味があって海外に住んでいた経験もある
  • どんな困難にも立ち向かっていける
  • 違いを受け入れられる
  • 変化を柔軟に受け入れられる

国際結婚に向いていない人

  • 自分のことしか考えられない人
  • 自分の意思がない人・弱い人
  • 海外が苦手な人

海外に住むということは、変化に直面するということです。つまり変化を柔軟に受け入れられる人でなければ、海外の生活には対応していけません。また、結婚すると相手の知らなかった部分が徐々に見えてきます。そのような変化を受け入れられる人でなければ、せっかくの結婚生活も苦しく感じてしまいます。

もし国際結婚を考えているということであれば、変化する環境に柔軟に対応できるように気持ちを持っておく必要があるでしょう。

いかがでしょうか?

国際結婚とはいえ結局は人と人のつながりですので結婚における大切な所は日本人同士と変わりません。

本当にその相手でいいのか、結婚前に良く見極めてお互いに話し合い今後の人生を一緒に歩んでいけるかを十分に確かめましょう。

ただ、国際結婚ならではの良い点も困った点もあり、日本人と結婚する以上、多くの問題に直面することになります。国際結婚に憧れていたり、現に外国人の相手と結婚を視野に入れていたりする人は是非参考にしてください。