結婚とお金 -money-

ホーム 結婚とお金 -money-
一生に一度の結婚だから、妥協できない気持ちはとてもよくわかります。 ウエディングドレス、お料理、新婚旅行、新生活のインテリア… それではここで、理想を叶えるために、まずは結婚にまつわる必要なお金はどのくらいかを知りましょう。 そして、少しでも安くする方法や、賢くお金を貯める方法を徹底解説致していきましょう。 漠然とした不安はさよならです。あなたの理想の結婚式と新生活が叶うように応援します。

気になる結婚式の費用、新郎と新婦 出した割合は?

結婚が決まり、式を挙げよう!と決まった時に気になるのは結婚式にかかる費用ですね。 夫婦になってしまえば、お財布がひとつにまとまる方たちが多いと思いますが、結婚前は分けているカップルが多く、必然的に誰がどれだけ出すの…?という疑問が生まれてきます。 折半、全額、どちらかが多めなど様々な分担方法がありますが、お金に関わる問題はデリケートなものが多いですから、いい加減に決めておくのではなく、後々のためにも事前にふたりで話し合っておくと安心です。 そこで、今回は気になる結婚式の費用負担についてご紹介します。自分たちにどのスタイルが合うのか、ふたりで話し合う材料にしてくださいね。 ...

新婚さんにおすすめ!家電が安い通販サイトを厳選!

結婚が決まってから新生活までは、とにかく出費が続きます。結婚式の費用はもちろん、新婚旅行や新居、家具家電など、トータルで数百万円になることも。 結婚という幸せな瞬間に、心まで満たされている一方で、ご祝儀なども含めたふたりの収入よりも支出のほうが多くなってしまう新婚生活。幸せで楽しいはずなのに、お金のことが気になってナイーブになってしまいがちです。 毎日節約のことばかりを考えなければいけないのは面白みがありませんし、新婚早々の夫婦喧嘩の原因にもなりかねません。幸せな夫婦関係も、お金のことばかり考えて冷え切ってしまう可能性があります。 そこで今回は、新婚さんにぜひチェック...

結婚や出産でお金をもらえるって知ってた?知っておこう給付金制...

結婚や出産に際し、親しい人からお祝いを頂くことがあります。これはお祝いをくださった人の善意ですが、実はこうした任意のお祝い金の他に、国や自治体から給付されるお祝いや補助金があることをご存知ですか? 自治体にもよりますが、現金20万円や10万円分の商品券、お米券などの特産品などが支給されたり、公営住宅の家賃を3万円減額で借りられたりといったサービスを受けることができます。 結婚や出産では、思った以上の出費が発生するので、こういったお祝いが支給されるのは本当にありがたいものです。 しかしこれらの補助金やお祝いのほとんどが、自分が申請しなければもらえないシステムとなっている...

結婚で保険の見直しをしたほうがいい理由5選

独身時代は自由気ままに過ごしても、何の問題もないでしょう…なぜなら、自分の人生を自分で背負っているからです。 趣味やギャンブルにどんどんお金をつぎ込んだり、毎月の保険料も無駄に思えて解約したりと自由気ままな生活を送っても、その報いを受けるのは自分ですよね。 けれども結婚をしたら、独身時代のように自由気ままと言うわけにはいきません。新しい家庭を築いていくということは、幸せも増えますが互いの責任も増えることになります。 ですから、万が一のことに備えてあらゆる対策をしておく必要があるのです。むしろ結婚を良い機会として、積極的に「保険の見直し」を行うべきでしょう。「保険はマイ...

知っておきたい!出産にかかる費用はいくら?準備しておきたいも...

初めての出産は、何もかもが初めての経験なので、わからないことだらけで不安になりますよね。特に出産にかかる費用に関しては、人にも聞きづらいことですし、気になる方も多いのではないでしょうか? 一口に出産費用といっても、分娩にかかる費用や、その後の入院費用だけが必要なわけではなく、妊娠期間中の検診費用や、お腹をしめつけない服や骨盤ベルトなどのマタニティ用品、赤ちゃんが生まれてから必要になるベビー用の寝具やベビーバス、チャイルドシートなどの生活必需品など、様々な費用が必要になります。 出産時には費用がかさみますが、出産一時金などの手当てが支給されます。支給要件に当てはまるかを、しっ...

