ホーム 2017 6月

マンスリーアーカイブ 6月 2017

ミニのウェディングドレスを嫌みなく着る方法はある!?

結婚式でどんなドレスを着ようか、と考えるのも新婦の楽しみの一つです。 悩んでしまうほど、様々なデザインがあるウェディングドレス。 例をあげるとすれば、スカートがふんわりとしていてフェミニンンな印象を与えるAライン、スリムな身体の線を魅力的に見せるスレンダーラインがあります。 そして、スカートのすそがまるでマーメイドのフィッシュテイルのようにふわっとしているマーメイドライン、少し高めのウェストラインからボリュームのあるスカートがスタイルを良く見せるプリンセスラインなどがあります。 ドレスの形のほかにも、胸元や背中のデザイン、そして素材なども考慮して自分にぴったり似...

こんな所でもアリ!空中で・乗り物の中で…珍しい場所での結婚式...

結婚すると決まったら、まず準備するのは式場選びです。 一般的な結婚式場は、教会式・人前式・仏前式・神前式の4つ。しかし、式場自体は許可さえ取ることができれば、どこでもできるというのはご存じでしょうか。 結婚式は一生の思い出になるイベントですから、特別な結婚式にしたい!と考える方は多いことでしょう。少々手間はかかりますが、思い入れとアイデアをたっぷり詰めたオリジナル結婚式もできますよ! 「え、こんなところで結婚式が?!」とゲストが驚くような式場にしてみるのはいかがでしょうか。 今回はそんなオリジナリティあふれる結婚式会場をご紹介します。   広い青空...

花嫁修業!夫が喜ぶ新婚料理と評価アップのポイント

結婚する前は幸せのあまり、結婚した後の実生活の問題にまで頭が回らなかったかもしれません。 例えば、毎回の食事作りが、その良い例でしょう。 甘い新婚生活がスタートしたと思ったら、毎回の食事作りに追われている、なんてことになっている人もいらっしゃるのではないでしょうか? 朝食には何を作ろう?夕食の献立はどんなものにしようか?などなど、考えればキリがない食事作り。 覚悟していたとはいえ、慣れない食事の用意に翻弄される新妻もいらっしゃるでしょう。 毎食の献立も頭を悩ませる問題ですが、予算が決まっているのもなかなか難しい問題です。 パートナーと付き合っていた頃...

今更聞けない 今こそ知ろう、料理の基本さしすせそ

料理の基本「さしすせそ」とは、煮物などを作るときに入れる調味料の順番のことです。 「さ」は砂糖、「し」は塩、「す」はお酢、「せ」はせうゆで醤油、「そ」は味噌のことを指します。 小さいころからなんとなく耳にしたり、母親から言われたりすることも多いですよね。 料理は調味料を入れるタイミングで味が決まるので、和食、とくに煮物などを作るときには、この「さしすせそ」は根拠のある順番だと言われています。今回は、料理の基本である「さしすせそ」について詳しく紹介していきましょう。   調味料を浸透させ、味を作る順番   1.砂糖 最初に入れる...

トレンドの第二の結婚式“バウ・リニューアル”その魅力とは?

聞き慣れない言葉かもしれませんが、「バウ・リニューアル」という言葉をご存じでしょうか? 本来、このバウ・リニューアルは欧米の習慣とされてきましたが、近年では国内でもバウ・リニューアルを行う人が増加しているようです。 そもそも、バウ・リニューアルとは「誓いの更新」という意味があります。 結婚後、5年後、10年後、15年後といった節目の年に、再び結婚式を行って二人の愛を改めて誓い合う、というものです。 結婚式は一生で一回だけのものだからこそ素敵な思い出になる、とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。 しかし、ガチガチに緊張した結婚式、自分たちのための結婚式なのに...

結婚式の準備で喧嘩はしたくない!ふたりで協力できるコツを紹介...

結婚式の準備は、想像以上に大変なものです。 山のように決定しなければならないことが次から次にあり、楽しいはずの婚約期間が暗黒の期間に変わってしまう、という場合もあるでしょう。 例えば、招待客として誰を招待するのか、二人の衣装はどんなタイプのものにするのか、披露宴の食事はどんなタイプの食事にするのかなど、「これでもか!」というほど、考えなくてはならないことがたくさんあります。 当然のことですが、初婚同士の場合には、すべてが初めての経験になります。 先輩たちのアドバイスやネットで集めた情報で、頭でっかちになってしまったり、昔から憧れていた結婚式のスタイルにこだわって...

婚活するなら僧職系男子が狙い目!

草食系男子がもてはやされて久しくなりますが、それまでの間にも、ロールキャベツ男子やスイーツ男子など、様々なタイプの「○○系男子」が生まれてきました。 しかしここ最近、真面目な恋愛をしたいと思っている女性たちから熱いまなざしを向けられているのが、「僧職系男子」たちです。 「僧職系男子」とはいったい?と疑問に思われる人もいらっしゃるでしょう。 実は、この「僧職系男子」、精神的にも金銭的にも女性を安心させてくれる存在の男子なのです。 どうでしょう?とっても魅力的ですよね? 今回の記事の中では、ついつい「ありがたや~」と拝んでしまいそうになる、「僧職系男子」の実態...

二の足を踏む…結婚報告しにくい相手と上手な伝え方

結婚が決まったら、まずは誰に報告しようと思うでしょうか? 家族はもちろん、友人や知人など、大切な人たちに、今すぐ自分の幸せを分かち合いたいと思うのではないでしょうか。 あなたの大切な人たちは、きっと一緒になって喜んでくれるはずです。 中には、まるで自分のことのように喜んでくれる友人だっているでしょう。 しかし、相手の状況によっては、あなたからの結婚報告に複雑な思いを抱く人もいることを覚えておくべきでしょう。 そうは言っても、相手に遠慮をして結婚報告をしないと、今後のお互いの関係にひびが入ってしまうかもしれません。 結婚報告をしにくい相手に、いったいど...

結婚式のスタイルは何がいい?挙式スタイル4つ

挙式と聞くと、どんな式を思い浮かべられるでしょうか? ウェディングドレスを着て行う、ロマンチックな教会でのキリスト教式の式でしょうか? それとも、着物を着て行う厳かな雰囲気の神前式の式でしょうか? 海外では、それぞれの信仰に基づいて結婚式のスタイルを決めるものです。 しかし、大らかな日本では、自分たちが希望するスタイルの挙式を行うことができます。 今回は、キリスト教式と神前式、そして仏前式と人前式といった、基本の4つのスタイルの挙式についてご紹介いたします。 挙式スタイルそれぞれに特徴が異なりますから、これから結婚式を挙げる方であれば、ぜひ参考になさ...

現代女性にピンチ!“絶食系男子”の実態とは

かつて、男性のタイプにはふた通りの括りがありました。 ひとつは、恋愛に対し積極的な「肉食系男子」、もうひとつは、恋愛に対してオクテな「草食系男子」。 ところが、今や草食系男子の上をいく「絶食系男子」という言葉があるということをご存知ですか? なぜ彼らは「絶食」なのか。絶食系男子の生態を解剖しちゃいましょう!   そもそも、「絶食」とは? ひと昔前までは「送り狼」という言葉があったそうです。 男性の「送っていくよ」は危険! 「何もしないよ」を真に受けて送ってもらうと、ただでは済まないとか。 それがかつての男性の姿。まさに、「肉食系男子」ですね!...

Instagram

230 フォロワー
フォロー