ホーム 家族 -family- 嫁になったら親族の年齢は絶...

嫁になったら親族の年齢は絶対把握!長寿のお祝いはこれが最適!

787
0
シェア

8c8002d9740d36ad7b91e06447e2613c_m結婚は、二人だけの世界を形作ることではありません。もちろん、これからの新しい人生を切り開くことになるのは、ほかでもない二人の責任になります。

しかし、それぞれの人生が交差して一つになる結婚は、自分たちにとって大切な人たちが増える、喜びのときでもあるのです。

結婚式で二人が誓いをあげたその日から、大切な家族の成員は増えることになります。

例えば、大切なパートナーのおじいさまやおばあさまも、パートナーにとってだけではなくあなたにとってもかけがえのない大切な家族となるでしょう。

結婚式での両親への花束贈呈や記念品の贈呈と同じように、それぞれのおじいさまやおばあさまにも、素敵なプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか?

大切な孫からプレゼントをもらって、嬉しく思わない方はきっといないでしょう。

とはいっても、ご高齢の方たちに喜んで頂けるプレゼントを選ぶのは、簡単なことではありませんよね。

今回は、「いったいどんなアイテムなら喜んでもらえるだろうか?」とお悩みの方に、長寿祝いとしても最適なプレゼントや、お祝いの方法をご紹介したいと思います。

 

それぞれの趣味にふさわしい贈り物をしよう

img_gifts01

 

 センスの良い盆栽を贈る

最近では、若い人たちの間でも人気の趣味になっている盆栽ですが、年代を問わず植物を愛でることを趣味にしている方は多いのではないでしょうか。

盆栽は、手をかければかけるだけ素晴らしい作品になり、ますますその価値は高まります。

奥深い盆栽の世界を追究すればするほど、ハマっていく方が多いのは、やりがいを感じられる趣味だからなのではないでしょうか。

盆栽はピンからキリまであり、数千円のものから数百万円するもの、場合によっては億越えするものまであります。

また、世話を楽しんだり、目で見て楽しんだりと、人それぞれに楽しみを見出せる趣味でもあります。

中には、盆栽に対して独自のこだわりを持ち、自分の盆栽コレクションとして迎える盆栽は、厳しい目で選びたいとおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

しかしながら、大抵の場合には、大切な孫やその嫁となる女性がセレクトしてくれた盆栽を、喜ばない方はまずいないのではないでしょうか。

昔であれば、盆栽を扱っている店舗を一軒一軒回って、プレゼントにふさわしい盆栽を選ぶ必要があったでしょう。

ですが現在では、インターネットを通して簡単に盆栽を探して、購入することが可能です。

盆栽の選び方としては、良い木を見極めることがなによりも大切です。

盆栽がイキイキと元気であるのは当然のことながら、根や枝ぶりから、将来の形を想像して購入するようにしましょう。

とはいえ、素人には盆栽選びはハードルが高いもの。わからないのであれば、直感で選ぶのも良いですし、スタッフに相談して盆栽選びを助けてもらうことができるでしょう。

盆栽には、華やかな花を楽しむものもあれば、実を楽しむものもあります。

さらに、一年中楽しむことができる松などの盆栽もあるため、趣味に合った盆栽をプレゼントしたいですね。

 

芝居や演芸のチケットも喜ばれる!

ミュージカルや芝居などの舞台芸術は、見る側の心を豊かにしてくれるものです。

ふだん外出をする機会が少ない方にとっては、ちょっとした気晴らしをする機会になるでしょう。

年だからと言って、家に引きこもってばかりいては健康にも良くありません。

心から感動し、美しいものを見るなどすれば、気持ちだけでなく身体にも生気がみなぎってくるでしょう。

外出して楽しむことのできる舞台芸術には、クラシックのコンサート、落語、そして歌舞伎などさまざまなタイプのものがあります。

ふだんからクラシック音楽を聴くのが趣味であれば、クラシックのコンサートチケットを贈ることができますし、好きな俳優が舞台をしているなら、そのチケットを贈ることもできるでしょう。

どうしても外出するのが難しいというのであれば、好きな音楽や話芸のCDやコンサートDVDなどをプレゼントすることもできます。

また、舞台を見に一緒に出掛けたり、会場まで送迎をしたりなどの提案をするなら、きっと喜んでもらえるのではないでしょうか。

 

手芸の材料をプレゼントする

手先を使うのが大好きで、小物づくりや服づくりなどを楽しまれる、素敵な趣味をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

手芸を好まれる方であれば、手芸の材料や道具をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

すでにセットになっている手芸キットをプレゼントするのでも構いませんが、ただ単にそれだけを渡すのはとても味気ないものです。

ですから、さまざまな手芸用品をバスケットに詰め込んで、小さなお菓子やメッセージカードなどと一緒にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

金額的には高価なものではないかもしれませんが、美しくラッピングされたプレゼントなら、きっと喜んでもらえるでしょう。

 

「特別な時間」を贈ろう

img_hourglass02

 

 スペシャルな日にはお食事会を

プレゼントとして、誕生日に一緒に食事をするのはいかがでしょうか?

