結婚とお金 -money-

ホーム 結婚とお金 -money-
一生に一度の結婚だから、妥協できない気持ちはとてもよくわかります。 ウエディングドレス、お料理、新婚旅行、新生活のインテリア… それではここで、理想を叶えるために、まずは結婚にまつわる必要なお金はどのくらいかを知りましょう。 そして、少しでも安くする方法や、賢くお金を貯める方法を徹底解説致していきましょう。 漠然とした不安はさよならです。あなたの理想の結婚式と新生活が叶うように応援します。

新婚生活♪家具や家電製品を選ぶ際に注意したいポイント

1人暮らしをしていた時と異なり、結婚生活を始める際に必要な家具や家電には選び方にポイントがあります。 独身時代には何でも小ぶりのものでOKですが、パートナーと暮らす場合には色々と考慮しなければ日常生活での必要を満たすことができません。 今回は、新婚生活で家具や家電製品を選ぶ際に気をつけたい点をご紹介します。 新居の家具や家電の出費は平均76万5000円 「ゼクシィ新生活準備調査2015」によると、新婚の新居にかかった費用は全国平均76万5000円ということがわかりました。項目別にみると、インテリアと家具は43万2000円、家電は36万7000円という結果でした。 ...

ケンカを招く夫のお小遣い額。少なくても不満に思わせない方法と...

結婚生活スタートにあたり、決めておきたいのはお金の管理の問題。なかでも、夫が自由に使える金額というものは早めに決定しておきたいものです。 妻が家計を預かるのか、夫が家計を預かるのか最近では共働きという家庭も増えてきていますから、お財布が別々という夫婦もいるでしょう。 このようにお金の管理方法は夫婦により異なりますが、収入と支出がどうなっているのかはどの家庭でもしっかりと押さえておきたいポイントです。 収入と支出を把握できるお金の管理術のひとつとしてあげられるのが、夫をお小遣い制にするという方法。そこで、今回は、「お小遣い制」を導入する場合に覚えておきたい事柄について詳...

新婚さんに教えたい、物件選びのポイント!夫婦生活のスタートに...

独身時代は物件を選ぶときに「とりあえず立地と家賃」程度しか考慮しなかった、という人も、新婚生活を始める前に注意してチェックしてほしいポイントがたくさんあります。 自分だけで住むのではなく、パートナーや家族と暮らすことを考えて最良の物件を選びたいもの。 実際に暮らしてみるとわかるあれこれを事前に知り、失敗がないようにしましょう。 いつまで住むの?将来のことも考慮して 夫婦2人のつもりで物件を選んだ場合、家族が増えると手狭になることが多いので、長く同じところに住みたい場合には間取りなども考慮しなければなりません。 そのため、いつまで住むのか考慮しておく必要がありま...

結婚式のための貯金額の目安は?他に必要な費用も忘れずに

カップルは結婚を控えた時に様々な心配を抱えるものですが、その中でも一番の心配のタネは「金銭面」です。 結婚を意識し始めた頃から二人で協力してお金を貯めるカップルも多くいますが、カップルとは言えお金のことはデリケートな問題なので婚約するまで相手の貯金額を知らないことも。共に貯金を始めるためにも、まずは結婚自体にどのくらいお金がかかるのか、そしてどれくらい貯金すればいいのかを見ていくようにしましょう。 結婚式にかかる費用は 結婚式にかかる費用はずばり、平均で300万円~400万円と言われています。結婚式のスタイルはカップルによって千差万別ですので、「結婚式と言えば?」と言われ...

結婚式の披露宴でのゲストをがっかりさせない節約ポイント4選

結婚式は多くの人にとって、人生で初めての高額な出費となるイベントです。この高額な出費に困惑したり頭を悩ませたりしないカップルはいません。結婚式の他に新生活にかかる費用や新婚旅行の費用も加味するとできるだけ金額を抑えたいのが正直なところではないでしょうか。 とは言え「ケチってるな…」と思われるような式や後悔の残る式にはしたくないもの。今回はそんな悩める新郎新婦に見てほしい、披露宴での節約ポイントを4つご紹介します。どれも式の印象を左右しないポイントですのでイメージを壊さずにうまく節約できるはずです。 ケチったなと思われるポイント 結婚式の費用をできるだけ節約するために様々な...