新婚生活♪家具や家電製品を選ぶ際に注意したいポイント

1人暮らしをしていた時と異なり、結婚生活を始める際に必要な家具や家電には選び方にポイントがあります。 独身時代には何でも小ぶりのものでOKですが、パートナーと暮らす場合には色々と考慮しなければ日常生活での必要を満たすことができません。 今回は、新婚生活で家具や家電製品を選ぶ際に気をつけたい点をご紹介します。 新居の家具や家電の出費は平均76万5000円 「ゼクシィ新生活準備調査2015」によると、新婚の新居にかかった費用は全国平均76万5000円ということがわかりました。項目別にみると、インテリアと家具は43万2000円、家電は36万7000円という結果でした。 ...

ケンカを招く夫のお小遣い額。少なくても不満に思わせない方法と...

結婚生活スタートにあたり、決めておきたいのはお金の管理の問題。なかでも、夫が自由に使える金額というものは早めに決定しておきたいものです。 妻が家計を預かるのか、夫が家計を預かるのか最近では共働きという家庭も増えてきていますから、お財布が別々という夫婦もいるでしょう。 このようにお金の管理方法は夫婦により異なりますが、収入と支出がどうなっているのかはどの家庭でもしっかりと押さえておきたいポイントです。 収入と支出を把握できるお金の管理術のひとつとしてあげられるのが、夫をお小遣い制にするという方法。そこで、今回は、「お小遣い制」を導入する場合に覚えておきたい事柄について詳...

新婚さんに教えたい、物件選びのポイント!夫婦生活のスタートに...

独身時代は物件を選ぶときに「とりあえず立地と家賃」程度しか考慮しなかった、という人も、新婚生活を始める前に注意してチェックしてほしいポイントがたくさんあります。 自分だけで住むのではなく、パートナーや家族と暮らすことを考えて最良の物件を選びたいもの。 実際に暮らしてみるとわかるあれこれを事前に知り、失敗がないようにしましょう。 いつまで住むの?将来のことも考慮して 夫婦2人のつもりで物件を選んだ場合、家族が増えると手狭になることが多いので、長く同じところに住みたい場合には間取りなども考慮しなければなりません。 そのため、いつまで住むのか考慮しておく必要がありま...

結婚式のための貯金額の目安は?他に必要な費用も忘れずに

カップルは結婚を控えた時に様々な心配を抱えるものですが、その中でも一番の心配のタネは「金銭面」です。 結婚を意識し始めた頃から二人で協力してお金を貯めるカップルも多くいますが、カップルとは言えお金のことはデリケートな問題なので婚約するまで相手の貯金額を知らないことも。共に貯金を始めるためにも、まずは結婚自体にどのくらいお金がかかるのか、そしてどれくらい貯金すればいいのかを見ていくようにしましょう。 結婚式にかかる費用は 結婚式にかかる費用はずばり、平均で300万円~400万円と言われています。結婚式のスタイルはカップルによって千差万別ですので、「結婚式と言えば?」と言われ...

結婚式の披露宴でのゲストをがっかりさせない節約ポイント4選

結婚式は多くの人にとって、人生で初めての高額な出費となるイベントです。この高額な出費に困惑したり頭を悩ませたりしないカップルはいません。結婚式の他に新生活にかかる費用や新婚旅行の費用も加味するとできるだけ金額を抑えたいのが正直なところではないでしょうか。 とは言え「ケチってるな…」と思われるような式や後悔の残る式にはしたくないもの。今回はそんな悩める新郎新婦に見てほしい、披露宴での節約ポイントを4つご紹介します。どれも式の印象を左右しないポイントですのでイメージを壊さずにうまく節約できるはずです。 ケチったなと思われるポイント 結婚式の費用をできるだけ節約するために様々な...

Instagram

1,581 フォロワー
フォロー