料理の腕に自信があるのであれば、あなたが腕を振るって料理を作って差し上げれば、きっと喜んで頂けるはずです。

また、舌の肥えた美食家の方には、ふだん訪れる機会があまりないような、ちょっと高級でおしゃれなお店にご案内してみてはいかがでしょうか。

一般的に、年齢を重ねると食が細くなり、食事の量よりも質に重きを置くようになります。

「美味しいものを少しだけ、大切な人と一緒に食べる」ことが、何よりも楽しみになるという方もいらっしゃるようです。

ですから、ご高齢の方を招いてお食事会を開くのであれば、見栄えもよく味も素晴らしいコース料理を提供しているお店を選ぶと良いでしょう。

コース料理であれば、美味しいものを少量ずつ食べることができ、満足度が高いと言えます。

フレンチでも良いですが、こってりした味が苦手という方もいらっしゃるので、ハーフポーションで予約をしておくと良い場合もあるでしょう。

また、懐石料理を出すお店を予約するときでも、高齢者と一緒であることを事前に伝えておくなら、相応に配慮してもらえる場合があります

食べ慣れない料理を食べることが大好きという冒険家タイプの方もいらっしゃれば、できるだけ食べ慣れたものだけを食べたいという保守的なタイプの方もいらっしゃいます。

食の好みはそれぞれですから、どんなに雰囲気が良くてもお料理が美味しくても、おじいさまやおばあさまの食の好みにできるだけ合わせた場所を食事会の場所に選ぶようにしたいですね。

 

旅行で素敵な思い出をプレゼント

喜寿や米寿、そして白寿など、長寿のお祝いにはさまざまな節目があります。

そんな節目ごとに、一緒に旅に出かけてみてはいかがでしょうか?

海外旅行に行きたいというアクティブな方もいらっしゃれば、国内でのんびりしたいとおっしゃる方もいらっしゃいます。

旅行先を決定するときには、それぞれの体力や健康状態をよく考えて、旅行先を選ぶようにしましょう。

また、旅行といっても、長期宿泊が必要な訳ではありません。

せっかくだから2泊くらいはしたいと思うかもしれませんが、たとえ日帰りの温泉旅行だったとしても、温泉帰りに素敵なレストランで食事をすれば、きっと忘れられない旅の思い出になるはずです。

また、おじいさま、おばあさまの健康状態が良く、まだまだお元気だというのであれば、ちょっと遠出をして国内でも有名な観光地を訪れてみても良いでしょう。

国内の美しい風景を眺めたり、旅先でしか味わうことのできないグルメに舌鼓を打ったりすれば、心から喜んでもらえるのではないでしょうか。

注意したい点として、旅行中の安全と旅行後の疲れがあります。

持病をお持ちの方であれば、旅行前にかかりつけのお医者さんに相談しておくと良いでしょう。

また、楽しい旅行でも家に帰ったあとにどっと疲れが出ることもあります。そのため、体力を考慮しながらゆとりのある旅行の予定を計画するようにしたいですね。

 

なにをプレゼントするか迷ったら

img_tea03

家族としてのお付き合いがまだまだ浅い場合には、どんな趣味を持っていらっしゃるのか、どんなものを好まれるのかがわからないこともあるでしょう。

そのような場合、ほかの家族の方に伺うという方法もありますが、形として残らないものをプレゼントするという方法はいかがでしょうか。

花束を贈ることもできますが、お菓子や果物、コーヒーや紅茶などのほうが喜ばれる場合も多々あります。

お酒をプレゼントするのも良いでしょうが、病気のためにお酒を控えている方もいらっしゃるでしょう。

お菓子や果物、そしてお茶など、当たり障りのないものを贈るのは気が引けるかもしれませんが、その機会を利用して、次はどんなプレゼントをすることができるか、さり気なく相手の趣向をリサーチしてみましょう。

お互いに気心知れた仲だったとしても、プレゼントを選ぶのはひと苦労するものです。

ご親族の方へ贈るプレゼントとなれば、尚更迷ってしまうのも当然のことでしょう。

失礼のないようにしたいものですが、どうしても何をプレゼントしてよいかアイデアが浮かばないときには、正直にお聞きしてみることもできるでしょう。

一番大切なのは、心を込めて贈ることと、けっして自分の趣味を押しつけることのないように、プレゼントを選ぶことなのではないでしょうか。