挙式スタイル選びの参考に!挙式別に見る挙式料の違い

結婚式を行うにあたって新郎新婦の思いを最重要視するのはもちろんですが、実際問題費用も気になるところです。そのため、多くの先輩カップルたちは予算と理想とをうまくすり合わせて納得のいくウェディングを創り上げています。 今回は挙式スタイルに応じた挙式料の違いを見ていき、いくらぐらいの予算でどのようなスタイルの挙式が行えるのかご紹介します。金額はあくまで平均額で会場によって増減しますので、目安として確認してください。 挙式料の内訳は 一言に結婚式と言っても、そのスタイルは様々でスタイルによって料金も変わってきます。 挙式料で大きな割合を占めるのは挙式会場ではなくその後の披露...

低収入でも子育ては立派にできる!不安にならない考え方のコツ

ダンナ様がいわゆる「低収入」だと、子供をもつことに不安がよぎることってありますよね? でも、ずっと考え込んでばかりいると精神的にもよくありません。 それなら、自分の考え方を切り替えてしまいましょう!ここでは、低収入でも不安にならない気持ちの切り替え方をご紹介します。   「自分も働こう」と思う 一番、手っ取り早い方法がコレです。ダンナ様が低所得で不安だと感じているのなら、専業主婦になって養ってもらおうなんて考え方は捨てましょう。 自分にも収入があれば、その分生活費に使えるお金も増えるので、気持ちに余裕も生まれます。 そして、仕事を選ぶ際に...

年収を気にしても仕方ない!高収入男子に勝る、低収入男子の魅力...

かつて男性は、高収入であることが、女性の理想的な結婚相手の条件でした。「高学歴」「高収入」「高身長」の男性は、3高とも言われ多くの女性から人気があったものです。 しかし、今は女性もバリバリ働ける時代ですから「男性の収入面は気にしない」という女性も多くなってきています。また、男性側も「俺についてこい」という亭主関白な人ではなく、「一緒に頑張ろう」という層が現れるようになってきました。 そんななかで気になるのがやはり年収の問題です。高年収にこしたことはないと思う方もいるでしょうが、経済状況の不安定さが叫ばれる現代では、さまざまな事情により低収入という人も少なくありません。 ...

インテリアコーディネートのこだわりでお金が貯まるって本当?

皆さん、ラブラブな毎日を送るための準備はできていますか? 新しい家具やインテリア、家電などをパーフェクトに揃えたいと思っても、お金もかかることですし、新婚生活の準備だけにお金をかけているわけにはいきません。 そこで今回は、新婚カップルの皆さんに、ちょっと興味深い内容をお送りいたします。なんとインテリアコーディネートにこだわるだけで、お金が貯まると言うのです! 「え……それって、どういうこと?」「インテリアとお金の関係性が良くわからない」という人もいるでしょう。 冒頭で悩んでも仕方のないことですから、早速お話を進めてまいりましょう!   風水から見る!イ...

新婚カップル2人で頑張ろう!家電を買う時の交渉術

結婚して家族になるためには、さまざまなことを2人で乗り越えて行かなければなりません。 両家の顔合わせ・面倒な結婚式の準備・新婚旅行のプラン決め・新居の物件探し・引っ越し準備・諸手続きなど、本当に面倒なことばかり! 「恋人同士の時はあんなにラブラブだったのに、結婚してから喧嘩が多くなった」という新婚カップルが多いのは、2人で乗り越えなければいけないことが、どんどん出てくるからなのです。 けれども、新婚カップルの皆さんが喧嘩をしている暇はありません!力を合わせて、乗り越えなければいけないことがあるからです。 その1つとして、今回ご紹介するのが「家電を購入する時の交渉」で...

Instagram

153 フォロワー
フォロー